サロン・デュ・ショコラ2016 イートイン その1

今年も新宿NSビルで開催されたサロン・デュ・ショコラへ行ってきました。

お目当ての買い物がすんだ後にイートインを楽しみました。
まずは、ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマのショコフルです。チョコレートクリームを挟んだチョコレートゴーフルで、今年のチョコレートクリームにはあんこが入っているそうです。お値段は325円。
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;ショコフル
今年のショコフルは生地が温かくで柔らかでした。2013年のショコフルは生地がパリッとしていたけれど、今年はあんこ入りだから食感を変えたのかもしれません。そのせいでゴーフルというよりクレープみたいな食べ応えでした。冷えたらパリッとなったのかな?

毎年サロン・デュ・ショコラのイートインを賑わせてくれるパティスリー・サダハル・アオキ・パリのブースですが、今年はなんとたこ焼きです。TAKOYAKI ショック ショコラはフォンダンショコラをもっちりとした生地で包み、たこ焼き器で焼き上げたものです。4個入りでお値段は432円です。

たこ焼きを作ってるようにしか見えません。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

ソースはチョコレートで、紅しょうがと青のりに見えるのはマカロンの皮。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

竹皮の舟皿に乗せられて爪楊枝を添えられたら、どこからどう見てもたこ焼きにしか見えません。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

アップにすると、ピンク色のマカロンがまるで桜田麩のよう。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ
焼きたてでも舌を火傷するような熱々ではありません。あたりまえだけど。ホットケーキのような甘めのふわふわの生地の中にはやわらかく溶けたチョコレートが入っています。表面にもチョコレートソースがたっぷりかかっているので、一口で食べるとどこからがセンターのチョコレートなのかさっぱりでしたが、楽しいからいいんじゃないでしょうか。お祭りに屋台のたこ焼きは付き物ですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください