クーベルチュール

クーベルチュール(Couverture)とは、もともとフランス語で「覆い」を意味する被覆加工用のチョコレートのことです。
ココアバターの含有量が高く、甘みは控えめで、ミルクなどを足しても負けないように、カカオの風味がたっぷりに作ってあります。

日本国内では、ココアバターを31%以上含むことが基本で、通常は35%以上の流動性の高いチョコレートをいいますが、国際規格では、総カカオ固形分35%以上、ココアバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、ココアバター以外の代用油脂は使用不可となっています。

巨大製菓メーカーは当然のようにクーベルチュールを作りますが、ショコラティエでクーベルチュールから手がけるところは稀です。通常はクーベルチュールメーカーが作ったものをアレンジしてボンボンショコラ等に加工しています(クーベルチュールは製菓用チョコレートを扱っているところで入手できます)。

有名どころのメーカーを挙げておきます。
DGFアメデイ(Amedei)アールスト(aalst)ヴァローナ(Valrhona)ヴェイス(Weiss)エルレイ(ELREY)オペラ(OPERA)カオカ(KAOKA)カカオバリー(CACAO BARRY)カルマ(Carma)カレボー(Callebaut)ドモーリ(DOMORI)ピュラトス(Puratos)フェルクリン(Felchlin)プラリュ(Pralus)ペック(PECQ)ベルコラーデ(Belcolade)ボナ(Bonnat)ミッシェル・クルイゼル(MICHEL CLUIZEL)ルノートル(LENÔTRE)大東カカオ不二製油明治製菓森永商事

ベルギー産クーベルチュールチョコレート Noir(ダーク)500g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です