Love Choco

Home

Love Choco

サロン・デュ・ショコラ2017 トーキョーチョコレート 大石茂之氏 スペシャルトークショー

サロン・デュ・ショコラ2017のエムアイカード会員特別招待日に開催された、トーキョーチョコレートの大石茂之氏によるトークショー「Tokyo ショコラとSAKÉ JAPONAIS(日本酒) の出逢い ~ サロン・デュ・ショコラ パリ デギュスタシオンより ~」に参加しました。

トキョーチョコレートはメリーチョコレートのハイブランドです。2009年のサロン・デュ・ショコラパリで注目され、2014年のC.C.C.で金賞を取る等して世界に存在感を示しています。

トークショーは森はずき氏の進行です。まず、パリのサロン・デュ・ショコラの会場で大石茂之氏が日本酒とのマリアージュを説明している様子が紹介され、その後、SAKE美人の真野遥氏をゲストに招いての日本酒とチョコレートのマリアージュについてのトークが続きました。
サロン・デュ・ショコラ2017 トーキョーチョコレート 大石茂之氏 スペシャルトークショー

試食は、三種類の日本酒と四種類のボンボンショコラにチョコレートバーの欠片が一個です。日本酒は、出羽桜酒造(山形)の純米大吟醸一路、男山本店(宮城)の大吟醸蒼天伝、小山酒造(東京)の純米吟醸丸眞正宗です。チョコレートは、中央の折鶴があるのが宇治抹茶とみたらし、左と上はそれのセンターになっているガナッシュ二種類で、左がみたらしガナッシュ、上が抹茶ガナッシュです。右の水色のがみなも、下の白いのがぬちまーすとアーモンドのチョコレートです。
サロン・デュ・ショコラ2017 トーキョーチョコレート 大石茂之氏 スペシャルトークショー
お酒とチョコレートの解説を聞きながら、1)宇治抹茶とみたらしに一路、2)ぬちまーすとアーモンドのチョコレートに蒼天伝、3)みなもに丸眞正宗の組み合わせでマリアージュを楽しみました。

みたらしのガナッシュはお醤油の香り。大豆の旨みが印象的な味。抹茶のガナッシュは通常の三倍量の抹茶を使っているそうです。お茶の青い香りが鼻に抜けて、旨みが凝縮されています。私はあまり抹茶味のデザートを好まないのですが、これは好きです。この二つが合わさったのが、今回新製品となった宇治抹茶とみたらし。赤紫色の光沢がある折鶴が美しいチョコレートで、野点をイメージしているそうです。大き目の一粒をかじると、二つのガナッシュで想像したとおりの濃厚な味にコーティングのビターチョコレートが加わって、コーヒーが飲みたくなりました。

みなもは2011年に新作として登場し、美しくて目を惹いたので私もよく覚えています(ミナモ紹介記事)。ゆずの軽やかな苦味と清涼感のある酸味をチョコレートの苦味で支え、日本酒がふくらみを持たせます。

ぬちまーすとアーモンドのチョコレートは、ホワイトチョコレートにアーモンドの軽やかさと沖縄の塩ぬちまーすのミネラルな旨みが響き、とても食べやすい味です。

私は下戸なため、日本酒なんてほとんど飲んだことがありません。このトークショーでも舌を浸した程度の味見でした。それでも、一路はとても旨みがあって口当たりがよく、抹茶ガナッシュの旨みと合わさった時の印象がとてもよかったです。

こちらのトークショーはお酒の話に終始したので、途中で飲めないのに何で申し込んだと自分を責めたくなりました。マリアージュ的なトークショーは申し込んじゃ駄目ね。

このトークショーではお土産もついてきました。そちらはまた別に紹介したいと思います。

サロン・デュ・ショコラ2017 モリ ヨシダ スペシャルデモンストレーション

サロン・デュ・ショコラ2017のエムアイカード会員特別招待日に開催された、モリ ヨシダ(MORI YOSHIDA)の吉田守秀シェフによるデモンストレーション「ライムとカルダモンのテリーヌショコラ<Vertige>」に参加しました。

吉田守秀氏は地元静岡にナチュレ・ナチュールをオープン。2010年に渡仏、2013年にパリ7区にMORI YOSHIDAを開店しました。今回のトークショーではパリのお店でしか買えないテリーヌショコラ「ヴェルティージュ」を実演されました。
サロン・デュ・ショコラ2017 モリヨシダ トークショー
このテリーヌショコラに使っているチョコレートはヴァローナのアンドアです。試食で出てきたのをいただきました。ナッツやレーズン、タバコの葉の香りのある華やかな印象のビターチョコレートです。

チョコレートを乳化させていきます。この滑らかな輝きがモニタ越しでもたまりません。
サロン・デュ・ショコラ2017 モリヨシダ トークショー
有料セミナーですのでレシピの詳細は控えます。

試食として、ヴェルティージュとココ コジが出てきました。
サロン・デュ・ショコラ2017 モリヨシダ トークショー
ヴェルティージュは、なめらかな口溶けのテリーヌ。濃厚なチョコレートの風味をカルダモンとライムの清涼感で整えられて、パクパク食べてしまいそう。危険。昨年のサロン・デュ・ショコラでは販売されましたが、今年はないようです。パリまで買いに来てくださいと笑顔でおっしゃってました。遠いわあ。

そして、今回のサロン・デュ・ショコラの新作、朝食タブレットのココ コジの試食です。
サロン・デュ・ショコラ2017 モリヨシダ トークショー
クコの実のことをフランス語でゴジベリーといいます。ミルクチョコレートの表面にたっぷりのココナッツとクコの実。白いのは米をポップさせたようなものでした。濃厚で甘いミルクチョコレートにココナッツの清涼感が加わって軽やかな味わいになっています。後味にクコの実がベリーのような甘味をもたらします。こんな素敵なチョコレートで朝が迎えられたら最高です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バレンタイン静岡セレクション10粒
価格:2000円(税込、送料別) (2017/2/4時点)

オ・シャ・ブルー;ボンボンショコラ4個入り

オウ シャ ブルー(Au Chat Bleu)はパリに1912年創業した老舗ショコラティエです。創業当時にブルーペルシャの双子の猫がいたのが名前の由来とか。大量生産をせず、昔ながらの製法で丁寧に作られています。

銀座三越のGINZA Sweets Collectionでボンボンショコラ4個入りを買いました。今回、日本発上陸のブランドということで注目を浴びています。
オ・シャ・ブルー;ボンボンショコラ4個入り
私は去年通販で購入しました。オ・シャ・ブルーのダークチョコレートミルクチョコレートホワイトチョコレートの3個入りで2,849円でした。

中には青い丸がついたミニ・シャ・ブルーと青い斜線が入ったラ・クロッカントがそれぞれ2個ずつ入っています。
オ・シャ・ブルー;ボンボンショコラ4個入り

ミニ・シャ・ブルーはビターチョコレートでコーティングしたボンボンショコラで青く丸い膨らみが目印。商品説明によると「ザクザクとした食感のヌガティーヌの上にプラリネをのせてチョコレートでコーティングした」ものだそうです。
オ・シャ・ブルー;ボンボンショコラ4個入り
中は二層構造になっていて、上層がプラリネで下層がヌガティーヌです。コーティングのしっかりとした苦味の後にミルクたっぷりで滑らかなプラリネが溶け出し、さらに奥歯でザクザクとヌガティーヌを噛むとキャラメリゼした苦味と甘みとナッツの香ばしさが混ざります。コーティングのビターチョコレートがもたらす上質な苦味が全体をまとめる感じが好きです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:エッジの効いた苦味がおいしい

ラ・クロッカントはミルクチョコレートコーティングのボンボンショコラで斜めに青い斜線が二筋入っています。商品説明によると「サクサクのクレープ生地とナッツのプラリネをミルクチョコレートでコーティングした」ものだそうです。
オ・シャ・ブルー;ボンボンショコラ4個入り
断面をみてもクレープ生地らしき層が見当たらなかったので、商品説明のサクサクのクレープ生地って何だろうと思ったら、フィヤンティーヌのことでした。薄く焼いたクレープをフレーク状にしたものです。プラリネになじんで一見わかりませんが、食べるとサクサクとした食感があります。ナッツのやさしい苦味とミルクチョコレートがあわさって、まろやかな味が楽しめます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:サクサクとした食感が魅力

お値段は1,620円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:水色がインパクトあります
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:オ シャ ブルー ボンボンショコラ4個入り
種類別名称:準チョコレート
原材料名:<ミニシャブルー>砂糖、アーモンド、カカオマス、ココアバター、全粉乳、クルコースシロップ(小麦由来)、ヌガセック、無水乳脂肪、ソルビトール、レシチン(大豆由来)、バニラ香料、着色料(青1)<ラ・クロッカント>砂糖、カカオマス、ヘーゼツナッツ、アーモンド、ココアバター、全粉乳、小麦粉、グルコースシロップ(小麦由来)、濃縮バター、無水乳脂肪、脱脂粉乳、大豆麦芽、塩、ソルビトール、レシチン(大豆由来)、バニラ香料、着色料(青1)
内容量:ミニシャブルー2個、ラクロッカント2個
原産国:フランス
製造者:(株)サティー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<デメル>ソリッドチョコ 猫ラベル ミルク
価格:1944円(税込、送料別) (2017/1/29時点)

セバスチャン・ブイエ;B.B.B.

セバスチャン・ブイエ(Sébastien BOUILLET)はフランス、リヨンで父の店ブイエの後を継ぎ、ルレ・デセールに史上最年少で入会を認められました。2007年に日本第一号店として伊勢丹新宿店をオープンしたのを皮切りに池袋、梅田と次々展開しています。ショップデザイン最優秀賞を受賞するなどチョコレートもお店も遊び心あふれるテイストが人気です。

B.B.B.です。商品説明によると「南仏、サントロペ発祥のトロペジェンヌをショコラ味にアレンジ。ショコラブリオッシュに濃厚なショコラクリームとクルスティアンジャンドゥージャをサンド」したものだそうです。お値段は540円。
セバスチャン・ブイエ;B.B.B.
ついてきたプラスチックのスプーンがあまりにも小さくて、こんなので食べられるのかと不安になりました。プリオッシュを頭の方からコツコツ突いてみたけれど、到底刺せる気がしなくて。それで手で直接摘んでみようとブリオッシュを皿から持ち上げたら、底にもクリームが塗ってありました。なるほど、お皿に固定するためですね。持つのも駄目か。かくなる上はと覚悟して、スプーンを突き立ててみたところ、案外すんなりと底まで入って切れました。もたもたしている間にブリオッシュもクリスピーもクリームの水分を吸って、ほどよくしっとりしたらしい。とまあ、口に運ぶまで苦労したくらいに、クリームがたっぷり入っていて、その分、ブリオッシュもしっとりとした食べ心地。お酒もかなり入っているので、食後に体がポカポカと暖まりました。それにしても、見本写真と圧倒的にトッピングのカカオニブの量が違いますが、どうなんでしょうね、これ。たまたま外れだったと信じたいけど。

ショコラティエ パレ ド オール;ソフト パレ ド オール ブラン プリュス

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)は東京の丸の内や銀座、大阪などにブティックとカフェを構える三枝俊介氏のブランドです。三枝俊介氏は、サロン・デュ・ショコラなどで毎年大行列を作るベルナシオンの創業者モーリス・ベルナシオン氏(ベルナシオンの現経営者はその孫のフィリップ・ベルナシオン氏)の元で修行をされて、故モーリス・ベルナシオン氏のスペシャリテだった金箔で飾った円盤型のチョコレート、パレ・ド・オールをブランド名に掲げています。

サロン・デュ・ショコラでソフト パレ ド オール ブラン プリュスを買いました。商品説明によると「白いのにカカオの風味!がする不思議なソフトクリームです。コーンの中にはサロン・デュ・ショコラ限定の味わいが隠れてい」るそうです。お値段は551円です。
ショコラティエ パレ ド オール;ソフト パレ ド オール ブラン プリュス
ショコラティエ パレ ド オールといえば、ショコラネスパ!?という、透明でありながらチョコレートの香りがする不思議なドリンクを思い出しますが、このソフトクリームも同じで、ほんのり色味がある程度のベージュ色をしていて、食べるとチョコレートの風味がします。カカオの風味と見た目のギャップを楽しみながら滑らかな口溶けを楽しんでいると、コーンにたどり着いたあたりでザクザクした粗い食感とナッツの風味が混ざります。これは、サロン・デュ・ショコラ限定でプラリネが混ぜ込んであるそう。面白いですね。途中から急激に溶けてきてクリームがコーンから滴り落ち始めたので、慌しく口に運んでしまって味わうどころじゃなくなったのが残念でした。

Home

RSS 最近の記事
チョコレートが好きだから
カカオ農場で働く子供たちの幸せのために、フェアトレード(公平貿易)の活動を応援します。 Fairtrade Label Japan
楽天お勧めチョコレート商品

Return to page top