ママノ;純アリバ70%

ママノ(MAMANO)は、東京の赤坂見附にブティックを構えるアリバ・カカオ豆だけを使ったチョコレート店です。

カカオ発祥の国エクアドルで、今でも大切に育てられているアリバカカオ。このカカオに偶然会っていなければ、僕は別の道を歩んでいました。
南米エクアドルの固有種であるアリバカカオは、カカオの原生種。他の国では栽培が不可能とされるため、たいへん希少なカカオでした。大自然の中、古来から伝わる自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオに魅了され、僕はショコラティエになり、東京・赤坂の世界一小さな工房でチョコレートを作ることを決めました。
カカオの原種=“カカオのお母さん(MAMA)”であるアリバカカオ。そして、現地で我が子のようにカカオを育てる“お母さんの手”に由来した「MAMANO」。保存料や添加物を一切使わず、一つ一つ心を込めて手づくりで生産するママノのオリジナルチョコレート。アリバカカオだけがもつフルーティで華やかな香りを、是非お楽しみください。そしてまた、お店にも遊びにいらしてください。ママノのチョコレートで、あなたの笑顔が花咲きますように!
ママノ代表ショコラティエ 江澤孝太朗
MAMANOの目指す”チョコレートの世界”

赤坂見附のブティックで、純アリバ70%を買いました。透明のフィルムに密閉されています。

袋の中には、薄い正方形のチョコレートバーが入っています。商品説明によると「南米エクアドルの固有種である“アリバカカオ”は、他の国では栽培が困難とされているため、たいへん希少なカカオです。さらにママノでは、自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオのみを使用し、赤坂の工房で1つ1つ丁寧にお作りしています。アリバカカオがもつ、フルーティーで華やかな香りをお楽しみください」とのこと。

マスカットを思わせる爽やかな酸味とジャスミンのような香り、苦味はごく控えめで明るいトーンの味です。程よい甘さと柔らかい口当たりに心が震えます。私はこれで、アリバ種がいかにおいしいかを知りました。今まで食べていたエクアドル産チョコレートは一体何だったのでしょう?

ワンシーズンにチョコレートバーだけで100種以上食べていますが、私が一番好んで食べているのはこのチョコレート。しかしいかんせん、この薄さと少なさ。このサイズのためにもう一押しできないのが残念です(※この春から大きなサイズのタブレットが発売されました)。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は120円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大きさがほしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:純アリバ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:スイートダークチョコレート(エクアドル産カカオマス、砂糖、エクアドル産カカオバター)
内容量:1枚
製造者:MAMANO(株式会社コータロー)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください