日本チョコレート工業協同組合;デラックスミルクチョコレート

日本チョコレート工業協同組合は、共同出資による共同生産加工で原料チョコレートを製造し、組合のメーカーに安定供給をしています。メリーチョコレート、有楽製菓、ヨックモック、モロゾフ等が加盟しています。

その組合が毎年10月に販売するのが「デラックスミルクチョコレート」です。一般流通はなく、しかも小売は事務所窓口のみでの扱いなので行ってきましたよ、工場まで。

都営三田線志村三丁目駅から徒歩15分。
中山道沿いにガソリンスタンドが見えたあたりで、なんだか心揺れる香りがしたので迷うことはありませんでした(笑
日本チョコレート工業協同組合

事務所の玄関にはカカオの木のレプリカがありました。
日本チョコレート工業協同組合の玄関、カカオの木のレプリカ

玄関から2階の事務所に階段で上がって、無事にお目当てのものを購入。
おまけでデラックスミルクチョコレートの試供品の粒を3個いただきました。

デラックスミルクチョコレートは想像通りかなり大きく、ずっしりと重さもありました。
白を基調にしたロゴ入りの外袋に包まれています。
日本チョコレート工業協同組合 デラックスミルクチョコレート外袋

袋から出てきたのは外袋と同じくすっきりとしたデザインの箱。335×110ミリです。
大きさがわかるようにガーナの箱を並べてみました。
日本チョコレート工業協同組合 デラックスミルクチョコレート外装

この箱に隙間なくほぼ同じサイズのチョコレートが詰まっているわけです。その重さは350g。
日本チョコレート工業協同組合 デラックスミルクチョコレート
あまりの大きさに1列食べてもまったく減った気がしない迫力のチョコレートなのです。厚みもあり1ブロックでもチロルチョコレートくらいの食べ応えがあります。

しかし驚くべきは大きさじゃありません。
すごくおいしいの!

今まで食べたミルクチョコレートは何だったのって思ったくらいです。私、これがあるなら、スイスのブティックチョコレート買わなくていいわ。

口に入れると真っ先に飛び込んでくるのはクセのあるミルクの香り。焦がしたミルクの香りはとても芳醇で焼きチーズを思わせます。ハーシーのチョコレートとかにもある香りですが、もっとマイルド。元々チーズが大好きな私には堪えられない香りです。ただし、普段チョコレートを食べていない家族は、有楽製菓のハイミルクデラックスチョコレートの方が好みだそうなのでこれも好き嫌いが分かれるところかもしれません(確かに、あっちの方が癖がなくて食べやすいです)。

甘さも十分で、濃厚なミルクの香りの中にまるで塩味を思わせるような甘味が広がります。

トロトロした舌触りも非常に滑らかで素晴らしいです。

通販ではケース(30枚入り)売りで30,000円(送料込み)ですが、
都営三田線志村三丁目近くの工場まで行けば1枚(1,000円)ずつ買うことができます。
でも、1枚じゃなくもっと枚数買うんだったと後悔しています。

また買いに行きたいな。

総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆☆
その他:交通費を含めても安い
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:デラックスミルクチョコレート Deluxe Milk Chocolate
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量:350g
販売元:日本チョコレート工業協同組合
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コート・ドール・ミルクCote d’Or Lait

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です