フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル

フランク・ケストナー(Franck KESTENER) はお気に入りのブランドの一つなのですが、日本に店舗を構えていない上に通販がなく安定的に買えないことから、毎年バレンタインデーシーズンに集中的に買っています。サロン・デュ・ショコラ東京には古くから出店しているので、その構えがベテランの域に達しているところにも好感が持てます。

サロン・デュ・ショコラ東京2020(SDC)でフランク・ケストナー(Franck KESTENER)のレジェルテ・ミラベル(Légèreté mirabelle)を買いました。商品説明によると「ショコラをまとったタルト生地の中にクレームダマンドとミラベルのコンフィ。その上にムースを乗せました。仕上げのヌガティーヌでアーモンドとカカオニブの香ばしさを楽しめます」とのこと。

フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル
フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル

土台は表面にはアーモンドクランチの入ったチョコレートがコーティングのあるサクサクな食感のタルト。バターが香るタルトを食べ進めると中にはふっくらとした甘さのアーモンドクリーム、そしてミラベル(西洋スモモ)のコンポート。バターの味のふくらみ、アーモンドのフローラルな香り、ミラベルの軽やかな酸味、そして、チョコレートの味の奥行き、口の中の感覚が全方向に広がる贅沢な体験です。この土台だけでも十分な食べごたえ。
さらにさらに、タルトの上にはチョコレートのシブースト。タルトを食べた時のキャラメル香の正体はこちらです。きめ細やかなフォームがゼラチンの力でキープされています。
そして、最上段にはアーモンドとカカオニブのヌガティーヌがトッピングされています。本来ヌガティーヌだけでも主役になれそうな存在感です。カリカリとした歯ごたえが、口をさっぱりとさせてくれました。
リッチな味の積み重ねながら、様々な食感を楽しめるケーキです。

箱がかさばるので会場で食べてしまおうかと一瞬思ったけど、持ち帰って落ち着いたところで食べて正解でした。

お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:持ち帰りはくれぐれも慎重に
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名: レジェルテ・ミラベル
種類別名称:洋菓子
原材料:ミラベル、砂糖、バター、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、小麦粉、全卵、アーモンド、片栗粉、卵白、脱脂粉乳、カカオマス、カカオニブ、グレープシードオイル、グルコースシロップ、生クリーム、ゼラチン(豚由来)、香料
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください