HCP 伝統カカオ保護基金

HCP

2008年に発表されたモタメイヤーらの研究  01)Juan C. Motamayor, Philippe Lachenaud, et al. (2008).  Geographic and genetic population differentiation of the amazonian chocolate tree (theobroma cacao L) は、アマゾンの限られた地域の試料による結果で、今後野生のカカオから新たな遺伝子型が発見されるだろうというのが多くの研究者の見解でした。

そして現実にカカオの分類の研究が進み、さらに多くの原種が発見されています。そこで、2011年、米国農務省(USDA)ファインチョコレート産業組合(The Fine Chocolate Industry Association)によって、カカオの優れた原種を識別して保護するための団体HCP(Heirloom Cacao Preservation Fund)が作られました。

HCP登録原種

HCPには、伝統カカオと呼ばれる希少な原種を保持する団体が登録されています 02)エアルーム・カカオについては、まだ和訳が定まっておらず、日本語サイトでは直訳的に遺跡カカオ、家宝カカオなどと訳され、未だばらつきがあります。このサイトでは、果菜園芸学において Heirloom の訳として使われる「伝統」を用いました

  1. Alto Beni, Bolivia
  2. Tranquilidad Estate, Bolivia
  3. Hacienda Limon, Los Rios, Ecuador
  4. Hawaii Agriculture Research Center
  5. Cooperativa Nueva Esperanza, Ecuador
  6. Terciopelo, Coto Brus, Costa Rica
  7. Maya Mountain Cacao Ltd. Farmer Network
  8. Municipios de La Dalia, El Cua, Nicaragua
  9. Piedra de Plata, Ecuador
  10. APOVINCES, Ecuador
  11. BFREE Demonstration Cacao Farm, Belize
  12. San Jose de Bocay, Nicaragua
  13. Pham Thanh Cong, Mekong Delta, Vietnam
  14. Tujikomboe Farmers Group, Tanzania
  15. Akesson’s Bejofo Estate, Madagascar

注釈   [ + ]

01. Juan C. Motamayor, Philippe Lachenaud, et al. (2008).  Geographic and genetic population differentiation of the amazonian chocolate tree (theobroma cacao L)
02. エアルーム・カカオについては、まだ和訳が定まっておらず、日本語サイトでは直訳的に遺跡カカオ、家宝カカオなどと訳され、未だばらつきがあります。このサイトでは、果菜園芸学において Heirloom の訳として使われる「伝統」を用いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください