カカオサンパカ;ラ・ホヤ70%

スペインのバルセロナに本店をもつカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)は、カカオを初めてヨーロッパにもたらしたスペインの王室御用達のショコラトリーです。かつて世界最高のカカオを栽培していたという、アフリカの赤道ギニアにある古いカカオ農園「サンパカ」の名を冠しています。
カカオサンパカは、1935年創業のスペイン最大のカカオ豆の輸入・チョコレート原材料の製造会社「Nederland(ネダーランド)」グループの子会社であるため、カカオ豆の選別から高品質なチョコレート原材料の製造にいたるまで全工程を管理することができ、アトリエのショコラティエにより300種以上の製品を作り上げる事ができます。

丸の内ブリックスクエア内にあるブティックで、ラジョス ラ・ホヤ70%(La Joya cacao 70%)を買いました。封筒型のシャンパンゴールドの外装はとても美しく、特別な贈り物にぴったりです。
カカオサンパカ;ラ・ホヤ70%
ラジョラス(RAJOLES)は、1枚約50gの薄い板チョコレートです。保存料を一切使わず、良質の天然素材とナチュラルアロマの天然由来ならではの繊細な味と香りが楽しめます。バルセロナより冷蔵空輸されています。

内装はアルミのパッケージで密封され、保存管理がしやすいものになっています。中には薄い板チョコレートが一枚入っています。商品説明によると「”宝石”という名の希少なメキシコ・タバスコ産クリオロ種のカカオ分70%ダーク板チョコレート」だそうです。
カカオサンパカ;ラ・ホヤ70%
密閉された袋を開けると、花束を受け取ったかのように華やかな香りがしました。原料がホワイトカカオであるため、カカオ70%のハイカカオなのに、まるでミルクチョコレートのような明るい色をしています。舌に乗せるとみずみずしいフルーツを口にしたかのように、サラッと溶けて甘く優美な香りが広がります。見た目通りの明るい口当たりは、それだけで希少な体験となるでしょう。圧倒されるほどのフローラルな香りと杏のような優しい酸味、まろやかな口当たりとどこまでも続く余韻。圧倒されます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,286円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:とても明るいチョコレートです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ラ・ホヤ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオペースト、砂糖、ココアバター、乳化剤(大豆由来)
内容量:50g
原産国:スペイン
輸入者:(株)山崎
販売者:CSJ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について
カカオサンパカ;王のカカオ ショコヌスコ 70%

カカオサンパカ;王のカカオ ショコヌスコ 70%

スペインのバルセロナに本店をもつカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)は、カカオを初めてヨーロッパにもたらしたスペインの王室御用達のショコラトリーです。かつて世界最高のカカオを栽培していたという、アフリカの赤道ギニアにある古いカカオ農園「サンパカ」の名を冠しています。
カカオサンパカは、1935年創業のスペイン最大のカカオ豆の輸入・チョコレート原材料の製造会社「Nederland(ネダーランド)」グループの子会社であるため、カカオ豆の選別から高品質なチョコレート原材料の製造にいたるまで全工程を管理することができ、アトリエのショコラティエにより300種以上の製品を作り上げる事ができます。

丸の内ブリックスクエア内にあるブティックで、ラジョス ショコヌスコ70%(Xoconusco cacao 70%)を買いました。封筒型のシャンパンゴールドの外装はとても美しく、特別な贈り物にぴったりです。
カカオサンパカ;王のカカオ ショコヌスコ 70%
ラジョラス(RAJOLES)は、1枚約50gの薄い板チョコレートです。保存料を一切使わず、良質の天然素材とナチュラルアロマの天然由来ならではの繊細な味と香りが楽しめます。バルセロナより冷蔵空輸されています。

内装はアルミのパッケージで密封され、保存管理がしやすいものになっています。中には薄い板チョコレートが一枚入っています。商品説明によると「王のカカオと呼ばれた希少なメキシコ・チアパス産のクリオロ種を使用したダーク板チョコレートです。かつてアステカ王が愛し、やがてスペイン王室に”レアル”の称号を与えられ、300年にわたって門外不出にされていた王家のカカオ」だそうです。
カカオサンパカ;王のカカオ ショコヌスコ 70%
袋を開けた時、抜群によい香りがしました。食べる前からわかる美味しい香りです。薄い一欠片を口に運ぶと舌の体温でさらりと優しく溶けていき、口の中に上質なチョコレートだけが持つフローラルな香りが満たされます。ハチミツのような甘さ、プラムのような芳醇な香りと酸味、ナッツのようなまろやかさ。優雅な雰囲気を保ち全方向に官能を刺激するバランスの取れたおいしさは、まさに王様に献上されるべく希少なカカオの味。目を閉じてこの香り全て感じ取りましょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,268円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:美しい味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:王のカカオ ショコヌスコ 70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、乳化剤(大豆由来)
内容量:50g
原産国:スペイン
輸入者:(株)山崎
販売者:CSJ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

ドゥバイヨル;ボンボンショコラとオランジェット他

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

ドゥバイヨル丸の内オアゾ店でボンボンショコラとシトロネットを買いました。ドゥバイヨル専用の美しいバロタンに入れてもらえました。

ドゥバイヨル;バロタン

開いても美しい。写真を取りそこねましたが、個々の商品の説明が書かれたリーフレットも付いてきます。


ドゥバイヨル;バロタン

ご覧のとおり、一つ一つグラシンカップに入れてある上に、上下段の間にはペーパークッションを敷いて十分に保護されています。バロタンにこんなに丁寧にチョコレートを入れてくれるのは日本だけかもしれません。

ドゥバイヨル;ガナッシュとチョコレート菓子

さらに、量り売りのパンプルムースが個別包装してあります。他のチョコレートを粉砂糖で汚してしまわないようにする配慮です。こういった細やかな品質管理がブランドを支えているのだと思います (どこまでも本場風な別のパティスリーでひどい目にあったばかりなので余計に感激)。
新年から癒やされました。こういった素敵なブランドこそ長く長く続いてほしいので、今年もせっせと通いますよ。

マルト(MARTHE)です。商品説明によると「クリームをたっぷり使用したバニラガナッシュ入りビターチョコレート」です。

ドゥバイヨル;マルト

濃い。真黒に見える程に深く入ったロースト、まろやかな生クリームと華やかなバニラの広がりが見事です。甘すぎず心地よい苦味でココア感を楽しめます。ここ数年の Bean to Bar の潮流に揉まれて浅煎りのチョコレートを多く食べた口には、とてもオーソドックスに思える味だと思います。でも、このひと粒には、私がチョコレートをおいしいと感じる時の要素が詰まっています。最初に食べた時からずっと好き。口溶けもとても柔らかく、余韻はいつまでも優美です。
お値段は302円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:このひと粒には元気の素が詰まってる気がする

スノウドン(SNOWDON)です。商品説明によると「アイリッシュコーヒーのガナッシュをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル;スノウドン

清涼感のあるミルクチョコレートを口に含むと、中から甘さと苦味がウイスキーの香りと共に弾けます。溶け心地は実に滑らか。魅惑の味です。この鼻をくすぐる香りには誰だって魅了されるでしょ。コーヒー大好きな私にはまさに好みの味でした。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:洋酒がしっかり効いています

オランジェット(ORANGETTE)です。商品説明によると「オレンジピールをビターチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; オランジェット

冬になるとやけにオランジェットが食べたくなりません?
しっかりと苦味の感じられるビターチョコレートでオレンジピールをコーティングしてあります。オレンジピールはしっとりとして柔らかく、口の中でチョコレートとうまく調和します。余韻にオレンジピールの清涼感がいつまでも続きます。なんで一本しか買ってないのか自分を攻めたくなりました。
お値段は108円(量り売り)。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:明日にでも買いに行きます

シトロネット(CITRONETTE)です。商品説明によると「レモンピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。


ドゥバイヨル; シトロネット

一口食べてお口がキュっ引き締まりました。心まで溶けるようなまろやかで暖かみのあるミルクチョコレートの香り、それだけでも十分に魅了されるのに、さらにレモンの清涼感が広がります。まるで夢見心地。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:満足感の高さがすごい

パンプルムース(PAMPLEMOUSSE)です。商品説明によると「グレープフルーツピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; パンプルムース

なんて優しい味。上の二つと比べればピール感は控えめです。グレープフルーツのピールの苦味が控えめなせいで、パウダーシュガーの甘さとミルクチョコレートが組み合わさって、まるでキャラメルに包まれているかのように味に奥行きをもたらしています。一噛みごとに、グレープフルーツピールの香りと清涼感がチョコレートと絶妙に調和していくのが感じられます。これ楽しいな。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:鼻に抜ける香りもよい

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ


ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

新年の一般参賀の後、ドゥバイヨル丸の内オアゾ店に行きました。丸の内オアゾ店はカフェが併設されていて、こちらだけで頂ける特別なデザートメニューが用意されています。

ショーケースに並んだ数々のケーキに心を乱しながら、パルフェ ショコラ(PARFAIT CHOCOLAT)を頂きました。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

パフェだからといって無理してアイテムを重ねてみたりすることはしていません。オーソドックスなアイテムを組み合わせてなおこれほどまでに華やかです。どこから撮っても、やっすいスマホのカメラでも美しいから凄い。

商品説明によると「グラス ショコラとソルベ ショコラ ノワールに、ココア クランブル、生クリーム、キャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピングしたショコラづくしのパフェ」だそうです。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

ベルギー直輸入のグラスショコラとソルベショコラノワールをダブルで楽しめる上、底にはたっぷりのココアクランブルが入っています。

大好きなドゥバイヨルでしかも大好きなチョコレートだらけのパフェです。おいしくないわけがない。満足しないわけがない。
生クリームの優しさに触れながら二種類のソルベの食べ比べをして、カリカリのヘーゼルナッツの歯ごたえを楽しみつつ冷えた舌を休め、底の方にスプーンを伸ばして溶けたアイスと生クリームを吸ったクランブルをすくい取りましょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,512円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:新年早々幸せになりました