ジュヴォー;ボンボンショコラ4種

ジュヴォー(JOUVAUD)はプロヴァンスで親子三代に渡るパティスリー(現オーナーはフレデリック・ジュヴォー(Frédéric Jouvaud)氏)です。広尾や玉川にカフェがあります。

ボンボンショコラは全てフランスからの直輸入品で、ショコラガイドブック「クロクール ドゥ ショコラ」で、4タブレットを得ているそうです。購入したのは左上から時計回りに、パレ・オー・レ、パレ・ヴァニーユ、ヌガーモンテ、もう一つは名前を控えなかったのが失敗、忘れました。パレはコイン状のという意味です。
ジュヴォーのボンボンショコラ

パレ・オー・ノワール(Palait Or Noir)は「シンプルだからこそわかるショコラへのこだわりビターチョコレート」と紹介されていました。
パレ・オ・レ
ちょんと控えめについた金箔が目印のビターチョコレートです。苦味、甘さは控えめでスッキリとしたフルーティーな酸味がおいしいチョコレートです。少しざらつきがあります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:カオオの味が好みです。

パレ・ヴァニーユ(Palait Vanille)は「マダガスカル産ブルボンバニラを舌で感じるガナッシュ。ジュヴォーショコラの代表作」ということです。
パレ・ヴァニーユ
金色にJと書かれたチョコレートです。食べる前から変わったバニラの香りが楽しめます。この香りは実に豊かですね。トップノートはフローラルでありながら温かさがあり、ラストノートは洋酒のようなまろやかさがあります。甘味の中から広がってくる華やかな香りに酔いしれます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:230円でこれはお買い得

ヌガーモンテ(Nougat Montet)は「アーモンドキャラメルヌガーにオレンジピールがアクセント」のチョコレート。
ヌガーモンテ
清涼感のあるビターチョコレートの中にはアーモンドキャラメルのヌガーが入っています。オレンジピールとキャラメルのがっしりした食感をチョコレートの苦味がまとめています。駄菓子っぽいんだけど癖になる美味しさが魅力です。オレンジピールの余計な苦味をキャラメルが包み込んでいるのが面白い。組み合わせが絶妙です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:普段オレンジピールを敬遠している人に食べてもらいたい

さて、最後に名前知らずのビターチョコレートです。
ジュヴォー
清涼感のあるビターチョコレートにオレンジピールと紅茶の香り。しっとりとしたガナッシュには柑橘類のピールの粒が入っていました。アールグレイかと思うのですがカタログによるとパレ・オ・テとは形が違う…。何だろう、これ。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:紅茶の香りが鮮明

ボンボンショコラはどれも1個230円でした。どれも満足のいく味ですが、中でもパレ・ヴァニーユはお勧めです。見た目に華やかさはありませんが、しっかりとした味は贈りものにも喜ばれる品質です。飾らない美味しさが気に入りました。

日本では珍しい本物のプロヴァンスの味♪ショコラムースとコーヒームースのケーキ!お歳暮 モ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です