ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)は世界で愛され、同業パティシエ達からも畏敬される存在。その鬼才ぶりは、ウォーグ紙に”パティスリー界のピカソ”と称賛されました。
4代続くパティシエの家系に生まれ、14歳で修行を始めました。37歳の時に東京ホテルニューオータニ内に自身の名前を持つブランドショップを立ち上げたのを皮切りに、現在は世界中にブランドを展開しています。現在、国際的な菓子職人協会ルレ・デセール副会長をされています。

キャレ ショコラ アマンドの残りが少なくなったのに危機感を募らせ、日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラで、せめて他の種類をと買い足しました。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ シリーズ

キャレ ショコラ ノワール(CARRÉS DE CHOCOLAT BLOND)です。パッケージは紙製のスリーブ型で、ベージュと焦げ茶色のタイル模様を基調にしたものです。ブランド名と商品名が書かれたベージュ色のラベルが付いています。側面から覗く赤がよく映えます。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

内箱は赤く、透明のプラスチックカバーがついていました。実は撮影前にエアダスターでかなり粉を吹き飛ばしました。チョコレート同士が擦れあって白い線ができるほどに粉を散らしていました。同時に買った他のキャレも同じ有様だったのが残念です。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

中にはブランドマークが刻まれたキャレ(正方形のチョコレートバー)が30枚入っています。こちらも相当クリーニングしてから撮影しました。
商品説明によると「〈待望の新作キャレ!〉ダイレクトにカカオの醍醐味が味わえるシンプルな味わいながらも、エルメ氏の独創性が光る、隠れた人気商品『キャレ ショコラ』。こちらの『ブロン』は濃厚なキャラメルのような味わいが楽しめ」るとのこと。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

以前のと味が変わりました。前に食べた印象よりも甘く、ホワイトチョコレート寄りになった印象です。キャラメルのようなミルクの焦がし香がおいしい。単体で食べると甘みが喉にしみるほどなのですが、紅茶と合わせて食べるとキャラメル香が立ち上がって塩味がしっかり現れます。止められないなあ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,960円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:紅茶を淹れましょう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:キャレ ショコラ ブロン
種類別名称:チョコレート
原材料:ココアバター、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、ホエイバター、バニラエキス、乳化剤(大豆由来)
内容量:30個(120g)
販売者:ベーアッシュ パリ ジャポン(株)
加工所:(株)ウチダ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください