ノッティングヒル・ケークス&ギフト;マンゴーココナッツ

ノッティングヒル・ケークス&ギフト(Notting Hill Cakes&Gifts)はマーク・ピーターソン(Mark Peterson)プロデュースにより1990年ロンドンのノッティングヒルで誕生しました。カップケーキやクッキーはどれも上品で甘さ控えめ。「高品質で体にもよい」をモットーに保存料、合成着色料、香料は一切使用せず、上質の素材を厳選しているそうです。

自由が丘のスイーツファクトリーでノッティングヒル・ケークス&ギフトのカップケーキをお持ち帰りしました。
マンゴーココナッツ(Mango Coconut)です。表面にココナッツをたっぷりとまとったチョコレートベースのカップケーキです。

ケーキの上には柔らかいマンゴー風味のホイップされたバタークリーム。その上にシャキシャキの歯応えが楽しいココナッツがたっぷりまぶされています。バタークリームがかなり重めなのですが、チョコレートケーキ自体が既にズッシリと重い食感なので、どうしてもそうなるかなと。マンゴーのトロピカルな香りが救いです。
そして何より、食べてみて頭に大きな疑問符が。ケーキがカシスと全然違います。こっちはやわらかいもの。確かにカップの底の方になるとケーキがパサつくのは同じですが(そんなところに共通点いらない)、カシスはフォークが刺さりにくいほど固かったし。さては、カシスは昨日の作り置きだったか?
お値段は単品で380円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:本場のカップケーキは重いのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください