サタデイズチョコレート;インドネシア 70

サタデイズチョコレート(Saturdays Chocolate)は札幌市にあるビーントゥバーチョコレートのブランドです。シングルオリジンの豆を使って豆の特製に合わせて自社の焙煎機でローストし、カカオ豆とキビ砂糖をコンチングするだけでカカオ70%の本物のチョコレートを作っています。

北海道土産に、札幌駅の札幌ステラプレイス内にできたにできたスタンド形式のカフェ、サタデイズスタンドでタブレットを5種買ってきてもらいました。左から、ピュアシリーズのガーナ 70、インドネシア 70、トリニダード トバゴ 70、ウガンダ 72、そして、イマジンシリーズのトーゴ 72です。クラフトペーパーの質感がどれも面白い。メーカーの物づくりへのこだわりが随所に感じられます。

サタデイズチョコレート

ピュア・シリーズは「産地の異なる豆を純粋に楽しめるよう、チョコレートを作るために必要最低限な『カカオ豆』『きび砂糖』のみで仕上げ」ています。「豆の特徴に合わせて温度や時間を変えて焙煎することで、カカオ豆本来のココアフレーバーや豆の甘み、フルーティーな風味、個性を味わえる濃厚な」シリーズだそうです。

インドネシア 70(Indonesia 70)のパッケージは、布のような質感のある発色豊かなクロス紙です。

サタデイズチョコレート;インドネシア 70
サタデイズチョコレート;インドネシア 70

表面に凹凸があって、手にした時に温かみがあります。

サタデイズチョコレート;インドネシア 70
サタデイズチョコレート;インドネシア 70

中にはロゴ入りのモールドを使ったチョコレートバーが一枚。5×6ブロックになっている食べやすい形です。商品説明によると「黒糖や甘酒のようなやさしい甘みに、ヨーグルトやバナナのようなフルーティ酸味が特徴」とのこと。

サタデイズチョコレート;インドネシア 70
サタデイズチョコレート;インドネシア 70

口に運んだ瞬間、ヨーグルトや桃を思わせる香りが広がります。華やかで優しげな印象はここまで。奥歯で噛みしめると印象は一転して、プルーンのような力強い甘みと酸味が広がりました。ウォッシュ系のチーズと合わせて食べると相性がよさそう。
お値段は983円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆ ☆
甘味:☆☆
風味:☆☆ ☆ ☆
値段:☆☆☆
その他:香りの変化が面白い
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:インドネシア 70
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、含蜜糖(鹿児島県産)
内容量:65g
製造者:(株)天然生活
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【COCO Bean to bar(自家焙煎)チョコレート】
価格:1180円(税込、送料別) (2019/9/9時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください