メーカー」カテゴリーアーカイブ

オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り その1

オーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)は東京、世田谷区尾山台にある老舗パティスリー。日本におけるフランス伝統菓子の第一人者、河田勝彦氏のお店です。

オーボンヴュータン本店

こちらブティックと言うには立派すぎてマガザンとしか言いようがありせん。そんなお店に入って左手がチョコレート類を扱うコーナーです。
二段のショーケースにずらりと並んだチョコレート。ロシェ、メディテラネ、オランジェット類、そしてボンボンショコラ。

オーボンヴュータン本店
オーボンヴュータン本店

この日はボンボンショコラだけでも上段に7種、下段に21種が並んでいました。

オーボンヴュータン本店
オーボンヴュータン本店

チョコレート専門店の看板を掲げているところでも、なかなかこの量を朝一番に揃えられる店は多くありません。しかも都内じゃありえない程に気軽に手を伸ばせるお値段です。オーボンヴュータンのチョコレートは過去何度も食べているので、美味しいのは間違いなく、ここは天国かとまたもや店員さんに握手を求めたくなりました。

ショコラ詰合せ 29個入りを買いました。紙製の化粧箱は焦げ茶色で金字でブランド名が入ったものです。細めの金のリボンで飾られています。

オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り
オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り

中にはずらりと25種類、29個のボンボンショコラが詰まっています。色も形も様々で見ているだけで楽しくなってきます。

オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り
オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り

この日のショーケースに並んでいた28種類の内、この詰合せに含まれていないのはアブリコ アニス、マヤ、ノワの3種類でした。これは次回のお楽しみですね。

25種類のボンボンショコラはとても一度には紹介しきれないので、5種類ずつ5回に分けて紹介します。今回はパレ オー テ、シトロン、ベルガモット、フランボワーズ、マントです。

オーボンヴュータン;ショコラ詰合せ 29個入り

パレオーテ(Palais au Thè)はミルクチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、商品名がプリントされています。商品説明によると「紅茶のガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;パレオーテ
オーボンヴュータン;パレオーテ

センターは紅茶が香るビターチョコレートのガナッシュで、ミルクチョコレートをトランペした後にミルクチョコレートのメダルを貼り付けるという手の込んだもの。ミルクの組み合わせが穏やかな時間をもたらしてくれます。口溶けがよく、余韻も長く続きます。ボンボンショコラの詰合せに必ずといってよい程入っている定番商品です。
使われているのはアールグレイだと思っていたけれど違いました。ベルガモットと食べ比べたら明らかに余韻が異なりました。思い込みって怖い。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:定番は人気の証

シトロン(Citron)はビターチョコレートでコーティングされたグラニュー糖のトッピングがあるボンボンショコラです。商品説明によると「レモンのガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;シトロン
オーボンヴュータン;シトロン

センターはレモンの香りが詰まったビターチョコレートのガナッシュです。レモンの爽やかな香りがチョコレートの穏やかな苦味と共に広がります。酸味も甘みも控えめなのが余計に華やかなレモンを印象づけています。口溶けがよく、余韻も長く続きます。本詰合せには、こちらがニ個入っています。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:今時分、鼻歌が出るのはしょうがない

ベルガモット(Bergamot)はミルクチョコレートでコーティングされたやや細身のボンボンショコラです。商品説明によると「ベルガモットのガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;ベルガモット
オーボンヴュータン;ベルガモット

センターはベルガモットの香りが詰まったビターチョコレートのガナッシュです。柚子にも似た独特の香りに清々しい酸味。旨味を伴うミルクと混ざり合って、深い味わいをもたらしています。口溶けがなめらかです。余韻は長く、それだけでアールグレイを飲んだ気分にさせてくれます。思いがけずパレオーテと食べ比べる機会に恵まれて誤りに気が付きました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ホットミルクと合わせて食べてみたい

フランボワーズ(Framboise)はビターチョコレートでコーティングされたやや細身のボンボンショコラです。商品説明によると「フランボワーズのガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;フランボワーズ
オーボンヴュータン;フランボワーズ

センターはフランボワーズの香りが詰まったビターチョコレートのガナッシュです。フローラルな香りと柔らかい酸味が力強いビターチョコレートとよく合います。なめらかな口溶けで余韻も長く続きます。それにしても、フランボワーズとビターチョコレートの組み合わせってどうしてこうも美味しいんでしょう。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:赤く深みのある香りが広がります

マント(Menthe)はビターチョコレートでコーティングされた平べったい形のボンボンショコラです。表面に細かなメッシュ模様を付けています。商品説明によると「ミント風味のホワイトチョコレート」とのこと。

オーボンヴュータン;マント
オーボンヴュータン;マント

センターはミントの香りのホワイトチョコレートガナッシュ。ミントの清涼感をミルクのまろやかな香りが包み込み、旨味を加えています。ビターチョコレートの穏やかな苦味が味に奥行きをもたらして味を整えています。なんて優しげなミント使いなんでしょう。口溶けがよく余韻がとても長い。舌にいつまでもミントの清涼感が残ります。個人的にミントは好んで選ばない系統なのですが、たまにこうして食べる機会があると美味しく頂いています。ミントにも様々な香りの種類があるはずなのに、どんなミントチョコレートを食べても美味しく感じられるってのは、外しようがないほど定番な組み合わせなんでしょうか。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:透明感のある香りに美しささえ感じる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は7,463円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:楽しい以外の言葉が出ません
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコラ詰合せ
製造者:(有)かわた菓子研究所 オーボンヴュータン
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


トゥット・ベーネ;フィガロ

トゥット・ベーネ(tutto bene)は、薔薇のチョコレートが人気の銀座にブティックを構えるメサージュ・ド・ローズ(Message de Rose)が展開するブタさんがモチーフのブランドです。

イタリアではブタのことをポルタフォルトゥーナ(Porta Fortuna:幸せを運ぶ)と呼ぶそうです。「すべてうまくいくよ!」という意味のトゥット・ベーネは、ブタのジュエリットのキャラクターをベースに、フランス・ヴェイス社(WEISS)やオペラ社(Opera)の厳選された材料で作ったチョコレートで幸せを運びます。

フィガロ(Figaro)は黒にピンクの帯がアクセントのスタイリッシュな箱です。写真ではわかり難いにですが、ブタのイラストが描かれています。

箱の質感がとても良くて、手帳の表紙のような高級感があります。

お肉屋さんや焼肉店で見かけるようなブタの部位のイラストつきです。4種類のチョコレートでパーツができているのがわかります。

中身はこのとおり。意外に脂肪の少ないブタさんですよ。プレゼントされたら、ちょっと笑いますよね。

では4種類のチョコレートをいただきます。

コンチェルト(オペラ社製、ホワイトチョコ)は「ミルクの香り豊かでなめらか、ホワイトが際立つ高品質なクーベルチュール」です。
すっきりとした香りのホワイトチョコレートです。新鮮なミルクの香りが甘く広がります。口溶けもやさしくて、なめらかです。

ミルク(ヴェイス社製、カカオ37%ミルクチョコレート)は「マダガスカル産とエクアドル産カカオ豆の香り高いカカオに、牛乳と生クリームをブレンド」です。
ローストの深いカカオを使っています。さらに、ミルクの焦がし香が全体の香りに深みを与えています。口溶けがなめらかで、喉にたまるような甘さがありますが、ローストの苦味がさっぱりさせています。

ノワドノワ(ヴェイス社製、カカオ55%スウィートチョコレート)は「ヴェネズエラ産とエクアドル産のカカオ豆をブレンド。甘さをおさえ、カカオ豆の香りが豊か」です。
食べ始めにハチミツのような甘い香りが鼻をかすめます。ナッツ香が特徴的なチョコレートで、ロースト感も高く感じます。甘すぎなくて、くどくなく、食べやすい味です。

エベンヌ(ヴェイス社製、カカオ72%エクストラビターチョコレート)はコートジボワール産とトリニダッド島産のカカオ豆をブレンド、酸味が少なくカカオの香りが漂う力強い苦み」です。
酸味が控えめで落ち着いた苦味があります。余韻に温かみのあるフローラルな香りがします。やや粉っぽい口溶けです。率直な感想としては、味に色気がないなあと。

お値段は1,890円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:幸せになったよ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:フィガロ TB3
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、バターオイル、香料、乳化剤、(原材料の一部に大豆、乳成分を含む)
内容量:11個
販売元:(株)メサージュ・ド・ローズM1
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
6種類の味が存分楽しめる贅沢な男の焼酎ボンボン酒職人ギルド 焼酎チョコレートボンボン

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り

東京ミッドタウンを訪れたことがある人ならば、おそらく誰しもが目に留めるだろうカラフルなチョコレートやマカロン、エクレアが印象的なブティックは、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(pâtisserie Sadaharu AOKI paris)です。

青木貞治氏はパリを拠点とし、世界をリードするパティスリー。東京生まれの青木氏は23歳で単身フランスに渡り様々な経験を積んだ後、1998年パリにアトリエを開設、2001年パリ6区にブティックをオープンさせ、パリでは誰もが認めるパティスリーとして人気が定着しています。2008年にはルレ・デセール(世界有数の菓子職人団体)の会員になりました。

他に国内には丸の内新国際ビル、新宿伊勢丹にもブティックがあります。
■丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内 3-4-1
電話: 03-5293-2800
ファックス:03-3216-6200
営業時間:11:00~20:00

■新宿伊勢丹店
住所:東京都新宿区新宿 3-14-1 新宿伊勢丹店B1F
電話: 03-3352-1111(大代表)
営業時間:10:00~20:00

■東京ミッドタウン店
住所:東京都港区赤坂 9-7-4 東京ミッドタウンB1F
電話: 03-5413-7112
ファックス: 03-5413-0714
営業時間:11:00~21:00(サロンラストオーダー 20:00)

伊勢丹サロン・デュ・ショコラでボンボンショコラ3個入りを買いました。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り
青木氏のサイン入りです。

中には3種類のカラフルなボンボンショコラ。左から、フランボワーズ、バンブー、ヴァランシアです。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り
化粧パレットをイメージしたという、鮮やかな色彩で統一されたフォルムは、女性のみならず男性も気になる美しさです。

赤いフランボワーズ(Framboise)は、「上品で爽やかな酸味がガナッシュを引き立てます」。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り フランボワーズ
食べる前から酸味のある香りがします。口に含むと、体温でさっと溶けました。なんて素敵な口当たりでしょう。フランボワーズがカカオにエッジの効いた香りを添えます。真っ赤な華やかな風味は後を引きます。情熱的な赤い酸味が芳醇な余韻となり、その温さを長い間感じます。

緑色のバンブー(Bamboo)は「抹茶の使い手アオキならではのマリアージュです」。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り バンブー
中までカラフルでした。センターに緑色のガナッシュが入っています。すっと舌の体温で溶けてカカオと抹茶の風味がやさしく広がりました。これも実に優しい口溶け。
この抹茶の使い方は好きです。控えめの抹茶の香りながら、カカオの力強い味に温かみのある緑の香りと渋みがそっと寄り添います。そして余韻では抹茶の香りがより甘く立ち上がります。
普段あまり好んで抹茶フレーバーを選ぶことがないので、こういうアソートセットでめぐり合えたのは貴重だなと思いました。抹茶フレーバーのチョコレートではこれがダントツ1位でおいしいと思いました。

オレンジ色のヴァランシア(Valencia)は「プラリネとバレンシアオレンジの風味が絶品です」。こちらはC.C.C.の2009年フランスショコラ厳選100(Les 100 meilleurs de Francechocolatiers)で評価を得た逸品です。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ボンボンショコラ3個入り ヴァランシア
センターにはプラリネとオレンジピールが入っています。アーモンドとヘーゼルナッツを使ったプラリネのまろやかな苦味とオレンジの爽やかで苦味のある香りが調和します。長い余韻の中で、オレンジピールが噛み応えにアクセントをもたらします。

お値段は1,050円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:フレーバーの使い方がシックです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ ボンボンショコラ3個入り
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、生クリーム、カカオマス、バター、転化糖、木苺、全粉乳、粉乳、ヘーゼルナッツ、アーモンド、バターミルク、抹茶パウダー(緑茶、クロレラ)、小麦粉、牛乳、バニラエッセンス、植物油脂、バニラ、塩、卵、オレンジ、洋酒、レシチン(大豆由来を含む)、着色料(二酸化チタン、黄5、黄4、赤40、青1、青2、赤102、カラメル)、安定剤(カラギナン)、香料、酸味料
内容量:3個
原産国:フランス
輸入者:(株)エー・スイーツ・ハウス
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
鮮やかな色彩、斬新で統一されたフォルムは女性の化粧パレットをイメージ。【送料込】<パティ…

リッタースポーツ;バタービスケット

ドイツの最も有名なチョコレートと言えば、1912年創業のリッタースポース(Ritter SPORT)です。チョコレートにさほど詳しくない方でも、スーパーの輸入菓子売り場で一際目を引くカラフルな正方形のチョコレートは幾度と無く目にしたことがあるでしょう。

リッタースポーツの創始者リッター夫妻は1912年に結婚して、ドイツのシュトゥットガルト近くの小さな町でチョコレート工場を作りました。創業から20年後、1932年にクララ夫人が「あらゆるスポーツジャケットのポケットにも収まって、壊れたりしない、通常のチョコレートバーと同じ重さのチョコレートを作りましょう」と提案したものが、家族の同意を経て売り出されました。それが、正方形のリッタースポーツです。

正方形であることの他にリッタースポーツのもう一つの特徴は、クニック・パック(Knick-Pack)という簡単にチョコレートを取り出すことが出来るパッケージにあります。1976年に発表されたクニック・パックは、伝統的なチョコレートバーの開けにくい銀紙を一掃し、完全密封された包装から素早くチョコレートを取り出せ、しかも、食べ残しをポケットに戻してもお菓子の屑が飛び散らないという画期的なものでした。

リッタースポーツは重さ順に25g、100g、250g の三種類の大きさがあり、味の種類はスタンダードサイズの100gで19種類にも及びます。

今回ご紹介するのは、1998年に発表された100gサイズのバタービスケット(Butter Biscuit, Knusperkeks)です。
リッタースポーツのバタービスケット

中からは正方形のブロックが16個並んだミルクチョコレートバーが現れました。
リッタースポーツ;バタービスケット
ミルクの香りたっぷりのミルクチョコレートはやや塩味を感じさせる甘さ。口溶けには難がありますが、センターに挟まれたショートブレッドビスケットがサクサクと音を立てます。
ビスケットは軽くて幅があり、規格の100gにするにはかさばるために、リッターはこのチョコレート用に通常のより深さのあるモルド(チョコレート型)を準備したようです。つまり、このチョコレートは他のよりもちょっとだけボリュームがあってうれしいのです。

リッタースポーツの公式ホームページにバタービスケットにまつわる、こんな小ネタがありました。

サウジアラビアには1000年を遡るお茶の文化があるそうです。おいしいビスケットとお茶の組み合わせはこの上なく素晴らしいものなので、彼らのお茶の伝統には1998年以降リッタースポーツビスケットが含まれるようになりました。

お値段は315円です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:噛むチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:リッタースポーツ バタービスケット
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、植物油脂、ビスケット(小麦粉、砂糖、バター、小麦澱粉、グルコースシロップ、ミルクパウダー、食塩、ホエイパウダー)、ココアバター、カカオマス、クリームパウダー、脱脂粉乳、乳糖、ホエイパウダー、バターオイル、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:100g
一箱あたりのカロリー:546kcal
原産国:ドイツ
輸入者:(株)サンエス
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
サッカー観戦しながらでも食べられる四角いチョコレートリッタースポーツ ビスケット