クラフトチョコレートマーケット

先の日曜日に、清澄白河で行われたクラフトチョコレートマーケット(CRAFT CHOCOLATE MARKET 2018)に行きました。こちらは、蔵前に店舗を構えるダンデライオンチョコレートが主催するもので、2018年1月27日から1月28日の二日間、清澄白河駅から徒歩6分、ザ フレミング ハウス(The Fleming House )での開催です。入場料は1000円で、前売り券には、ホットチョコレートやコーヒー等から選べるドリンクが付いています。

場所は、住宅街にある倉庫をリノベーションしたイベントスペースです。
クラフトチョコレートマーケット
ちなみに、お隣にあるケーキ屋さんもかなり気になる存在でした。

CRAFT CHOCOLATE MARKET 2018の看板です。メインビジュアルは、カカオ豆の中から現れたチョコレート。
クラフトチョコレートマーケット
開場10分過ぎに到着しましたが、大した行列ではなかったので、数分で入場できました。

しかし、中は大混雑。商品の前まで、なかなかたどり着けません。
クラフトチョコレートマーケット
一番混雑するタイミングに入場してしまったようです。そもそも在庫切れのブランドは、既に前日に売切れていたようなので、二日目にして朝一で行く必要はなかった。時間をずらすべきでした。

中目黒に店舗を構えるグリーンビーントゥーバーのテーブル。
クラフトチョコレートマーケット
こちらは、商品の説明もわかりやすく好感が持てました。試食をいただきましたが、とても美味しかったので、迷うことなく買いました。

開場して一時間を過ぎると、僅かながら人の間に隙間ができてきました。一番奥に、近寄りがたい一角があったのですが、そこにもなんとかたどり着きました。
クラフトチョコレートマーケット
商品の前には着きましたが、押し合いへし合いで試食できる雰囲気ではないし、商品が並べられていますが何が何だか。「手作り」感を特徴としている商品がこんな扱いになっているのは、いろいろと残念。まるで叩き売りです。

そもそも、このイベントはBean to Bar、手作りという点で横並びのブランドが出店しているので、それ以外の特徴を見出しながら購入することになるわけですが、どのブランドのブースもパッケージも実にわかりづらい。流行りの言葉でいうところの「デザインの敗北」という様相です。見ただけでわかるディスプレイをしているところは、極一部。対話で販売を促すスタイルは、この混雑と喧騒の中では困難です。ジャケ買いする客しか求めてないなら、話は別ですけどね。

各テーブルに試食がたくさんありましたが、こう多くて乱雑な雰囲気になると、インフルエンザが大流行する時期なだけに怖かった。入場料1000円取ってこの有様では、次はとても行く気になれないな。今年はサロン・デュ・ショコラの居心地良かっただけに、どうしても比べてしまいますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロンビア シエラネバダ
価格:1400円(税込、送料別) (2018/1/29時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください