ドミニク・アンセル・ベーカリー;ウルティメイトスモア

バレンタインデーまでの期間限定でドミニク・アンセル・ベーカリー(DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO)が渋谷モディにオープンしています。表参道店では出していないという話題の商品を食べに行きました。

ドミニク・アンセル(Dominique Ansel)氏は2014年にアメリカの「最優秀ペイストリーシェフ」としてジェームス・ビアード・アワードを獲得。クロワッサンとドーナツを組み合わせたクロナッツが有名です。2015年、表参道に日本初上陸を果たしました。

こちらの看板商品、ウルティメイトスモアです。この圧倒的な存在感はすごい。スモアは炙ったマシュマロをチョコレートとクッキーで挟んで作るスイーツ。私もアウトドアでの食事でよく作ります。商品説明によると「蜂蜜を使ったマシュマロをオーダーが入ってから火で炙り、ブランデーの香るチョコレートガナッシュ、板チョコレートと合わせてシナモン風味のスペキュラースクッキーでサンドしたもの。“塩の芸術品”とも呼ばれるという『マルドン・シーソルト』を振って仕上げられる。厚みのあるスモアを両手でつぶし、全体をなじませてから食べるのがコツ」だそうです。
ドミニク・アンセル・ベーカリー;ウルティメイトスモア
見てください。名前のとおり巨大です。潰さないと顎が外れそうでとても口に入りません。食べられないのは私だけかと思って周りを見回すと、みなさん最初戸惑っていました。このぶ厚いマシュマロは見た目だけではなくとても弾力があって粘ります。口に入るように潰そうにも潰せなくて、手を離すと元通り。
クッキーはシナモンの香りがするスペキュラース。ザクザクとした固めの歯応えがあります。甘くて大きなスモアにスペキュラースのスパイシーな香りがよく合います。チョコレートはやや甘め。洋酒の香りが華やかです。シリアルがサクサクと歯応えにアクセントを添えます。いやあ、こんなにいっぺんにマシュマロを食べたのは初めてかも。スモアってワンスモアの意味だけど、もういいわ。
お値段は864円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:二人でシェアして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください