アメデイ;ポルチェラーナ

バレンタインデーも終わり、のんびりと過ごす休日に最高の贅沢として高品質クーベルチュールを味わいます。本日のチョコレートはアメデイ(AMEDEI)のポルチェラーナ(PORCELANA)です。

ベネズエラ産のクリオロ種、ポルチェラーナは収穫量が年間3000キロととても貴少なカカオで作られるため、各タブレットには裏面にシリアルナンバーが入っています。年間2万枚の限定生産で、私が購入したのはNo.08536でした。パッケージの左下にある赤紫色のラベルはチョコレートアカデミー(AC:Academy of Chocolate)の世界チョコレートアワードで最優秀ダークチョコレートの金賞に輝いた証です。しかも、この栄誉は4年連続の快挙。おいしさは保証済みです。
アメデイ;ポルチェラーナ
先日ドモーリのトークショーで同じ銘柄を頂いたばかりですし、その差も興味深いところです。

丁寧な包装で密封されています。公式サイトから商品説明をから引用します。「名前は豆の色に由来し、その貴重さと世界に類を見ないこのチョコレートの繊細さを表しています。ポルチェラーナは”クリオロ”種のカカオで、遺伝学上まさに純粋なカカオ、全てのカカオの父と言えます。実りの少ないとりわけデリケートな木から生まれるチョコレートですが、インパクトのあるアロマ、まろやかさ、その風味と優しさは驚くべきものです。」
アメデイ;ポルチェラーナ
食べ始めにカシューナッツの香りがあり、次いでベリーのような酸味が爽やかな苦味に乗ってきます。何かが突出するわけでもなく、とてもやさしい味です。口当たりが良くて、なめらか。余韻は長く、バニラの香りが上品に飾られています。味のバランスの良さが何よりも印象的なチョコレートです。

チュアオもそうでしたが、このポルチェラーナもドモーリのとは全く別物のような表情をしています。ドモーリのポルチェラーナは醗酵が深いのか、もっとナッツやバナナを思わせるクリーミーなアロマが苦味よりも前に出てきます。

どちらも素晴らしい味であることに変わりはありませんが、同じ品種名の銘柄でも、醗酵過程や味作りの方向性が異なると、チョコレートになったときにはまったく別の顔を見せるということなんでしょうね。とても面白いことです。

お値段は1,900円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:タブレットのチャンピオンです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ポルチェラーナ(50gバー)カカオ含有70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ
内容量:50g
原産国:イタリア
輸入者:日欧商事(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

【Choco】キャレ18枚セットシェフが厳選したヴァローナ社のおいしい一口板チョコ。シンプルだか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です