アルチザン パレ ド オール;タブレット プリュス キューバ産カカオ×エピス

アルチザン パレ ド オール(ARTISAN PALET D’OR)は、ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)の三枝俊介シェフが手がけるビーントゥバ―(Bean to bar)のアトリエです。八ヶ岳の麓、清里に工房を構え、世界の産地から良質なカカオ豆を選定し、焙煎から成形までチョコレートの全工程を手がけています。

タブレット プリュス キューバ産カカオ×エピスのパッケージは紙製で、三枝氏が描いたカカオの絵に、ブランドのイメージカラーでもあるゴールドを基調にしたラベルが貼られています。
ショコラティエ パレ ド オール;タブレット プリュス キューバ産カカオ×エピス
このシリーズには他にココナッツとコーヒー豆のブレンドがあるのですが、店頭でこのパッケージから情熱的で華やかな印象を受け、一番それに合いそうな味ということでスパイスを選びました。

金色の包み紙の中には、重量感のあるチョコレートバーが入っています。モールドは極めてシンプルなもの。フレーバーのついたチョコレートを作る場合、通常は、出来上がったチョコレートに別素材を加えるのが一般的ですが、この製品は、焙煎したキューバ産カカオ豆を挽きつぶす段階で、5種のオリジナルスパイスを混ぜ合わせて作られているのだそう。極めて実験的なチョコレートです。
ショコラティエ パレ ド オール;タブレット プリュス キューバ産カカオ×エピス
パッケージを開いた瞬間、スパイシーな香りが広がりました。一欠片を口に含むと、シナモン、カルダモン、アニスを連想させる清涼感が鼻に抜けます。鮮やかでフローラルな香り。やや粒子が荒く奥歯に残ります。キューバ産カカオには幾分ハードな印象を持っているのですが、スパイスのおかげで実に華やかです。余韻は食べていた時の印象が変わるほど穏やかで温かく、そして長く続きます。
スパイスの投入タイミングの違いが、製品の仕上がりのどこに生かされているのかは、私達消費者には伝わりにくいのですが、完成したチョコレートに練り込むよりも、スパイスも一緒にコンチングすることで、作り手側として味の仕上がりを判断しやすいということなのかなと思いました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,998円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:華やかな味です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット プリュス61% キューバ×エピス
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、全粉乳、カカオバター、黒糖、香辛料、バニラビーンズ、乳化剤(大豆由来)
内容量:100g
製造者:(株)オヴァールリエゾン
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください