パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ショコロンフランボワーズ

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(pâtisserie Sadaharu AOKI paris)は世界に誇る日本人パティシエ青木定治氏のブランドです。

余計なものを削ぎ落としていく負のミニマリズムというよりも、手を加えることによって、素材の本質的うまさに向けてさらに味を研ぎ澄ませていく。あくまで本質の追及を目指して行う足し算のミニマリズムと言えるかもしれません。
「新素材主義」。
素材本来のうまさを引き出しそして研ぎ澄ます。それがサダハルアオキのお菓子づくりです。

東京ミッドタウン店でショコロンを買いました。ショコロン(Chocoron)はマカロンをイタリアの有名なブランドDOMORIのクーベルチュールでコーティングしたパリ直輸入の商品です。何度見てもわくわくするフォルムです。上の水玉模様の茶色のがショコロンショコラで、時計回りにショコロンシトロン、ショコロンフランボワーズです。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ショコロン

ショコロンフランボワーズ(Chocoron Franboise)は深い赤色にハート柄のプリントです。商品説明によると「フランス人が大好きなやさしいサンミのフランボワーズ」を使い「ほのかな酸味のガナッシュとまろやかなショコラが融合し」ているそうです。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;ショコロンフランボワーズ
コーティングは厚めで上品なチョコレートの風味を十分に感じられます。一口食べると目に鮮やかな真っ赤なマカロン。マカロンのやさしくサクサクとした歯応えが楽しく、木苺ソースの酸味と甘さがチョコレートの苦味と一体となるのが夢見心地です。チョコレートの口溶けは滑らか。食べ終わりに木苺の種やアーモンドのシャキシャキとした繊維の歯応えが感じられます。マカロンをチョコレートでコーティングするのは素晴らしいアイディアですね。まるでチョコレートケーキを食べているみたいです。
お値段は特別価格で300円でした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:フランボワーズの酸味がおいしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコロンフランボワーズ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオ豆、カカオバター、アーモンド、木苺、卵、全粉乳、バター、澱粉、グルコースシロップ(小麦由来)、転化糖、甘味料(ソルビトール)、レシチン(大豆由来)、pH調節剤、着色料(赤40、二酸化チタン)、香料、保存料(二酸化硫黄)
内容量:1個
原産国:フランス
製造者:ANAフーズ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください