メーカー」カテゴリーアーカイブ

ゴディバ;タルトタタンとトリュフ ラム

ゴディバ(GODIVA)と言えば、誰でも知っている高級チョコレートブランド。ベルギー王室御用達でありながら、日本国内に300近い店舗を構え、今や、かなり気軽に手に入れられるチョコレートブランドになりました。
ゴディバの名前の由来については以前にも取り上げましたが、英国のゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)に由来します。伝説によると、領主である夫は領民への重税の免除と引き換えに、彼女に裸のままで馬で町を駆けることを命じ、ゴダイヴァ夫人は領民のために本当にそれを実行したというのです。「ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠しました」。そして、ゴディバのトレードマークには、馬に乗ったゴディバ夫人の姿が描かれているのです。

そんな勇気と愛に包まれたゴディバのチョコレートをいただきます。左がタルトタタン、右がトリュフ ラムです。
ゴディバ(GODIVA)のボンボンショコラ

タルトタタン(truffe dessert tarte tatin)は、期間限定新作「デザートトリュフ コレクション」の一つ。「風味高いアップルフレーバーのキャラメルをミルクチョコレートで包み込み、ミルクチョコレートフレークとホワイトチョコレートフレークでくるみました」。
ゴディバ(GODIVA)のタルトタタン
二色のチョコレートフレークで包まれた姿が優雅です。タルトタタンは、キャラメリゼしたリンゴを敷いて焼いたフランス菓子です。私もリンゴの季節になるとよく作ります(炊飯器で)。
チョコレートにリンゴの酸味が程よく効いています。キャラメルの濃厚な甘い香りにリンゴの清々しさが加わって、とても贅沢な味。ミルクチョコレートに重みのあるカカオを使っているので、濃いキャラメルの味をしっかりと受け止めています。さすが、ゴディバ。素朴な味のタルトタタンでも、ゴディバが作るとこんなに上品です。
お値段は368円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大きなトリュフは大好き

トリュフ ラム(truffe rhum)は、「ラム風味のダークチョコレートガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。シュガーパウダーでくるみました。」パウダーシュガーがまぶされた大きなトリュフです。
ゴディバ(GODIVA)のトリュフ ラム
トリュフにしては珍しいくらいコーティングが厚め。中からラムの何とも言えない香りが漂います。ガナッシュは少し舌が痺れるくらいのアルコール分。ラムの重厚な香りを引きずったまま、チョコレートのやさしい甘さと香りが広がります。コーティングが厚めな分、後味にチョコレートの甘さが長く長く続きます。憎いね。
お値段は336円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:こういうのが一番うまいんだ

ゴディバ(GODIVA) チョコレート ギフトコレクションゴディバ ゴールドコレクション(24粒…

芥川製菓;おみくじ神社

東京、駒込駅近くに本社のある芥川製菓は、1914年にチョコレートを製造しはじめた会社です。日本では風月堂、森永に続いて3番目に古いチョコレート製造の歴史を持っていますが、現在では業務用チョコレートの製造や卸しが主な業務です。OEM商品(相手先ブランド製造)として、ヒルトンや横浜インターコンチネンタルホテルなどのギフトチョコレートを手がけています。小売りはほとんどありませんが、ミルクチョコレートを通販していて、フリーダイヤル0120-74-5010で受け付けています。

芥川製菓が冬季に数回アウトレットセールを行うと、T.T.S. 東京テニス ~永福町 営業部長(自称)~のきりんさんに教えてもらいました。会場周辺で配られるチラシぐらいでしかセールの日を知ることができないにもかかわらず、毎回大盛況なんですって。そろそろそんな頃だったと思い出したのが、4月17日のセール当日でした。その日は諦めて、翌日4月18日の朝から、駒込本社に行ってみました。今シーズンのアウトレットセールの最終日です。

芥川製菓本社
最終日だからさほど残っていないだろうと幾分諦め気味で、オープン時間ギリギリに駒込駅に到着しました。会場に向かう交差点で、明らかにセール会場から出てきたと思しき方々が両手に大きな買い物袋を提げているのを見て、目を疑いました。出てくる人、出てくる人が、ものすごい量のチョコレートを買っている様子。どれだけ安いんでしょう。なんだかが、元気が出てきました。

会場に着いたのは10時10分。既に長蛇の列です。ご年配の方が多いです。年齢性別に関わらずチョコレート好きが集まっています。
ここで、整理券を貰うか、さもなくば行列に並ぶの選択をします。もらった整理券の番号は593番。11時ぐらいに来てくださいねと声をかけられました。
芥川製菓 アウトレットセール整理券
8時半から整理券を配っているそうですが、最終日にもかかわらず10時に来て600番近くとはすごい集客状況です。

ウブリエという会社が同じ建物内にあるのを発見。ウブリエはバレンタインデーの時期に三越でみかけたことがあるブランドです。芥川製菓のブランドだったのね(ウブリエ(ouvrier)はフランス語で職人という意味)。

11時過ぎに芥川製菓に戻ると、整理券と引き換えに買い物かごを貰いました。いよいよセール会場に入ります。
芥川製菓 アウトレットセール
会場には山積みにされたダンボール、売り子の声、そっけない棚に次々と並べられるお楽しみ袋であふれています。どこかで見かけたことのある焼酎入りのボンボンショコラが100円で売られているのを見て、お得感を確信しました。4000円分が入っているという1000円のお楽しみ袋がどんどん売れていきます。サロン・デュ・ショコラ並の混雑です。客層もお値段も相当違うけど。

最終日だったので、評判の良いボンボンショコラなどは当然残っているはずもなく、あまり商品にバリエーションがありませんでした。しかし、あまりにも安いので、製菓用のチョコレートとかをまとめ買いしてしまいました。来シーズンに再チャレンジします。

2009年のファクトリーアウトレットのちらしの情報を残していきます。来年の参考に。
開催日:2月25日(水)・26日(木)
     3月25日(水)・26日(木)
     4月16日(木)・17日(金)
場所:芥川製菓本社および駒込・板橋・戸田各工場
時間:10:00~15:00
お問合せ:芥川製菓株式会社 03-3942-2021(代)

■芥川製菓 駒込本社
住所:東京都豊島区駒込1-44-2
電話:03-3942-2001
営業時間:09:00~18:00
定休日:土曜日、日曜日、祭日
交通手段:JR駒込駅、都営南北線駒込駅から徒歩2分

■芥川製菓 駒込工場
住所:東京都豊島区駒込6-5-7
電話:03-3917-5185
交通手段:JR駒込駅、巣鴨駅から徒歩10分

■芥川製菓 板橋工場
住所:東京都板橋区高島平9-24-3
電話:03-3935-1282
交通手段:都営三田線西台駅、高島平駅から徒歩10分
       バスは、都営三田線西台駅から高島平操車場行き終点で下車、徒歩2分

■芥川製菓 戸田工場
住所:埼玉県戸田市下戸田1-17-7
電話:048-441-3456
交通手段:JR戸田公園から徒歩10分
       バスは、JR西川口駅西口から下笹目行きまたは北戸田行き公団下車、徒歩2分

商品紹介は、今後ぼちぼちと更新していきます。

これは、きりんさんからおすそ分けで頂いた芥川製菓のおみくじチョコレートです。おみくじ神社は高さ30センチ強のとても巨大なパッケージです。
芥川製菓 おみくじ神社

上の小さな取り出し口を押えて、箱をよく振ってチョコレートを出しましょう。
芥川製菓 おみくじ神社
赤い包み紙に包まれた粒チョコレートが入っています。

包み紙がおみくじになっています。
芥川製菓 おみくじ神社
4個取ってこの結果。なんだか、先行き良さそう。
中はミルクチョコレート。ミルクの焦がし香が強く、渋め。カカオもナッツ感が強いものを使っています。コーヒーの香りにも似た強いロースト感が特徴です。小粒な割に、甘さが喉に絡みます。口溶けは、さすが日本のチョコレートで、滑らか。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:食べる前から楽しいところが良いよね
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:おみくじ神社ジャンボ
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:202g(45個入)
製造者:(株)芥川製菓 K
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

KKエレナリーゼ(E) 薄型プレートチョコレート18個 sale62%off

グレゴリー・コレ;ミルフィーユ ジバラ

パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)は、神戸元町の人気パティスリーです。「『素材をストレートに生かすのが本物のフランス菓子』をモットーに、時には濃厚また時には鮮烈なアレンジの無いフランス菓子を作り続け」ているそうです。

夕暮れ時、大阪北新地でカフェに遭遇。スタッフさんたちが店前の飾り付けを仕舞っていたので、でもうすぐ閉店かしらと尋ねてみると、笑顔で「夜中の1時までお店開いています」と。商売熱心だなあ。
パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)北新地店
■グレゴリー・コレ 大阪北新地店
住所:〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1-6-2
電話:0120-882-807、06-6341-3778
営業時間: 11:00~翌1:00
定休日: 土曜日、日曜日、祝日

店内にはプティガトー、チョコレート、焼き菓子がたくさん並べられていました。チョコレートを使ったケーキが5、6種類あって、目移りします。ケーキはどれもかわいらしくて、3個くらい食べちゃいたい衝動に襲われましたが、宴会を控えてましたのでぐっと我慢。オーダーしたのはミルフィーユ ジバラ(millefeuille jivara)という、角が生えたチョコレート。「ヴァローナ社のジバララクテという最高級ミルクチョコレートをたっぷり使ったチョコレートケーキの芸術品」です。
パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)のミルフィーユ ジバラ(millefeuille jivara)
商品説明にあるとおりヴァローナの最高級品シリーズ、グランクリュ(Grand Crus)のシヴァラ・ラクテ(JIVARA RACTEE)を使用したミルフィーユです。シヴァラは、ヴァローナの説明によると「フォラステロ種のカカオ豆のブレンド。最高品質のカカオとミルクを使用し、絹のような滑らかさとキャラメルとバニラの風味が特徴です。モルトの香りとブラウンシュガーによって香ばしさもプラス。ほのかに漂う苦みがミルクチョコレートの甘さと程よく調和します。」というもの。
ミルフィーユ ジバラのトップに飾ってあるのはヘーゼルナッツ、その下にチョコレートクリームが絞ってあって、このケーキの主人公であるシヴァラ・ラクテの薄板が、先端に銀箔をあしらって、曲線を描いて立ち上がっています。シヴァラ・ラクテの下は優雅な曲線を描くチョコレートクリーム。そして、シヴァラ・ラクテを使った薄めのミルフィーユが土台となっています。ミルフィーユは、へーゼルナッツを粗く砕いたものがちりばめられて、ミルクチョコレートの甘味の中にナッツのの芳しさがアクセントになって効いています。薄さもあってクッキーのような食感です。甘さが抑えられている分チョコレートのおいしさが感じられます。たっぷりと絞られたクリームがもうおいしくって、おいしくって。
お値段は630円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:宴会のない日にまた行くわ

可愛いハート形の新作から、来栖けいさん絶賛の商品まで、ひとつひとつ丁寧に仕上げた、グレゴ…

エクチュア;オリジナルパフェとダークホットチョコ

エクチュア(Ek Chuah)は大阪の代表的なショコラティエ。オーナーショコラティエの植松秀王氏は「ヨーロッパのものを再現するのではなく、日本の気候・風土の中で、日本人が食べておいしいチョコレートを作りたい」という信条でチョコレートを作っているそうです。
ブランド名の「エクチュア」はチョコレートの神様の名前です。「マヤ文明の古文書に、垂れ下がった厚い下唇、尖った鼻、黒く塗られた体をもつ奇怪な容姿の神が出てきます。カカオの農園主たちはエクチュアを崇め、祭りを行ないカカオの豊作を祈ったと記されています。」

ショコラトリーのある空堀地区は、大阪では珍しい戦災を逃れた歴史ある街並みが魅力の街です。大阪・心斎橋から東へ15分、地下鉄鶴見緑地線の松屋町駅から狭い階段を登ると、戦前までよくあったらしい町家が並び、路地には少ない光を頼りに育つ緑が光っています。
エクチュア(Ek Chuah)
周囲には、エクチュアと同じように古い造りの屋敷を改造したカフェやアクセサリー屋さんが並んでいて、この街並みをぶらぶらとお散歩しても楽しいです。こちらがエクチュアの玄関。訪れたのはクリスマスの頃なので、ポインセチアが置かれていました。
エクチュア(Ek Chuah)
玄関を入って正面にショーウインドウ、右手には厨房があります。エクチュアの丁寧に作られたボンボンショコラや生チョコレート、焼き菓子が並んでいます。
エクチュア(Ek Chuah)
1階の半分と2階はイートインスペースになっています。古い造りを生かした空間が、とても落ち着きます。
エクチュア(Ek Chuah)

■エクチュア からほり「蔵」本店
住所:〒542-0012 大阪市中央区谷町6-17-43 錬-LEN-
電話:06-4304-8077
営業時間: 平日11:00~22:00、ラストオーダー21:30(土・日・祝日は21:00までの営業)
定休日: 水曜日

古材を利用したテーブルにイートインで注文したオリジナルパフェの登場です。冷やされた銀色のカップがみるみるまに霜で濡れます。
エクチュアのオリジナルパフェ
アイスクリームの上にミルクチョコレートがかけられて、パステルカラーのトッピングがかわいらしい。
エクチュアのオリジナルパフェ
店員さんに早めに食べてと言われていたのに、ぐずぐずと写真を撮っていたら、アイスクリームにかけられたミルクチョコレートがカッチリ固まりました。パフェスプーンで叩いてもビクともしないし、突き刺して割るのも難しく、柔らかいうちにせめて2分しておくんだったと後悔。しばし途方にくれましたとも。カチカチのチョコレートは冷えすぎて食べにくいのもあって、イマイチでした。
アイスクリームの下にはリンゴ、バナナ、オレンジ等のフルーツとチョコレートババロアが入っています。いろんな味が楽しいのですが、チョコレートがメインって感じではありません。でも、甘くて、やさしい味。アイスクリームとミルクチョコレートをとっとと掻き混ぜていれば、もっとチョコレートを楽しめたのにね。
お値段は950円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆
その他:ブロガー泣かせ

こちらはショコラショーのダークホットチョコです。
エクチュアのダークホットチョコ
特注品だというチョコレートカップがかわいいです。カップを安定させるためのトランブルーズ(Trembleuse)という枠が付いています。フランス語で 「震え」という意味で、背の高い蓋付きのチョコレートカップが転倒しないようにしたものです。
そんな器も物珍しいショコラショーは、表面が見事に泡だって、キラキラしています。
エクチュアのダークホットチョコ
口当たりがやさしく、とても飲みやすくサラッとしています。甘さが控えめな分、チョコレートの香りが引き立ちます。パフェを食べて冷えた後に、とてもホッとする味でした。
お値段は600円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:カップの雰囲気と同じ、やさしい味

生チョコ ブルージュの石畳 ミルク 【 エクチュア 】