グレゴリー・コレ;ミルフィーユ ジバラ

パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)は、神戸元町の人気パティスリーです。「『素材をストレートに生かすのが本物のフランス菓子』をモットーに、時には濃厚また時には鮮烈なアレンジの無いフランス菓子を作り続け」ているそうです。

夕暮れ時、大阪北新地でカフェに遭遇。スタッフさんたちが店前の飾り付けを仕舞っていたので、でもうすぐ閉店かしらと尋ねてみると、笑顔で「夜中の1時までお店開いています」と。商売熱心だなあ。
パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)北新地店
■グレゴリー・コレ 大阪北新地店
住所:〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1-6-2
電話:0120-882-807、06-6341-3778
営業時間: 11:00~翌1:00
定休日: 土曜日、日曜日、祝日

店内にはプティガトー、チョコレート、焼き菓子がたくさん並べられていました。チョコレートを使ったケーキが5、6種類あって、目移りします。ケーキはどれもかわいらしくて、3個くらい食べちゃいたい衝動に襲われましたが、宴会を控えてましたのでぐっと我慢。オーダーしたのはミルフィーユ ジバラ(millefeuille jivara)という、角が生えたチョコレート。「ヴァローナ社のジバララクテという最高級ミルクチョコレートをたっぷり使ったチョコレートケーキの芸術品」です。
パティスリー グレゴリー・コレ(Pâtisserie GRÉGORY COLLET)のミルフィーユ ジバラ(millefeuille jivara)
商品説明にあるとおりヴァローナの最高級品シリーズ、グランクリュ(Grand Crus)のシヴァラ・ラクテ(JIVARA RACTEE)を使用したミルフィーユです。シヴァラは、ヴァローナの説明によると「フォラステロ種のカカオ豆のブレンド。最高品質のカカオとミルクを使用し、絹のような滑らかさとキャラメルとバニラの風味が特徴です。モルトの香りとブラウンシュガーによって香ばしさもプラス。ほのかに漂う苦みがミルクチョコレートの甘さと程よく調和します。」というもの。
ミルフィーユ ジバラのトップに飾ってあるのはヘーゼルナッツ、その下にチョコレートクリームが絞ってあって、このケーキの主人公であるシヴァラ・ラクテの薄板が、先端に銀箔をあしらって、曲線を描いて立ち上がっています。シヴァラ・ラクテの下は優雅な曲線を描くチョコレートクリーム。そして、シヴァラ・ラクテを使った薄めのミルフィーユが土台となっています。ミルフィーユは、へーゼルナッツを粗く砕いたものがちりばめられて、ミルクチョコレートの甘味の中にナッツのの芳しさがアクセントになって効いています。薄さもあってクッキーのような食感です。甘さが抑えられている分チョコレートのおいしさが感じられます。たっぷりと絞られたクリームがもうおいしくって、おいしくって。
お値段は630円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:宴会のない日にまた行くわ

可愛いハート形の新作から、来栖けいさん絶賛の商品まで、ひとつひとつ丁寧に仕上げた、グレゴ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です