ウブリエ;ペーヌ

芥川製菓のファクトリーアウトレットで購入した粒チョコレートです。大量に買ったので、芥川製菓の商品がまだまだ、続きます。
金色に輝くウブリエ(OBLIER)のシールとリボンにドングリが愛らしく添えられた包装です。バレンタインデー商品だったのでしょう。控えめな色でハートがいっぱいです。
ウブリエ、ペーヌ
中には12個のボンボンショコラが輝いています。いくつか重複しているものもありますが、色々な形なのが楽しい。
ウブリエ、ペーヌ
7種類を一つずついただきます。

アーモンドは、黄色の花がプリントされたミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのアーモンド
センターはアーモンドクリームです。ミルクチョコレートのナッツ感が強く、甘みもあるので、アーモンドの芳しさが埋もれてしまっています。気温が高くなってきたからか、芥川製菓のミルクチョコレートの味の濃さが、やけにくどく感じます。

フィアンティーヌミルクは斜めに線が入った正方形のミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのフィアンティーヌミルク
ミルクの香りが広がるミルクチョコレートにフィアンティーヌのパリパリとした食感が楽しめます。ミルクチョコレートの甘みは上のアーモンドよりずいぶん抑えてあり、カカオのナッツ感とミルクの香りがバランスよく広がります。これはおいしいわ。

フィアンティーヌスィートはトップにカカオニブの粒を散らした正方形のミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのフィアンティーヌスィート
スイートと名前がつくだけあって、フィアンティーヌミルクより甘さが全面に出てきます。その分、カカオのナッツ感も薄まって、ロースト感が強調されています。いわゆる駄菓子チョコレートの味。ねっとりと絡みつく砂糖の甘さをフィアンティーヌのパリパリした食感がぬぐってくれるのが救いです。

これも名前はアーモンド。宝石のようにカットされた面をもつミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのアーモンド
最初のアーモンドと比べて、コーティングに厚みがある分ミルクチョコレートの味が強く感じられます。コーティングのミルクチョコレートの甘みがやや抑えてあるからでしょう、先のよりも甘さが粘りません。アーモンドペーストがわずかに広がると、チョコレートの隙間から力強いアーモンドの香りが漂ってきます。

粗挽きコーヒーは菱形のミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌの粗挽きコーヒー
中もミルクチョコレートのガナシュです。食べ始めは普通にミルクチョコレートで、コーヒーの香りはありません。ガナッシュに粗挽きしたコーヒー豆が入っていて、食べるとシャリシャリと歯に当ります。そして、ふんわりとやさしくコーヒーが香るのです。辺に強いコーヒーの香りを入れられるよりは、この控えめな加え方は、好印象。

オレンジはオレンジピールがトッピングされたミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのオレンジ
オレンジの風味が柔らかく漂うガナッシュです。ミルクチョコレートの強いナッツ感がオレンジの香りに包まれて、とても食べやすくなりました。オレンジの香りには温州みかんのような甘めの雰囲気があり、芥川製菓製の重めのミルクチョコレートの風味に合っています。

最後にコーヒー。Chocolat とプリントされたミルクチョコレートです。
ウブリエ、ペーヌのコーヒー
コーヒーリキュールのような、甘いコーヒーの香りが素早く広がります。香りは強く、チョコレートと一体となって、強いローストしたナッツの風味を楽しめます。甘さが後を引きます。

アウトレットセールで300円。
希望小売価格は1000円。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:全部ミルクチョコレートなので、途中で飽きました
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ウブリエ L-34 ペーヌ(B)
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、植物油脂、全粉乳、アーモンドペースト、乳糖、ヘーゼルナッツペースト、小麦粉、カカオニブ、コーヒー、オレンジ果汁、脱脂粉乳、オレンジ果汁粉末、ぶどう糖、果糖ぶどう糖液糖、バターオイル、ショートニング、レモン粉末、バター、モルトエキス、小麦繊維、食塩、乳化剤、香料、グリセリン、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、着色料(二酸化チタン、黄4、黄5、アナトー)、酸化防止剤(亜硫酸Na)、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量:12個入り
販売元:(株)ウブリエ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

チョコ好きの方に是非お試し頂きたいブリスです。アメリカ・ハーシー ブリスミルクチョコレート…

ウブリエ;ペーヌ」への2件のフィードバック

  1. きりん

    まだ続くのかぁ~(^_^.)すごいねぇ~!!!
    バレンタインのチョコレートって、たぶんどこでも、
    沢山余っているはずよね。どうしているのだろう?!

  2. lovechoco

    これが、まだまだあるんですよ。

    バレンタインデー、ホワイトデー、母の日、父の日と繰り返して
    チョコレートのプレゼントものを見かけますが、
    それでもずいぶんとチョコレートが廃棄されているんでしょうね。

    ああ、もったいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です