タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート

キャラメルや、マシュマロ。西洋のお菓子がまだ日本になかった頃、それらを初めて口にした日本人はとても驚いたそうです。そのハッとする「新体験」を人々に届けたのが、森永太一郎氏。そのDNAを引き継ぎ、いわばお菓子を超える「をかし」な体験を、チョコレートでもしていただきたいと誕生したのがタイチロウ モリナガ(TAICHIRO MORINAGA)です。

エアレーションチョコレートのパッケージは水色と茶色に色分けした紙箱です。ブランドマークの森永太一郎の似顔絵が描かれています。柔らかさのあまり、常温では触れることができないふんわりチョコをベイクドして、さらにチョコでコーティング。キメ細やかでエアーな食感が楽しめるそうです。常温では触れられないってところに興味あります。
タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート

中には三本のスティック型のチョコレートが入っています。光沢やラインが入ったりパウダーがふりかけられていたりと華やかです。左からミルク、ホワイト、フランボワーズです。
タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート

ミルクです。商品説明によると「キャラメルを感じさせるような濃厚な味わいとミルク風味豊かな味わいが絶妙」だそうです。
タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート
常温では触れることが出来ないくらいの柔らかさとあったので、リキッドな質感を想像していましたが、そんなことはありませんでした。プッチョのもっと細かい気泡のものです。軽い食べ心地で、口に含んでしばらくすると舌の上で軽くつぶれます。ローストが深く苦味が強調されていますね。質感が軽いので、キャラメルのような濃いミルクの香りがあってちょうどよい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:余韻は短い

ホワイトです。商品説明によると「ココアバターとミルク風味豊かな味わいの中からのぞく贅沢なミルクのコクが特徴」だそうです。この説明文のひどいこと。クレーム入れたくなるくらい気持ち悪い。
タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート
センターは苦味の強いミルクチョコレートのエアインチョコ。コーティングのホワイトチョコレートの甘さとセンターの苦味のバランスがよい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:食感が楽しい

フランボワーズです。商品説明によると「濃厚なミルクチョコにフランボワーズのチップを散りばめました。甘さと酸味のコントラスト」が楽しめるそうです。
タイチロウ モリナガ;エアレーションチョコレート
エアインチョコの口溶けの軽さが魅力。説明文にあるほどの酸味は感じられません。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆
その他:

それにしても、このブランドの説明文にはガッカリします。自動翻訳でもしたのかってくらい片言です。ABURIの方もひどかった。森永のブランド力の低下を、こういうところで感じずにはいられません。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は972円。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:日本語もちょっと何とかなりませんか
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:エアレーションチョコレート
種類別名称:準チョコレート菓子
原材料:〈ミルク〉砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアバター、ココアパウダー、脱脂粉乳、麦芽糖、トレハロース、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(酸化チタン)〈ホワイト〉砂糖、植物油脂、全粉乳、ココアバター、ココアパウダー、脱脂粉乳、カカオマス、麦芽糖、トレハロース、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(酸化チタン)〈フランボワーズ〉砂糖、植物油脂、全粉乳、ココアバター、カカオマス、ココアパウダー、ドライラズベリー、脱脂粉乳、麦芽糖、トレハロース、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:3個
販売者:森永製菓(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チュベ・ド・ショコラの割れチョコふんわりビター 450g
価格:2138円(税込、送料別) (2017/8/9時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です