岡嶋二人;チョコレートゲーム

チョコレートゲームは岡嶋二人(徳山諄一と井上泉)のサスペンス。

息子の非行行動に気付いた父親の不安。そして息子の通う中学校で起こる連続殺人事件。息子を信じながらも、疑いが頭をもたげる葛藤の中で、また殺人事件が起こります。

一度、この作品が発表されてすぐに読んでいます。
中学校という流行がめまぐるしく変わる世代で起こる事件をテーマにしているにも関わらず、今読んでも面白く感じるのは、父親の苦悩や周辺の人々の暖かい心など普遍なものを描いているからでしょう。

軽快な文体とテンポの良さは小説を読みなれていない人にもお勧めです。
しかし、作品中に出てくる電子機器の古さを感じずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です