カカオロマンス;ボンボンショコラ2種

福岡市中央区の浄水通りに本店を構えるカカオロマンス(Cacao Romance)の姉妹店ショコラ・ミュゼ(Musée de Chocolat)は、天神駅地下街につながるファッションビル、イムズに入っています。

前回に引き続きショコラ・ミュゼで買ったボンボンショコラを紹介します。
左がキャピタル・オレンジ、右がグリヨットです。
カカオロマンスのボンボンショコラ

キャピタルオレンジはパウダーシュガーがまぶされたトリュフです。
カカオロマンスの
これも、ミントキュールと同じく2層構造になっています。ビターチョコレートのガナッシュとホワイトチョコレートのガナッシュを包んだ、半円のチョコレートが組み合わさって出来ています。
一口で食べると始めはパウダーシュガーの甘さとコーティングのカカオの苦味があって、その後に洋酒の香りがじわじわと広がります。ミントキュールに比べて、ロウソクの香りにも似た、ややくすんだ風味があります。
お値段は180円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:口一杯に幸せの味

グリヨットは丸いくぼみのあるビターチョコレート。
カカオロマンスの
グリヨットはフランスでよく作られている酸味のあるサクランボの一種。これを浸してキルシュ酒が作られます。だから、前回紹介したスピリッツととても似た風味ですが、こちらはグッとお酒が控えめ。ビターチョコレートの風味を引き立てる程度に使われています。
お値段は180円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:スピリッツのほうが好みです

【焼酎トリュフ】壱岐焼酎の旨みと最高級チョコが絡み合います!贅沢な一粒で至福のひと時を・…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です