トブラ:トブラローネ ミルクとホワイト

本日は、スイスのマッターホルンをかたどったチョコレート。特徴的な三角柱のパッケージで有名なトブラローネ(TOBLERONE)のミルクとホワイトの紹介です。三角のチョコレートバーで、ギザギザの切れ込みが連なる山の様にみえます。

1868年、スイスのベルンにジャン・トブラー(Jean Tobler)がトブラー製菓店を開き、息子セオドア・トブラー(Theodor Tobler)と従兄弟で当時の製造責任者のエミール・バウマン(Emil Baumann)が1908年に今回紹介するトブラローネを生み出しました。そのヒントは、バウマンが旅行中に出会ったアーモンド、蜂蜜、砂糖で出来たホワイトヌガーだそうです。トブラローネの名前は、トブラー(Tobler)と蜂蜜とアーモンドのヌガーをイタリア語で意味するトローネ(Torrone)を組み合わせて作られ、その特別なレシピ、三角に尖った形、分かりやすいロゴで人気を博し、昨年で、実に100年の歴史を持つようになりました。1920年代には既に世界中で販売されていて、現在では110ヶ国を超えるという。世界中で販売されているトブラローネは全てスイスで製造されていて、使っているミルクはもちろんスイス製です。
1970年代になってから、スイスのもう一つの歴史的ブランド、スシャール社と合併を行い、その後いくつかの合併を繰り返して、現在は、クラフトフーヅ社(KRAFT FOODS INC.)の傘下で製造しています。

その歴史あるチョコレートをいただきます。上がオリジナルレシピのミルク、下がホワイトです。ホワイトは、1969年のブラックに引き続き、1970年に発売されました。
トブラローネ(TOBLERONE)のミルクとホワイト
よく見るとマッターホルンにクマが隠れているんですよ。わかるかな?

中にはギザギザ三角のチョコレートバーが入っています。裾野の部分に薄くTOBLERONEとロゴが入っています。
トブラローネ(TOBLERONE)のミルクとホワイト

ミルク(ハニー&アーモンド・キャンディー入りミルクチョコレート)はミルクチョコレートに、マッターホルンに積もる雪のように白いヌガーが入っています。
ミルクチョコレートの癖のないフレッシュなミルクの香りがおいしいです。チョコレートを食べた満足感を十分に味わえるほど甘く出来ていますが、ミルクが旨いからなのか、くどさを感じません。時々アーモンドチップがパキッと歯に当り、ヌガーは細かく散りばめられていて、チョコレートが溶けていく中で奥歯に少し残ります。
スーパーで126円でした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆☆
その他:100年の歴史を噛みしめてみた
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トブラローネ ミルク(ハニー&アーモンド・キャンディー入りミルクチョコレート) アーモンド1.6%使用
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、はちみつ、バターオイル、アーモンド、粉末卵白、レシチン(大豆由来)、香料
内容量:35g
一箱あたりのカロリー:184kcal
原産国:スイス
輸入者:マルチフッド・インターナショナル(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

トブラローネのホワイト(ハニー&アーモンド・キャンディー入りホワイトチョコレート)はスイスチョコレートの特長とも言うべき、癖のない上質なミルクの香りを楽しむにはもってこいのおいしさ。ミルクと同じく真っ白なヌガーとアーモンドが散りばめられています。とっても甘くて、喉に染みるほど。でも、ホワイトチョコレートがすっきりとしているからなのか、ミルクよりもこちらの方がハチミツの香りが鮮明です。
お値段はスーパーで124円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:全て雪で覆われたアルプス連峰ってところかしら
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トブラローネ ホワイト(ハニー&アーモンド・キャンディー入りホワイトチョコレート) アーモンド1.6%使用
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、全粉乳、ココアバター、はちみつ、アーモンド、粉末卵白、レシチン(大豆由来)、香料
内容量:35g
一箱あたりのカロリー:187kcal
原産国:スイス
輸入者:マルチフッド・インターナショナル(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

【スイスのおみやげ】 スイス トブラローネ チョコレートバー 6箱セット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です