トゥット・ベーネ;フィガロ

トゥット・ベーネ(tutto bene)は、薔薇のチョコレートが人気の銀座にブティックを構えるメサージュ・ド・ローズ(Message de Rose)が展開するブタさんがモチーフのブランドです。

イタリアではブタのことをポルタフォルトゥーナ(Porta Fortuna:幸せを運ぶ)と呼ぶそうです。「すべてうまくいくよ!」という意味のトゥット・ベーネは、ブタのジュエリットのキャラクターをベースに、フランス・ヴェイス社(WEISS)やオペラ社(Opera)の厳選された材料で作ったチョコレートで幸せを運びます。

フィガロ(Figaro)は黒にピンクの帯がアクセントのスタイリッシュな箱です。写真ではわかり難いにですが、ブタのイラストが描かれています。

箱の質感がとても良くて、手帳の表紙のような高級感があります。

お肉屋さんや焼肉店で見かけるようなブタの部位のイラストつきです。4種類のチョコレートでパーツができているのがわかります。

中身はこのとおり。意外に脂肪の少ないブタさんですよ。プレゼントされたら、ちょっと笑いますよね。

では4種類のチョコレートをいただきます。

コンチェルト(オペラ社製、ホワイトチョコ)は「ミルクの香り豊かでなめらか、ホワイトが際立つ高品質なクーベルチュール」です。
すっきりとした香りのホワイトチョコレートです。新鮮なミルクの香りが甘く広がります。口溶けもやさしくて、なめらかです。

ミルク(ヴェイス社製、カカオ37%ミルクチョコレート)は「マダガスカル産とエクアドル産カカオ豆の香り高いカカオに、牛乳と生クリームをブレンド」です。
ローストの深いカカオを使っています。さらに、ミルクの焦がし香が全体の香りに深みを与えています。口溶けがなめらかで、喉にたまるような甘さがありますが、ローストの苦味がさっぱりさせています。

ノワドノワ(ヴェイス社製、カカオ55%スウィートチョコレート)は「ヴェネズエラ産とエクアドル産のカカオ豆をブレンド。甘さをおさえ、カカオ豆の香りが豊か」です。
食べ始めにハチミツのような甘い香りが鼻をかすめます。ナッツ香が特徴的なチョコレートで、ロースト感も高く感じます。甘すぎなくて、くどくなく、食べやすい味です。

エベンヌ(ヴェイス社製、カカオ72%エクストラビターチョコレート)はコートジボワール産とトリニダッド島産のカカオ豆をブレンド、酸味が少なくカカオの香りが漂う力強い苦み」です。
酸味が控えめで落ち着いた苦味があります。余韻に温かみのあるフローラルな香りがします。やや粉っぽい口溶けです。率直な感想としては、味に色気がないなあと。

お値段は1,890円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:幸せになったよ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:フィガロ TB3
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、バターオイル、香料、乳化剤、(原材料の一部に大豆、乳成分を含む)
内容量:11個
販売元:(株)メサージュ・ド・ローズM1
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
6種類の味が存分楽しめる贅沢な男の焼酎ボンボン酒職人ギルド 焼酎チョコレートボンボン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください