ショコ オ キャレ;シトロネット

ショコ オ キャレ(choco au carré)は、2017年2月、パリ14区に自身のお店を開店。斬新な色彩のキューブ型ショコラで有名になりました。

ブランドロゴはCHOCO2と書かれています。これでショコ オ キャレと読ませるようです(キャレは正方形の意味)。キューブ型のチョコレートが評判なので立体かと思ったら、意外にも平面でした。キョンキョン世代なら、ショコショコと読んでしまうかもしれませんね(ChoCO2:二酸化炭素排出量に関するデータ集でもありません)。

銀座三越のギンザ・スイーツ・コレクションでシトロネットを買いました。
ショコ オ キャレ;シトロネット

中には、レモンピールのチョコレート掛けが入っています。掌に置いてみると、中指まるまる一本分の大きさがありました。
ショコ オ キャレ;シトロネット
パッケージから出すと無骨に見える外観。多少たじろぎながら口に運ぶと、想像したとおりのしっかりとした歯応え。レモンピールの爽やかな苦味、そしてビターチョコレートの上質ですっきりとした苦味と控えめな甘味が続きます。大きいぶんだけ噛み応えがあるので、口の中の幸せ度合いは高い。チョコレートの溶け心地には、ややザラつきが感じられます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は3,456円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆
その他:頬張る幸せ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:チョコレート菓子
砂糖漬けレモン(レモン、ぶどう糖、砂糖)、チョコレート(カカオマス、砂糖)、アーモンド、粉末ココア、ホワイトチョコレート(砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、無水乳脂肪)、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(黄4)
内容量:110g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

スクレドゥカカオ;オランジェット

スクレドゥカカオ(Secret de cacao)という名前は、カカオの秘密という意味。シェフのシルヴィー・フォーシェ(Sylvie Faucher)氏は、2002年から2012年までベルナシオンでパレドールを担当。2012年に独立し地元にお店をオープンしました。ひらめきや感性豊かなアイデアだけでなく、確かな味と技術で日本のファンも増やしています。

オランジェット(Ballotins d’écorces d’orange)のパッケージは、オレンジ色のスリーブ箱。

中には、ダークチョコレートでコーティングされた大きなオレンジピールが5本入っています。

こんな大きなオランジェットは、他で見たことがありません。圧倒的な存在感には、ただ、ひれ伏したくなります。チョコレートはパキっと固く、オレンジピールはしっとりと、私にとって理想的な組み合わせ。この食べ応えは最高です。オレンジピールの甘さ、そして、舌に痺れる苦味がおいしい。なんて満足度の高いオレンジピールなのでしょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2700円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:圧倒的な存在感
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:オランジェット
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:オレンジコンフィ(オレンジ果皮、ぶどう糖、砂糖)、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:70g
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ピエール・エルメ・パリ】オランジェット
価格:2268円(税込、送料別) (2018/2/14時点)

 

フランク・ケストナー;タブレット バナーヌ

フランク・ケストナー(Franck KESTENER)は、2004年に27歳でM.O.F.を取得。家族とともに、地元のサルグミン村に広大なアトリエ兼ショップを構え、パリとドイツにも店舗を展開。深い思索や、哲学的なアプローチからショコラ作りを行うことでも知られています。

タブレット バナーヌです。クリアな箱に黒の巻紙がついたパッケージ。ラベルには、中毒という意味のイブレス(IVRESSE)と書かれています。こちらがフランスでの商品名なのでしょう。

中には、黄色の正方形のタブレット。バナナの食べ時を示すと言われるシュガースポットのような茶色の点が入っています。ブロックひとつひとつにも細やかに放射状の模様が入っていて、とても美しいタブレットです。商品説明によると「目を閉じて味わってみて。このショコラが貴方を遠くまで連れて行ってくれるから。グアテマラとマダガスカル産カカオの絶妙な組み合わせ。力強く、上品で、表情豊か。繊細なバナナのジュレと合わさり、その芳香は貴方を陶酔させるでしょう。この格別なショコラのアロマに、貴方はすっかりのぼせ上がるはず」だそうです。

上層はバナナのジュレで、下層はガナッシュの二層構造です。口当たりは柔らかく、滑らかな溶け心地。メインはガナッシュなので、大きなボンボンショコラのようなもの。バナナと上質なカカオの香りが混ざりあって、とても贅沢な気分にさせてくれます。
タブレットではありますが、柔らかくて割るのは困難。ナイフで切るのが正解のようです。開けてすぐは美しいのですが、割るとブロックが砕けて途端に汚くなってしまうのが実に残念です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:美しい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット バナーヌ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター)、フルーツピューレ(バナナ、洋梨、砂糖)、砂糖、生クリーム、ぶどう糖、ラム酒、ナツメグ、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン:りんご由来)、酸味料、着色料(黄4)
内容量:85g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

フランク・ケストナー;タブレット ミルティーユ

フランク・ケストナー(Franck KESTENER)は、2003年に27歳でMOFを取得。地元サルグミンにアトリエ&ショップを構え、パリとドイツを含めて3店舗を展開。深い思索や、哲学的なアプローチからショコラ作りを行うことでも知られています。

サロン・デュ・ショコラでタブレット ミルティーユを買いました。パッケージは、緑の麻の葉文様で、中央に透明な覗き窓のついたスリーブ型。覗き窓から青いタブレットがよく見えます。
フランク・ケストナー;タブレット ミルティーユ

箱の中には、青いグラデーションのある正方形のタブレットが入っています。ブロックには放射状の模様が刻まれ、白のスパッタリングも加えられた、大変凝った装飾です。商品説明によると「〈ベリーブルーなブルーベリー〉青色が濃く小ぶりのブルーベリーをジュレしたものとカカオガナッシュを2層にしたタブレットです。コーティングはノワールの66%と見た目も美しいタブレット」だそうです。
フランク・ケストナー;タブレット ミルティーユ
バナーヌと同じく、本質的にはボンボンショコラを成形したような構造なので、タブレットと同じ感覚で手で割ろうとすると、表面が砕け中身が垂れ、大変汚くなってしまいます。これは、ナイフで切り分けるのが良さそう。
中は二層構造になっていて、上層がブルーベリーのジュレ、下層がビターチョコレートのガナッシュです。ビターチョコレートのクリアな苦味とブルーベリーの甘酸っぱさがマッチして、食べやすい味。口いっぱいにボンボンショコラを頬張ることは珍しいので、これはこれで贅沢な気分にさせてくれます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:アイディアの勝利
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット ミルティーユ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:チョコレート(砂糖、カカオペースト、ココアバター)、生クリーム、砂糖、ブルーベリーピューレ(ブルーベリー、砂糖)、ぶどう糖、バター、転化糖、セリグラフ(砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、バニラビーンズ)、ソルビトール、ゲル化剤(ペクチン:りんご由来)、酸味料、乳化剤(大豆由来)、着色料(酸化チタン、青1)、香料
内容量:85g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Vacances de chocolat (3個入) 《オリジナル ショコラ》
価格:2100円(税込、送料別) (2018/2/7時点)