ジャン=ポール・エヴァン;ボンボンショコラ4種

アーティスト ショコラティエと称される、ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)は18才でパティシエとしてのキャリアをスタートさせ、1988年、33才の時にパリに店舗を構えてブランドを確立しました。それから31年の月日を数え、今は世界のチョコレート界を照らす巨星とも言える存在です。

2019年バレンタインコレクションのテーマは愛の島

2019年、ジャン=ポール・エヴァンのバレンタインコレクションのテーマは Love Island 愛の島です。カルトデュタンドルやルーブル美術館所蔵ヴァトーの『シテール島の巡礼』にインスピレーションを得たとありました。

カルトデュタンドル(CarteDuTendre:恋愛地図)は、フランスの女流作家マドレーヌ・ド・スキュデリーが書いた『クレリー』(1654)に出てくるものです。地図中央下の「新しい友達」の街は川で分断され、左岸にも右岸にも愛を育む出来事を予感させる地名が見られます。

Carte de Tendre

そして、ヴァトーの『シテール島の巡礼』。シテール島とは愛の女神アフロディーテの生まれた土地として愛と快楽の伝説の島。ロココ時代の画家アントワーヌ・ヴァトーは、伴侶を求める独身者が良い伴侶と巡り会うことを願ってシテール島に巡礼する姿を描きました。

The Embarkation for Cythera, 1717, Louvre.

そして、こちらが2019年バレンタインコレクションのモチーフ、愛の島です。キューピッドやレダなど、ギリシア・ローマ神話の神々が描かれています。横笛を吹いているのはエンジェルかもしれません。幾重にも分岐する道を進み、小高い山や幾多の街を抜けて愛の城の頂きまで、あなたはたどり着けるでしょうか。

JEAN-PAUL HÉVIN St. Valentine 2019 Love Island

エヴァン氏が思い描く愛の島への旅をコレクションから感じ取る準備はできましたか?

新作を含むボンボンショコラ4種

銀座三越のジャン=ポール・エヴァンでボンボンショコラを買いました。2019年ヴァレンタインのコレクションも並んでいましたが、最近こちらのチョコレートを食べていなかったので、個々に選んでみようかなと。

セロファンの袋に入れていただきました。写真を撮りそこねましたが、細かな商品説明が書かれたリーフレットも付いてきました。

ジャン=ポール・エヴァン;ボンボンショコラ4種

左上から時計周りにウーマン、ケオップス、ピエモン、そして、今年の新作トゥール エッフェルです。

ジャン=ポール・エヴァン;ボンボンショコラ4種

ウーマン(WOMAN)です。商品説明によると「緑茶のガナッシュとベルガモット風味のパートダマンドの繊細は味の組合せ」です。

ジャン=ポール・エヴァン;ウーマン

センターは二層になっていて、上層が抹茶の香りのビターチョコレートガナッシュ下層がベルガモットのパートダマンドで、ビターチョコレートが薄くコーティングしてあります。珍しい組合せと思って好奇心を膨らませて買いましたが、これは想像以上に美味しかった。抹茶の旨味を伴うパウダリーなまろやかさにベルガモットの清涼感と奥行きが加わって、さらにチョコレートと合わさるのがこれほどまでに優美なものになるとはね。サクサクとしたアーモンドの歯応えがよけいに余韻を楽しませてくれます。
お値段は339円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:意外な組合せに好奇心が高まります

ケオップス(KEOP’S)です。商品説明によると「ピスタチオ風味のパートダマンドをビターチョコレートでコーティング」です。

ジャン=ポール・エヴァン;ケオップス

まず可愛らしい形にわくわくします。型抜きのビターチョコレートの中は、緑色をしたピスタチオのパートダマンドです。甘さは控えめで、ピスタチオの旨味がおいしい。シャキシャキとナッツの歯応えまで楽しませてくれます。
お値段は339円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:バリエーションの広さを感じる

ピエモン(PIEMONT)です。商品説明によると「イタリアピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネとビターチョコレート」です。

ジャン=ポール・エヴァン;ピエモン

最近こちらのチョコレートをあまり食べていなかったので、オーソドックスなものをひとつ。センターはヘーゼルナッツの旨味があふれんばかりに満ちたプラリネ。キャラメリゼも濃い。王道ど真ん中の味です。そりゃそうです。どこのブランドもこの味を目指しますから。
お値段は339円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:渋旨

今年の新作からひとつ、トゥール エッフェル(Tour Eiffel)です。商品説明によると「アクセントにバジルを加えたカシスのキャラメル」です。

ジャン=ポール・エヴァン;トゥール エッフェル

コーティングはビターチョコレート。センターはカシスの香りが詰まったキャラメルです。カシスは決して強すぎず、キャラメルとチョコレートの苦味を包むように香るミルクの味を見事な調和を保っています。後半に高まってくるバジルが素晴らしい効果を生み出すのが非常に面白い。一瞬トマトソースを食べているような気になったのが可笑しくて。それくらい旨味の強い味だと思っていただければ。表面に穴ができているのが気になります。
お値段は453円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:トマトソース並の旨味

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください