夢菓子工房ププリエ;ボンボンショコラ5種

埼玉県のパティスリー夢菓子工房ププリエの北本店でボンボンショコラを買いました。

上段左からアールグレイ、テ・ヴェール、フーユ、下段左からマカサー、バーボンです。

夢菓子工房ププリエ;ボンボンショコラ5種
夢菓子工房ププリエ;ボンボンショコラ5種

アールグレイは網目模様が入ったコーティングがビターチョコレーのボンボンショコラです。

夢菓子工房ププリエ;アールグレイ
夢菓子工房ププリエ;アールグレイ

センターは二層になっていて、上はアールグレイが香るガナッシュ、下は柑橘の酸味があるゼリーです。ベルガモットかと思いましたが、あまり確認しないまま食べてしまいました。とてもバランスのよい味。一個目にして正解。ビターチョコレートの苦味が心地よく響きます。初めてのパティスリーでしたが、一個目がこれだと俄然期待してしまう。
お値段は194円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:まさかの二層構造

テ・ヴェールはドーム型のビターチョコレート。緑色に色付けされています。

夢菓子工房ププリエ;テ・ヴェール
夢菓子工房ププリエ;テ・ヴェール

センターは二層になっていて、上が抹茶のクリーム、下がミルクチョコレートのガナッシュです。暗めの外観に反して割った時の彩りが美しかったので、断面を撮影できなかったのが残念です。シェルのビターチョコレートの苦味が全体をまとめてスッキリとした味わいに仕上げています。余韻に抹茶が長く香ります。
お値段は216円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:まさかの二層でした

フーユは葉っぱの形をしたビターチョコレート。

夢菓子工房ププリエ;フーユ
夢菓子工房ププリエ;フーユ

センターはキャラメルクリームで粗目に砕いたナッツが入っています。とても柔らかく、口に含むと軽く溶けていきました。塩入りのキャラメルにビターチョコレートの香りが合わさって焦がし香が漂うのがおいしい。この手の味は濃厚に甘く作るお店も多いけれど、こちらは幾分甘さが控えめにしてあるので私は食べやすかった。奥歯に当たるナッツの繊維感が口をさっぱりとさせてくれます。見た目が型抜きでクラシカルな印象を与えるので、味のギャップに軽く驚きます。
お値段は189円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:味のバランスが好き

マカサーは三角柱のボンボンショコラ。コーティングはミルクチョコレートでビターチョコレートの線で模様が入っています。

夢菓子工房ププリエ;マカサー
夢菓子工房ププリエ;マカサー

センターは緑色。ピスタチオのクリームです。口に入れると舌の上でなめらかに溶けていきます。ミルクチョコレートにピスタチオの清涼感がよく合っておいしい。隠し味に塩が入っていそう。ミルクチョコレートに味の奥行きを感じます。とても食べやすい味で余韻も長く続きます。
マカサーっていうとヴィトンのバッグを思い出しますが、黒壇の意味だそうです。確かに、茶色地に黒のラインが入っているのは黒檀の模様にそっくり。
お値段は189円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:これお気に入り

バーボンは斜めに筋模様が入ったボンボンショコラ。コーティングはビターチョコレートです。

夢菓子工房ププリエ;バーボン
夢菓子工房ププリエ;バーボン

一際大きなボンボンショコラ。まずはそれだけでうれしい。センターはバーボンが香るビターチョコレートのガナッシュです。オークの焦がし香に甘さを控えたビターチョコレートが実においしい。口の中いっぱいに広がる優美な香りがたまりません。しかも、食べているとシャリシャリと軽い歯ごたえ。ガナッシュに軽く粉糖をまぶしてからコーティングしているのかも。大きくて渋くて男性的な印象のボンボンショコラですが、とても細やかな技が光っています。
お値段は194円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:口いっぱいにおいしいを詰め込めます

正直、まったく期待していませんでした。

夢菓子工房ププリエ

そもそもパティスリーのチョコレートは好みから外れることが多いし、駅前の本当に小さなお菓子屋さんと言った風情でしたし。店内のディスプレイはどう見てもケーキがメイン。チョコはショーウィンドウから出されて、単にトレイに乗せてラップしてありましたからね。

買って大正解でした。 さすがスイーツ激戦区埼玉県です。レベルが高い。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

ル ショコラ ドゥ アッシュ(LE CHOCOLAT DE H)は、世界的に知られる日本人パティシエ・ショコラティエである辻口 博啓氏のブランド。C.C.C.では2013年から6年連続ゴールドタブレット(金賞)、2013年には外国人部門最優秀ショコラティエ賞、2017年に外国人部門最優秀賞受賞。インターナショナル・チョコレート・アワードでは2015~2017年3年連続金・銀・銅賞受賞と輝かしい実績を誇ります。今年はドキュメンタリー映画も話題になりました。

サロン・デュ・ショコラでノザワナ ワサビ(NOZAWANA WASABI)を買いました。サイン入りのパッケージはグレイッシュな缶ケースで、紙の帯が付いています。パッケージの帯に使われている写真はフォトグラファー石川寛氏によるもの。味を視覚で訴えるアートワークです。ショコラティエのプロダクトアート、ここ数年特に目立ってきています。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

缶の中には茶色のブランドロゴ入りの密閉袋に入ったチョコレートと商品説明が書かれたリーフレットが入っています。黒いポリ製のトレイがあるので輸送にも強そう。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

密閉袋の中には、7段のブロックでできたチョコレートバーが入っています。商品説明によると「〈独創的です菜〉フリーズドライした野沢菜のチップ、ワサビをまぶしたグリーンピース、サクサクのあられを混ぜ込んだダークタブレット。日本の昔ながらの素材とチョコレートの意外な組み合わせの妙が楽しめる一枚」とのこと。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

裏面です。蕎麦のクリスプが入っているので、ゴツゴツとしています。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

緑が鮮やかだったので、断面写真も。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

クリスプの入ったビターチョコレートはザクザクとした歯ごたえがあり、口当たりが軽くて食べやすい。深いローストのチョコレートの苦味に青野菜の香り。塩のミネラル感で味にアクセントが生まれます。てっきりワサビが効いているんだろうと思っていたのにすっかり肩透かし。野沢菜もそれほど。どちらかというとグリーンピースと梅の存在感の方がわかりやすかった。
お値段は1,951円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ワサビはそれほど
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:NOZAWANA WASABI
種類別名称:タブレットショコラ
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター、グリーンピース、もち米、うるち米、野沢菜、澱粉、食用油脂、小麦粉、水あめ、食塩、醤油、寒梅粉ミックス、生姜、わさび粉末、バニラエキス、調味料(アミノ酸等)、香料、環状オリゴ糖、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、着色料(黄4、青1)、L-グルタミン酸Na
内容量:70g
製造者:(株)フォルテシモ アッシュ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

トライバルカカオ;タブレット4種

トライバルカカオ(Tribal Cacao)は千葉県柏市にあるビーントゥバーを扱うショコレートショップです。ダンデライオンで修行された職人さんが開いたお店だと伺いました。

パッケージはアンデスの織物を連想させる腰のある厚物クラフト紙で、チョコレート別に色分けされたラベルが貼られています。左から、トリニダード・トバゴ (カカオ70%)、ドミニカ (カカオ72%)、ハイチ (カカオ72%)、マダガスカルグリーン(カカオ70%)です。

トライバルカカオ;タブレット4種
トライバルカカオ;タブレット4種

外装は厚手で腰のある包み紙ですが、さらに内側に厚紙が入っているので割れにくく運搬性がありそうです。チョコレートは金色のアルミ箔に包まれています。

トリニダード・トバゴ (カカオ70%)は黒いラベルがついています。

トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)
トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)

商品説明によると「※こちらはマニア向けです。ブルーチーズ系の発酵臭が強めです。トリニダード・トバゴ(Trinidad Tobago)産のカカオ豆を使用。カカオ分70%。オレンジの皮、ブルーチーズ、赤ワインのタンニン。それ以外にも多様な味わいが口いっぱいに広がります。驚くほどスパイシーですが上品な不思議なチョコレートに仕上げました。おすすめのペアリング:マンデリンなど強めのコーヒー、赤ワイン」とのこと。

トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)

米印を付けて注意喚起するくらいマニア向けのお味とは、一体どんなもの?一口目でなるほどなと思わせる癖の強さ。深いローストに、フルーティーな酸味と力強いタンニンの渋み、そして、ブルーチーズとの例えはなるほどと頷くしかない発酵臭があります。んー、これは珍味の域に達していますねえ。確かに、注意書きは必要。ブルーチーズだろうがくさやだろうが大徳寺納豆だろうが平気なくらい食の嗜好が広めな人でもないと、最初にこれに当たると厳しい。しかし、これくらい味の濃いチョコレートならブルーチーズと相性がよいのでクラッカーにのせておツマミにしたら案外パクパクいけちゃうし、むしろハマりがちだと思います。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:これは珍味の域
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トリニダード・トバゴ (カカオ70%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:トリニダード・トバゴ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ドミニカ (カカオ72%)は赤いラベルがついています。

トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。ドミニカ(Dominica)産のカカオ豆を使用。カカオ分72%。力強いカカオ感とハチミツの甘味、酸味とチョコレートらしいチョコレートです。おすすめの飲み合わせ:コーヒー、紅茶、ウィスキーとの相性が抜群」とのこと。

トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)

深いローストからくる苦味にサクランボのような酸味。食べ進めるに従って酸が際立ち、同時にピーナッツのような旨みと渋みが立ち上がります。これだけ味が力強いとマショマロと焼いてスモアにしたくなる。商品説明にはチョコレートらしいチョコレートとありましたが、他の店ならこれだって十分に個性的。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:フルーティーな酸味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドミニカ (カカオ72%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:ドミニカ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ハイチ (カカオ72%)は青いラベルがついています。

トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。ハイチ(Haiti)産のカカオ豆を使用。カカオ分72%。柔らかな印象の甘味と軽い乳酸風味があります。ヨーグルトに桃を入れたような味わいです。最初から最後まで味の奥行と優しい甘さが楽しめる1枚です。Pairing:軽い焙煎度のコーヒー、ミルクティー、ブランデー」とのこと。

トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)

この中で最もやさしいお味。桃のような軽く爽やかな酸味にまろやかな甘味が広がります。これはハイカカオをあまり口にしていない人にも良さそう。こくのある苦味を楽しみながらも、軽い酸味が楽しめるバランスの良い味です。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:最初の一枚はこれがおすすめ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ハイチ (カカオ72%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:ハイチ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

マダガスカルグリーン(カカオ70%)は緑のラベルがついています。

トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)
トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。マダガスカル(Madagascar)産のカカオ豆を使用。カカオ分70%。赤い色のラベルとは農園が違います。こちらは自然派農法で育てたものでとても滋味に溢れる仕上がりとなっています。抹茶やバナナのような奥深い苦みとうまみ。ナッツで作ったカスタードクリームのような良質な油の味が楽しめます。おすすめの飲み合わせ:ニカラグア系のコーヒー、ミルクティー」とのこと。

トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)
トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)

これも相当にマニアックなお味。最初、ラベルを間違えたのかと思ったくらいにマダガスカル産カカオによくあるフルーティーな酸味が感じられず、あれれと混乱させられました。よくよく味わうと熟したバナナのような酸味と甘味。それ以上に特徴的なのは旨みを伴う渋味。まるで煎茶や栗の渋皮を思わせます。暗い苦味や渋味の中から滲み出る旨みをとことん追求したい気持ちが伝わってきます。余韻は長いのですが、渋いので口の中がぱさぱさに乾きます。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:決して嫌いじゃない
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:マダガスカルグリーン(カカオ70%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:マダガスカル
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

オーボンヴュータン;ボンボンショコラ2種

オーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)は東京、世田谷区尾山台にある老舗パティスリー。日本におけるフランス伝統菓子の第一人者、河田勝彦氏のお店です。

オーボンヴュータンの店内はフランス菓子のミュージアムと言ってもおかしくないほどに、あらゆるお菓子が並んでいます。中でもチョコレートはチョコレート専門店を凌ぐ程の品揃え。ショコラ詰合せ29個入りを5種類ずつ、その1その2その3その4その5と5記事に分けて紹介してきましたが、当時オーボンヴュータンで扱っていたボンボンショコラ28種類のうち含まれていなかった分を追加して紹介します。

左がノワ、右がアブリコ アニスです。

オーボンヴュータン;ボンボンショコラ2種

ノワ(Noix)はクルミの形をしたボンボンショコラです。商品説明によると「クルミ入り蜂蜜のガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;ノワ

ビターチョコレートとミルクチョコレートが半々になったクルミ型のシェルの中には、蜂蜜のフルーティーな甘みの広がるガナッシュと丸ごとのクルミが入っています。大きなボンボンショコラは一口で食べるのも大変なほどですが、口溶けはとても滑らかです。シェルに使われたチョコレートに含まれるバニラが先行して香り、センターのガナッシュの甘みとクルミの旨みが合わさります。クルミの乾いた食感がよいアクセントになって、甘さをさらに引き立てます。大きさの割に意外とさっぱりとした余韻なのは、クルミの効果でしょう。シェルの半分だけミルクチョコレートを使っているところに、オーボンヴュータンの味のバランスが見て取れます。
お値段は240円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:口いっぱいの美味しさが楽しめます

アブリコ アニス(Abricot Anis)はミルクチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、表面が波打っているような模様です。商品説明によると「アプリコットのパートドフリュイとアニスのガナッシュ」とのこと。

オーボンヴュータン;ボンボンショコラ2種

かなり大きめのボンボンショコラです。センターは二層になっていて、上がアプリコットのゼリー、下がアニスの香りが詰まったミルクチョコレートのガナッシュです。口に含むとミルクチョコレートの香りに追従してすぐアニスの香りが広がります。歯で軽く噛むとチョコレートとゼリーが程よく混ざり合い、なめらかに溶けていく感触を楽しめます。アプリコットの優しい酸味と優美に広がるアニスのフローラルな香り。余韻にアニスの香りが長く続きます。
お値段は200円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:アニスの優美な香りに酔いしれる

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ