ラデュレ;トリュフ・ド・シアン

羽田空港第一ターミナルでラデュレ(LADURÉE)キャロス店を見かけました。ミントグリーンの淡いトーンがかわいらしい馬車の形です。福岡便の出発間際だってのに、立ち寄らずにはいられませんでした。
ラデュレ 羽田空港キャロス店

マカロンが有名なラディレですが、買ったのはトリュフ・ド・シアンです。シアン(chien)はフランス語で犬のこと。箱に描かれているのは、美川憲一の流し目のような表情をしている白黒のワンコです。ボストン・テリアかなと思ったのですが、バイド(白地に黒柄)のブルドッグです。ラデュレのホームページのカタログで「ブルドッグの箱」とありました。
ラデュレ;トリュフ・ド・シアン

夜、到着地のホテルで箱を開いてびっくりというか、がっかり。
ラデュレ;トリュフ・ド・シアン
無残な姿のトリュフが現れました。決して安くないチョコレートなのに、なんでしょうこのヒドイ包装は。白と茶色のかわいらしいトリュフのはずがココアパウダーが飛び散って、さんざんなことに。
羽田空港で売っているくらいだから、客としては持ち運びに強いパッケージを期待するのは当然じゃないかと思うんだけど。箱には中のチョコレートが動かないようにフィルムがついているのですが、それがきっちりと閉じられていないのが原因でしょうか。製品管理のレベルまでフランスから直輸入しないでと落胆してしまいました。

ココアパウダーで汚れた、ココナッツのトリュフ。今まで見たトリュフの中でも一際、小さい。
ラデュレ;トリュフ・ド・シアン
表面はココナッツを細かく刻んだものに包まれた、とても繊細なホワイトチョコレートガナッシュのトリュフです。ココナッツのシャキシャキした繊維質な食感と生クリームを固めたような優しくてまろやかな甘みのガナッシュのコントラストが愉快です。

親指くらいのサイズのブラックトリュフ。
トリュフ・ド・シアン
ココアパウダーの苦味がシャープに効いて、余韻の豊かなカカオがすばらしく美味いトリュフです。小粒なこともあって、口に入れるとサッと溶けてしまいます。その一瞬のきらめきが、とてもおいしくて感動します。

お値段は6個入りで1930円。
総合点:☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆
その他:味には満足でも、お土産にはなりません
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ラデュレ;トリュフ・ド・シアン
種類別名称:準チョコレート
原材料:砂糖、生クリーム、カカオマス、ココアバター、ココナッツ、ココナッツピュレ、バター、ココアパウダー、全粉乳、バニラビーンズ、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:37.5g
原産国:フランス
輸入者:ラデュレ ジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

【LADUREE/ラデュレ】トートバッグ マカロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です