ナユタ チョコラタジア;タブレット マンゴー

ナユタ チョコラタジア(NAYUTA CHOCOLATASIA)は、アジア発、アジアの人のためのチョコレートブランドとして、サロン・デュ・ショコラ東京2018で日本デビューしました。名前の「ナユタ」はサンスクリット語で「無限」、日本語では極めて大きい数の単位「那由他」に由来。アジアの無限の可能性を表現しているのだそうです。サロン・デュ・ショコラ・ジャポンを主催し、世界トップクラスのショコラを見つめ続けてきた三越伊勢丹がプロデュースする注目のBean to Bar to Bonbon ブランドです。

サロン・デュ・ショコラでタブレット マンゴー(Mango)を買いました。パッケージは白地に松葉模様をベースに、熱帯のカラフルな花々が描かれています。
ナユタ チョコラタジア;タブレット マンゴー
包み紙の裏にもペン画のイラストがありました。

中身は金色の紙に包まれて、ドライマンゴー入りのミルクチョコレートバーが入っています。商品説明によると「パッケージにもご注目!アジアのフルーツ&ナッツのタブレット。アジアンビューティなパッケージ。マンゴーやカシューナッツをトッピングしたタブレットも〈ナユタ〉のおすすめ。アジアの花々やアジアのテキスタイルを取り入れたデザイン」だそうです。
ナユタ チョコラタジア;タブレット マンゴー

モールドも大変凝ったものです。
ナユタ チョコラタジア;タブレット マンゴー
ハイカカオのミルクチョコレートで、すっきりとしたミルクの香りの中から、しっかりローストされたチョコレートの苦味がマンゴーの甘い香りを引き立たせます。ドライマンゴー自体もすこぶるおいしいもので、チョコレートと合わさってとても上品に仕上がっています。
モールドのデザインも可愛らしい上に、マンゴーとハイカカオの組み合わせが紅茶やコーヒーのどちらにもよく合って、来客時のちょっとしたお茶受けにも使えそう。お値段も手頃だし、もっとたくさん買っておけばよかったな。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,188円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:さすが伊勢丹
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット マンゴー
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオ豆、マンゴー、ココアバター、全粉乳、バニラパウダー、乳化剤(大豆由来)
内容量:1枚
原産国:マレーシア
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ

長野善光寺門前に店を構える七味唐辛子メーカー根元八幡屋礒五郎が手がける菓子ブランドが、コンゲン・スイーツ(Kongen Sweets)です。七味唐辛子の伝統的製法を活用してビーントゥバーのチョコレートを作っています。

クラフトチョコレートマーケットで、紫蘇&ベトナム産カカオを買いました。紫色の封筒型パッケージです。
根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ

密閉されたアルミパックの中に小ぶりなビターチョコレートが入っています。小さなブロックがありブランドロゴが入ったおしゃれなデザインのモールドです。商品説明によると「清々しい赤紫蘇の香りとベリー系フルーツのような酸味のあるベトナム産カカオで豊潤な味わい」だそうです。
根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ
ブロックが小さく、テイスティングにちょうどよいサイズに割れて便利です。パキッと乾いた音を立てて割れます。紫蘇のフローラルな赤い香りとベトナム産カカオの口腔内を刺激する強い酸味が実に特徴的。これだけ酸っぱいと、紫蘇を合わせたくなる気持ちもわかる。鮮明な味に潔さを感じます。口当たりに明らかなザラつきがあり、サクサクとした歯応え。フローラルな後味がおいしいチョコレートです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は648円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:後味がおいしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:紫蘇&ベトナム産カカオ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、ココアバター、紫蘇
内容量:1枚
販売元:(有)八幡屋礒五郎
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

【有料】世界で一番おいしいチョコレート

チョコレートのことをブログに書いてると人に言うと、よく聞かれます。

「どのチョコレートが一番おいしい?」

大抵、その時々で心のままに答えているけど、質問者にとっては手にしづらい商品だったりすることが多いようで、たまには「えっ?そんなに高いの?」なんて反応もあります。

年初から3月にかけての日本でチョコレートが最も売れるシーズンには、たくさん人が世界一美味しいチョコレートを求めて催事場に赴きます。テレビ、グルメ情報サイト、SNS、雑誌とあらゆる媒体に目を走らせ、珍しくて新しくて美味しくて、みんなが羨むような特別なチョコレートを探し求めます。私も熱病のようにチョコレート・フィーバーを患ったまま、ただでさえ忙しい年度末を駆け回ります。

そんな時、もしあなたが世界で一番おいしいチョコレートのクチコミを探していると知ったら、私はそんな無駄なことはやめたら?と忠告してしまうかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

キャラメル パリ;カラックロック ノワール

キャラメル パリ(Karamel PARIS)は、ノルマンディー地方カーン街出身。11歳から叔父の元でパン職人の修業をはじめ、その後パティスリー&ショコラトリーの勉強を開始。11年間パリの「ラデュレ」に在籍し2016年自身の店をパリ7区にオープン。キャラメルをすべての商品に使うというコンセプトで人気を博している。

サロン・デュ・ショコラでカラックロック ノワール(MENDIANTS KARAMEL NOIR #KARADDICT)を買いました。パッケージは紙製の帯がついた透明のプラスチック製ケースで、至って素朴なもの。
キャラメル パリ;カラックロック ノワール

中には平らで不定形のチョコレートが入っています。商品説明によると「カリカリの薄いキャラメルをノワールでコーティング。カリッ&パリッを楽しむキャラメル界のニューウェーヴ。不揃いなカタチにすることで食べるたびに新鮮な食感を得られ」るそうです。
キャラメル パリ;カラックロック ノワール
キャラメルとチョコレートという鉄板の組み合わせで、失敗することなんてありえないわけで、世の中には、この組み合わせのお菓子は多く出回っています。しかし、この食感は珍しい。大抵はトフィになったり、キャラメルソースになってチョコレートと組み合わされますが、これは、薄板に固めたキャラメルをビターチョコレートでコーティングしたもの。不揃いで大きさも様々ですが、前歯で割れるほどの噛みごたえなので、食べやすい。大きめなものを丸ごと口に運んでも大丈夫です。塩味の効いたキャラメルがチョコレートの苦味とよく合います。上品な甘さが心地よく、コーヒーとも紅茶とも食べ合わせがよい。どんなシーンにも幅広く使えるお菓子です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

パッケージ的に現地では安そうだなと思って調べたら、9ユーロでした。日本円換算で約1200円。うん、そんなもんですよね。

お値段は3,024円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆
その他:紅茶とセットにしてプレゼントしたい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カラックロック ノワール
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、チョコレート(カカオペースト、砂糖、ココアバター)、バター、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:150g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ