ローエンシュタイン;クグロフショコラ その1

ローエンシュタイン(LAUENSTEIN)は1964年創業。ドイツを代表するショコラブランドでバイエルンの郊外、ローエンシュタイン城のふもとにファクトリーを構えています。

クグロフショコラです。パッケージは金色とベージュを基調に、赤いリボンでかわいらしく豪華な雰囲気です。

中にはクグロフ型(斜めにうねりのある蛇の目型)のチョコレートが4種類2個ずつはいって、とても華やかです。上段左からクグロフ・ミルク、クグロフ・ブランデー、クグロフ・ダーク、クグロフ・ホワイトです。

箱を開けてうっとりしたのは私だけじゃないはず。決して今風ではないのだけれど、ゴシックな雰囲気が素敵です。お城でプリンセス気分になってチョコレートを食べるなら、こういうのがいいなぁ。

記事を二つに分けて、2種類ずつ紹介します。

クグロフ・ミルクは、クグロフ型をしたミルクチョコレートのボンボンショコラです。トップに金箔が飾られています。商品説明によると「濃厚なミルクガナッシュをミルクチョコレートで包んだクグロフ型トリュフ」だそうです。

センターはヘーゼルナッツの香りがするミルクチョコレートガナッシュです。甘いミルクチョコレートでコーティング。癖のないフレッシュなミルクの香りに包まれます。口溶けはとても滑らか。サッと溶けて、思いの外余韻がすっきりしています。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:見た目よりすっきり

クグロフ・ブランデーは、クグロフ型をしたミルクチョコレートのボンボンショコラです。トップをホワイトチョコレートでグラサージュしてカカオニブとオレンジピールの小さな欠片をトッピングしています。商品説明によると「ブランデーが香るガナッシュをミルクチョコレートで包んだクグロフ型トリュフ」だそうです。

チョコレートをかじるとセンターのガナッシュからブランデーの香りが立ち込めます。喉元にアルコールの苦味と熱が広がり、甘いミルクチョコレートがさらに濃厚に感じられます。トッピングされているオレンジピールが清涼感を放ち、食感にアクセントをもらたすのも素敵です。余韻は長く、いつまでも続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:小さくてもオレンジの存在感があります

お値段は1680円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:クグロフ型がかわいい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:クグロフショコラ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、ヘーゼルナッツ、カカオマス、全粉乳、クリーム(乳製品)、バターオイル、洋酒、脱脂粉乳、水あめ、バター、ヘーゼルナッツペースト、カカオ豆、オレンジピール、パッションフルーツ濃縮果汁、あんず、異性化液糖、乳化剤、香料、光沢剤、加工デンプン、増粘剤(アルギン酸Na)、酸味料、着色料(金、銀)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
内容量:8個
原産国:ドイツ
販売者:ジェイ・インターナショナル(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください