タカノ;コーティングストロベリー

今年私がバレンタインデーのプレゼントに選んだのは、フルーツ専門店のタカノ(TAKANO)がバレンタインデー商品として期間限定発売したコーティングストロベリーです。私がこんなにチョコレートを食べているのに、ウチの家族はチョコレートに見向きもしないので、フルーツたっぷりなチョコレートにしてみました。

外装はフルーツ色満載のオレンジ色に、タカノのロゴが入っただけのシンプルなものです。正面に斜めに切り込みが入って箱の内側の色をアクセントにすると共に箱を空けやすくしています。
タカノ;コーティングストロベリー

箱を開くと3個のイチゴが顔を出します。瑞々しいイチゴがとてもおいしそうでです。
商品説明は「フレッシュな苺をパータグラッセでコーティング。苺のさわやかな酸味とイヴォワール、ブリュンの程よい甘みが絶妙のバランスです。季節限定のフルーティーデザート」となっています。
タカノ;コーティングストロベリー
新鮮なイチゴの香りが一瞬で部屋中を満たしました。ピカピカに光る苺にビターチョコレートとホワイトチョコレートがコーティングしてあります。実食しておりませんので、味のレポートはなし。家族の感想は「ウマイ!」の一言です。

タカノの商品説明がやたら難しいので、専門用語を解説しておきます。
パータグラッセ(Pâte glacer)とはヤシ油を混ぜて作業性を良くしたコーティング用チョコレートの種類です。カカオ分が少ないのでカカオの風味や口溶けはチョコレートより劣ります。風味を補うためにチョコレートを加えることもあります。
タカノのコーティングストロベリーはホワイトチョコレートをイヴォワール(ivoire)、ダークチョコレートをブリュン(brune)と書いてありますので、おそらくカカオバリー社(CACAO BARRY)のパータグラッセを使っているのでしょう。この商品は、融点が37℃とココアバター(32~35℃)と比べると僅かに高いのが特徴です。その分、湿度や温度差などの環境の変化に強くてブルーイング(チョコレートが白く濁る現象)が起こりにくくなり、品質管理が楽になるという利点があります。

お値段は1,260円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:フルーツ好きな方にオススメ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:コーティングストロベリー
内容量:3個
販売元:(株)新宿高野
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

【バレンタインデー】京橋千疋屋ショコラ・フレーズ6個入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です