ドゥバイヨル;プラリネ ユイール

ベルギーのブリュッセルにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、伝統的なMOF(フランス最優秀職人)パティシエのマルク・ドゥバイヨル氏が1983年に設立しました。現在はジル・ドゥマンジュ、ロイック・ブランダンの両氏が創業者の精神を守り、ブランドを率いています。日本では片岡物産が代理店となって展開しているせいか、ウェブサイトや商品のパッケージや説明書等がとても丁寧に作られていてわかりやすいところも魅力のひとつです。おしゃれな箱はコレクターも多いとか。日本橋高島屋や丸ビルに売り場を持つ他、丸の内オアゾ店にはカフェ併設のショップがあって特別な時間が味わえます。

サロン・デュ・ショコラでプラリネ ユイール(PRALINÉ HUILE)を買いました。サロン・デュ・ショコラ限定商品です。黒地にケシの花がゆらめく、優美な雰囲気の化粧箱です。シックな黒いリボンがかけられています。今年の箱も素敵です。
ドゥバイヨル;プラリネ ユイール

中には、2種類のボンボンショコラが5個入っています。商品説明によると「華やかなパッケージだけでなく、とくに女性にはうれしいショコラかも。古代では薬草としても食されたスパイスからオイルを抽出。プラリネと香り豊かなオイルをマリアージュさせたユニークな一品は、体の中から癒され、神聖なパワーさえ感じさせる美容の世界でも有名な『アルガン』と芳醇で味わい深い『セザム』の2種を詰合せ」たとのこと。ユイールとはオイルの意味です。
ドゥバイヨル;プラリネ ユイール

アルガン(Algan)はアーモンドがトッピングされたボンボンショコラです。商品説明によると「古くからモロッコで滋養に富むオイルとして使われてきたアルガン。存在感のある味わいは、初めて知る美味しさ」だそうです。
ドゥバイヨル;プラリネ ユイール
コーティングはミルクチョコレート、センターはプラリネです。舌の上で溶かすと、アルガンオイルの渋み、そしてミルクチョコレートの甘味に覆われるようにオイルの優美でまろやかな香りとプラリネのナッツ香が広がります。油脂が多めで、粘りのある口溶け。喉の奥まで甘さが響き、アルガンオイルのヘーゼルナッツに似た香りが鼻に残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:余韻に甘い香り

セザム(Sesam)はカカオニブがトッピングされたボンボンショコラです。
商品説明によると「ゴマの芳醇な香りとショコラの奥深い味わいが調和されたショコラ。口の中が温まるような優しい味わいと、その余韻をお楽しみください」とのこと。
ドゥバイヨル;プラリネ ユイール
コーティングはミルクチョコレート、センターはプラリネです。舌の上で溶かすとすぐに胡麻の芳しくウッディーで乾いた香りが広がります。プラリネの苦味が際立ち、たまにミネラルのような旨味を感じます。上のアルガンと比べて、こちらの方がナッツ感が強く感じられます。余韻にフローラルな香り。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ナッツ感が際立つ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ドゥバイヨルは10年ほど前にハーブ系オイル入りの同じ名前のセットを作っていました。アルガンもその時あったと記憶しています。どうやら復活した模様。

お値段は2,916円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:時代が追いついた
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:プラリネ ユイール
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、アーモンド、カカオマス、ココアバター、全粉乳、植物油脂(アルガンオイル、ごま油)、脱脂粉乳、カカオニブ、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(二酸化チタン)
内容量:5個
原産国:ベルギー
輸入者:(株)片岡物産
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください