【有料】偽りのナシオナル種

かつてエクアドルをカカオの生産で世界第三位にまで押し上げた、ナシオナル種という品種があります。ナシオナル種の独特のフレーバーは世界中のチョコレートファンシャーに愛好されたので、その希少性とも相まって起源にまつわる数多くの噂が生まれ、絶滅から復活したドラマと共に、それらはいつしか神話のようになってナシオナル種の宣伝に使われています。

ナシオナル種はフォラステロ種の派生種だとか、クリオロ種の一種だとか、カカオ第4の品種だとか、エクアドルにしかない品種だとか、古来のナシオナル種は本当は失われたとか、エクアドルの大地で育てないと特徴的な味が出ないとか。

さらに、様々なブランドのものをテイスティングしていると、ナシオナル種といっても色々な味があることに気が付きます。ペルー産ナシオナル種の商品にも出会います。

どうやらナシオナル種には数多くの謎がありそうです。ここで、一旦は絶滅したとまで言われたナシオナル種の歴史を振り返りながら、その謎を紐解きたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください