チョコ&ナッツ;板チョコ(中) カカオ64%

チョコ&ナッツ(choco & nuts)は新橋駅近くにある小さなブティックで、ウクライナ出身のオーナーが一人で切り盛りしています。お店のほとんどは工房で売り場は一人お客さんが入ったら満杯。ソフトクリーム等も扱っていて一人分の席の用意ありますが、テイクアウトがほとんどだと思います。

板チョコ(中) カカオ64%を買いました。ロゴ入りの透明のフィルムに包まれ、緑のリボンが掛けられています。
チョコ&ナッツ;板チョコ(中) カカオ64%

中にはマヤ風レリーフの入ったモールドで作られたダークチョコレートが入っています。
チョコ&ナッツ;板チョコ(中) カカオ64%
口に入れるとバニラの甘い香りが真っ先に広がり、続いてかなり力強いローストの効いたナッツ感。ローストの強いコーヒーにも似た苦みを楽しめます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は400円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:バニラが香ります。
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:板チョコ(中) カカオ64%
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料)
内容量:33g
製造者:チョコ&ナッツ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

ショコラティエ パレ ド オール;レッセンス デュ カカオ グランクヴァ72%ビター

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)の歴史は、三枝俊介氏が2004年大阪西梅田にブティックをオープンしたことに始まります。ブランド名の由来は、故モーリス・ベルナシオン氏のスペシャリテ、「パレドオール(金の円盤)」によるものだそうです。

パレドオールでは世界中のカカオ農園から品質のよいカカオ豆を選び、カカオ本来の味わいや香り、個性にこだわって自社工房で選別、焙煎からチョコレートに仕上げるまでの全工程を手掛けています。

レッセンス デュ カカオ グランクヴァ72%ビター(L’essence du cacao)を買いました。パッケージは黒地に宝石のようなカットで様々な色に輝くカカオポッドが描かれ、金字でブランド名と商品名が書かれています。高級感あるデザインのスリーブ式紙箱です。
ショコラティエ パレ ド オール;レッセンス デュ カカオ グランクヴァ72%ビター

中には凝ったデザインのモールドで作られた美しいチョコレートバーと商品について書かれたカードが入っています。商品説明によると「ショコラティエ 三枝俊介が「これまでに出会った中で最高のカカオ」と称した、カリブ海の南端に位置するトリニダード・トバゴにあるSan Juan state,GRAN COUVA Trinidad(グランクヴァ農園)のカカオ豆を使用。凝縮されたドライフルーツやプラムのような香りがエレガント。黒糖のようなコクがあります。カカオの個性を最大限に生かす割合を細かく試行錯誤したうえで、カカオ分72%に仕上げました。」とのこと。
ショコラティエ パレ ド オール;レッセンス デュ カカオ グランクヴァ72%ビター
箱を空けた瞬間からチョコレートのよい香りが広がりました。チョコレートバーはパキッと乾いた音を立てて割れます。タブレットの美しい仕上がりにはいつも感心させられます。
カシューナッツのようなまろやかな口当たり。フローラルな香りとドライプルーンのような香りと柔らかな酸味、ミネラル感のある味の奥行きがユニークです。上品な香りが優雅な気分にさせてくれますし、カカオ72%にしては十分に甘くて満足感があります。パッケージの印象通り、光輝くようなおいしさを堪能しました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,380円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:カカオの煌めきに浸れます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:レッセンス デュ カカオ グランクヴァ72%ビター
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ、乳化剤(大豆由来)
内容量:50g
製造者:(株)(株)オヴァールリエゾン(パレドオール)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)の歴史は、三枝俊介氏が2004年大阪西梅田にブティックをオープンしたことに始まります。ブランド名の由来は、故モーリス・ベルナシオン氏のスペシャリテ、「パレドオール(金の円盤)」によるものだそうです。

キャレショコラを買いました。パッケージはスリーブ式の紙箱で、黄色と赤と緑に色分けされていて宝石のカットのような模様が描かれています。中央に白い帯があってそこにブランド名と商品名が書かれているというもの。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ

中には、3つの産地それぞれのビター72%とビターミルク51%のミニタブレット、六種類が入っています。商品説明によると「カカオ豆の焙煎から全工程をすべて手掛けた『Bean to Bar』の完全自家製のショコラです。シングルビーンズの産地ごとの味わいの違いと、ミルクが加わることで変化する味わいの違いをお楽しみください」とのこと。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ

72%の三種類を並べました。左から、キューバ、ベトナム、ハイチです。商品説明によると「カカオ豆の焙煎から全工程をすべて手掛けた『Bean to Bar』の完全自家製のショコラです。シングルビーンズの産地ごとの味わいの違いと、ミルクが加わることで変化する味わいの違いをお楽しみください」とのこと。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ

黄色がキューバで、左が51%、右が72%。商品説明によると「ウッディーな香りにレーズンの様な男性的でスパイスや葉巻を思わせる香味」だそうです。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ
72%は実に落ち着いた風味。酸味が控えめで、突出した風味がない一方で食べやすい味です。51%はミルクの焦がし香がよい効果をもたらしています。ミルクが入った効果が劇的で面白い。

赤がベトナムで、左が51%、右が72%。商品説明によると「フルーティーな香りと野趣あふれる味わい。ベリーを感じる酸味」だそうです。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ
三種の中で最も華やか。72%はフローラルな上にフルーティーな酸味、51%はミルクのまろやかさが加わって、なお食べやすくなっています。

緑がハイチで、左が51%、右が72%。商品説明によると「バニラを思わせる香りとほのかな苦味。乾燥した薬草のような後味」だそうです。
ショコラティエ パレ ド オール;キャレショコラ
三種の中で最もナッツ感があり、まろやかなのがハイチ。72%にはヨモギのような特徴的な渋みがありますが、51%にはミルクが加わることで、それがコクとなって上品にまとまっています。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:気軽にBean to Barが楽しめるセットです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:キャレショコラ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ、乳化剤(大豆由来)
内容量:5g×12枚入
製造者:(株)オヴァールリエゾン(パレドオール)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

ミニマル;ハイカカオ

ミニマル(Minimal)は最小限の材料で作っているところが一番の特徴。原材料は極めてシンプル。カカオ豆と砂糖だけ。まさに名前通りです。

ミニマル(Minimal)がラインアップを整理し一新したと聞いて、銀座店に行ってきました。ミニマルがブレンドを出したんですよ。そりゃあ興味をそそられますって。

ハイカカオ(HIGT CACAO)を買いました。「ハイパーセンテージのカカオ濃度で深煎りの香ばしい味わいのライン」です。パッケージのデザインは非常にシックです。ジップ付きの密封アルミパックなので開封後の管理が楽。アルミパックに巻かれた紙の包装部分にカードが差し込まれていて、そちらに従来のものと同じくカカオ豆の履歴、風味、焙煎、粒度の説明、そして新しく、ペアリング、つまりオススメの飲み合わせについての紹介があります。
ミニマル;ハイカカオ

中には様々なサイズで割ることができるチョコレートバーが入っています。明治ザ・チョコレートの出現ですっかり見慣れたものになりましたが、大変よく考えられたデザインです。透明のトレイで支えられていますので、多少割れていても美しく保たれています。商品紹介カードによると、材料はブレンドカカオとてんさい糖です。カカオ分80%、粗挽(148μm)、深煎(47分、110-145℃)、風味は「馴染み深いカカオの風味、ローストナッツのような香りとカカオの深い苦み」とのこと。ペアリングについては「チャイ」が紹介されていました。
ミニマル;ハイカカオ
ハイカカオですが、ガツンと来る苦みはあまり感じられません。酸味が穏やかなのが功を奏しているのでしょう、カカオ分のパーセンテージの割に食べやすい味に仕上がっています。ジャスミンに似たフローラルな香りが先行し、ココナッツを思わせる清涼感が現れ、その後にアーモンドの渋皮のような苦みが続きます。甘味はわずかで、質の良いブラックコーヒーを飲んでいるレベルです。余韻も実に味わい深い。ザクザクした食感のチョコレートなので、口に粒子が残りやすく軽やかなロースト感が長く続きます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:苦みは穏やかでした
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレート HIGH CACAO
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:50g
一箱あたりのカロリー:303kcal
製造者:(株)Bace
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について