ドゥバイヨル;ボンボンショコラ4種

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

ドゥバイヨル銀座三越店でクリスタリンとボンボンショコラを買いました。ドゥバイヨル専用の黒いシックなバロタンにリボンを掛けてもらいました。

ドゥバイヨル;バロタン

ドゥバイヨル・ジャパンはグランドデザインを昨年のクリスマスから一新させたので、このバロタンに入れてもらえるのも、あとわずか。新しいものも楽しみですが、このクラシカルでありつつも可愛らしいデザインが好きだったので、名残惜しい気がします。

ドゥバイヨル;バロタン

ドゥバイヨルで購入すると、小さなリーフレットがついてきます。丁寧なイラストが美しい商品説明書は細部まで凝っていて、ここまで拘りのあるブランディングをしていることに、いつも驚かされます。

ドゥバイヨル;ボンボンショコラ4種
ドゥバイヨル;ボンボンショコラ4種

シャーロット(CHARLOTTE)です。商品説明によると「深煎りヘーゼルナッツのプラリネ入りビターチョコレート」です。糸巻きのイラストにドゥバイヨルの頭文字が意匠化されたイラストが描かれています。

ドゥバイヨル;シャーロット

お気に入りのひとつなんですが、結構久しぶりに食べました。強めのローストによって生み出されたナッツの旨味とまろやかさが、深く渋みのあるチョコレートと一体となっているのがとてもおいしい。プラリネをそれほど好んで食べない私でも、こればっかりは何度もリピートしてしまいます。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:味のバランスが絶妙

プティット・プランセス(PRTITE PRINCESS)です。商品説明によると「フランボワーズのパートドゥフリュイとガナッシュを重ねてビターチョコレートでコーティング」です。

ドゥバイヨル;プティット・プランセス

小さなお姫様という名前のボンボンショコラ。センターが二層に分かれていて、上層がガナッシュ、下層が甘酸っぱいフランボワーズのゼリーという組み合わせ。まろやかな香りのビターチョコレートで薄くコーティングしてあります。フランボワーズの香りを突出させるわけでもなく、チョコレートと生クリームの香りとうまくバランスを取って上品に使っているところが、まさに恥ずかしがり屋の幼いお姫様を連想して、頬が緩むのでした。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:つい微笑む味

ダンテル(DENTELLE)です。商品説明によると「アマレット風味のクリームをホワイトチョコレートでコーティング」です。

ドゥバイヨル; ダンテル

ホワイトチョコレートの型抜きボンボンショコラでセンターは杏仁の香りがするクリームです。杏仁の清涼感が生クリームと合わさると、なんでこんなにも魅惑の香りになるんでしょう。紅茶とあわせてどうぞ。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:和紅茶と合わせるのが好き

ジュリエット(JULIETTE)です。商品説明によると「口溶けの良いキャラメルをミルクチョコレートでコーティング」です。

ドゥバイヨル; ジュリエット

ミルクチョコレートのコーティングで、キャラメルの香りが詰まったミルクチョコレートのガナッシュを包みました。口に入れると、ミルクのまろやかな香りの後につい頬が緩みます。そして、ミルクの焦がし香が広がり、魅惑的な甘味が喉に落ちていきます。ドゥバイヨルの中では際立って甘いので、最後に食べると良さげ。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:お疲れ様の自分にどうぞ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください