フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その2

フランス、リヨンにブティックを構えるフランソワ・ジメネーズ(François Gimenez)は、2015年M.O.F.のファイナリストに選出されて以降、知名度がさらに上昇中。日本とフランスの若きショコラティエたちが修業を積みたい店としてショコラ通の間では知られた存在なんだそうです。サロン・デュ・ショコラ日本は今年初めての出店です。

ショコラ アソートは茶色のチョコレートカラーをベースに赤紫のブランドロゴが入った正方形の紙箱です。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
商品説明によると「カカオの風味がしっかりと感じられ、ふくよかな味わいが広がるショコラ。素材の掛け合わせは遊び心も満点。独自性のある自家製のプラリネは高く評価されてい」るそうです。

中にはぎっしりと16種類のボンボンショコラが詰まっています。最上段左からシトロン、パレ・オー、キャラメル、プラリネ・カネル、二段目左からプラリネ・オランジュ、フランボワーズ、プラリネ・ココ、オランジュ、三段目左からシトロン・アニス、プラリネ・フィユティーヌ、テ、ココ、最下段左からプラリネ・セザム、マント、パッション、アマンドです。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
量が多いので、4記事に分けて紹介しています。前回の最上段に引き続き、今回は二段目のプラリネ・オランジュ、フランボワーズ、プラリネ・ココ、オランジュです。

プラリネ・オランジュはミルクチョコレートでコーティングしたボンボンショコラで、四つの点が入っています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その2
センターはオレンジ風味アーモンドプラリネ。ミルクチョコレートとアーモンドの芳しい脂の香りにオレンジの清涼感が響きます。アーモンド脂質とミルクの香りが濃厚だからなのか、オレンジの香りが甘すぎるように感じました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ブラックコーヒーが飲みたくなります

フランボワーズはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、斜めに数筋のラインが薄く入っています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その2
甘酸っぱいフランボワーズと苦味のしっかりしたビターチョコレートの組み合わせ。酸味は控え目です。コーティングに厚みがあり、口当たりが固く感じました。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:フランボワーズが控えめです

プラリネ・ココはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、ココナッツパウダーで飾られています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その2
センターは口溶けが滑らかなココナッツとアーモンドのプラリネ。芳しいアーモンドの香りとミルクチョコレートが合わさり、極めて濃厚。ココナッツのシャキシャキとした歯ごたえが、口をさっぱりさせてくれます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ココナッツが入ってなお濃厚

オランジュはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、一角にミルクチョコレートで細いラインが入っています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その2
センターはオレンジ風味ガナッシュです。苦味の効いたコーティングのチョコレートに甘めのオレンジの香りがよく合います。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:食べやすい味

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,916円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:この品質でこの価格はうれしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコラ アソート
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:アーモンドプラリネ(アーモンド、砂糖)、ミルクチョコレート(全粉乳、砂糖、ココアバター、カカオ豆、バニラビーンズ)、生クリーム、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、バター、ゴマプラリネ(ゴマ、砂糖)、オレンジ風味チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター、バニラビーンズ)、転化糖、ココアバター、ホワイトチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ)、デュルセイチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳)、フルーツピューレ(ココナッツ、パッションフルーツ、フランボワーズ、砂糖)、アーモンド、オレンジコンフィ(オレンジ、砂糖、ぶどう糖)、フィユティーヌ(小麦粉、砂糖、乳脂肪、乳糖、乳たんぱく質、食塩、麦芽糖)、ココナッツ、ミント、リキュール、カカオマス、シナモン、レモン、紅茶、食塩、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料、着色料(金箔)
内容量:16個
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【フレデリック・カッセル】ショコラアソート10個入り
価格:3456円(税込、送料別) (2017/9/2時点)

フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1

フランス、リヨンにブティックを構えるフランソワ・ジメネーズ(François Gimenez)は、2015年M.O.F.のファイナリストに選出されて以降、知名度がさらに上昇中。日本とフランスの若きショコラティエたちが修業を積みたい店としてショコラ通の間では知られた存在なんだそうです。サロン・デュ・ショコラ日本は今年初めての出店です。

ショコラ アソートは茶色のチョコレートカラーをベースに赤紫のブランドロゴが入った正方形の紙箱です。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1

中にはぎっしりと16種類のボンボンショコラが詰まっています。最上段左からシトロン、パレ・オー、キャラメル、プラリネ・カネル、二段目左からプラリネ・オランジュ、フランボワーズ、プラリネ・ココ、オランジュ、三段目左からシトロン・アニス、プラリネ・フィユティーヌ、テ、ココ、最下段左からプラリネ・セザム、マント、パッション、アマンドです。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
量が多いので、4記事に分けて紹介します。今回は、最上段のシトロン、パレ・オー、キャラメル、プラリネ・カネルです。

シトロンはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、八つの点で円が描かれています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
クリアな苦味とレモンの爽やかな風味が効いています。コーティングの厚みは普通。口溶けも滑らかです。初めてのブランドは一口目が緊張しますが、印象が良くてホッとしました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:こういうの好き

パレ・オーはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、金箔で飾られています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
プレーンのガナッシュです。フルーティーな香りのガナッシュでクリアな苦味が心地よい。口溶けがとても滑らかです。コーヒーに添えて楽しみたい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーのお供に

キャラメルはビターチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、金色に輝く塩の粒で飾られています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
センターはキャラメル風味ガナッシュ。しっかりと苦味が効いたチョコレートに焦がしたミルクのまろやかな香りが広がります。トッピングされた塩粒が味にアクセントを加えるのがおいしい。チョコレートの苦味にパンチがあるので、ややキャラメルの風味が負けている気がしました。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆
その他:金色の塩がよい味を出しています

プラリネ・カネルはミルクチョコレートでコーティングされたボンボンショコラで、一筋のラインが入っています。
フランソワ・ジメネーズ;ショコラ アソート その1
センターはシナモン風味アーモンドプラリネです。ザクザクとした歯応えでアーモンドの苦味とシナモンの清涼感がうまく混ざり合います。実に濃厚。コーヒー好きにお勧めしたい味です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:濃厚な脂質がおいしい

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,916円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:この品質でこの価格はうれしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコラ アソート
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:アーモンドプラリネ(アーモンド、砂糖)、ミルクチョコレート(全粉乳、砂糖、ココアバター、カカオ豆、バニラビーンズ)、生クリーム、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、バター、ゴマプラリネ(ゴマ、砂糖)、オレンジ風味チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター、バニラビーンズ)、転化糖、ココアバター、ホワイトチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ)、デュルセイチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳)、フルーツピューレ(ココナッツ、パッションフルーツ、フランボワーズ、砂糖)、アーモンド、オレンジコンフィ(オレンジ、砂糖、ぶどう糖)、フィユティーヌ(小麦粉、砂糖、乳脂肪、乳糖、乳たんぱく質、食塩、麦芽糖)、ココナッツ、ミント、リキュール、カカオマス、シナモン、レモン、紅茶、食塩、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料、着色料(金箔)
内容量:16個
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【チョコレート】クリオロ・ビジュセット
価格:1890円(税込、送料別) (2017/9/2時点)

タイチロウ モリナガ;アブリ

キャラメルや、マシュマロ。西洋のお菓子がまだ日本になかった頃、それらを初めて口にした日本人はとても驚いたそうです。そのハッとする「新体験」を人々に届けたのが、森永太一郎氏。そのDNAを引き継ぎ、いわばお菓子を超える「をかし」な体験を、チョコレートでもしていただきたいと誕生したのがタイチロウ モリナガ(TAICHIRO MORINAGA)です。

サロン・デュ・ショコラのイートインコーナーには森永製菓ファンサイトエンゼルPLUSが主催した未来のチョコレートアイディアコンテストの応募作の一部が掲示されていました。サロン・デュ・ショコラ2017

そして、その中の優秀作品がタイチロウ モリナガのブースで現実の物になって展示されていました。
花猫416さんのアイディア「良薬は口にうまし」です。
良薬は口に苦し

ひろむさんのアイディア「スイートスイッチ」です。
スイートスイッチ

1899年に創業した森永製菓の創業者、森永太一郎氏の名前を冠したチョコレートブランド。森永は、日本で初めて、1918年にカカオ豆から一貫製造によるチョコレートを発売。以来、創意工夫を重ね、技術を磨き上げ、なめらかな口どけや豊かな風味をもつ、日本人好みのチョコレートを作り続けてきました。

アブリ(ABURI)です。パッケージはオレンジ色と茶色の二色に分かれた紙製の箱。ブランドマークの森永太一郎の似顔絵が描かれています。森永独自のベイクドチョコレート技術を進化させたABURI。炙ることで引き出される複雑で繊細な風味が魅力なんだそうです。
タイチロウ モリナガ;アブリ

中には4種類の大降りな粒チョコレートが入っています。左上から時計回りに、キャラメル、酒粕、ジャンドゥーヤ、餡です。
タイチロウ モリナガ;アブリ

キャラメルです。商品説明によると「森永のキャラメルを使用したガナッシュに醤油を加えたショコラでコーティング。コクのある大人のキャラメル味にしあげ」たそうです。
大きめのボンボンショコラです。一口かじると森永キャラメルの味がしてとても懐かしく思いました。焦がしたミルクの香りがおいしい。ほんのりと日本酒の香りがします。コーティングを軽く炙ってあるので口の中で溶かすと固い表面だけが残るのが面白い。後味にえぐみとも思える収斂感があったのは、醤油が入っているからなんですね。
タイチロウ モリナガ;アブリ
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:懐かしい味がしました

酒粕です。商品説明によると「純米大吟醸の酒粕と、本みりんでガナッシュを仕上げ、ホワイトでコーティング。芳醇で新しい和のテイスト」だそうです。
タイチロウ モリナガ;アブリ
見た目はんぺんですが、食べる前から酒粕の香りが漂ってきます。口に入れるとなんだか懐かしい味。この味どこかで食べたなと味の記憶をあれこれ探ってみるけれど思い出せない。粕漬けの焼き魚が好きなので、その記憶かな。私はホワイトチョコレートがあまり好きではありませんが、これはおいしくいただきました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:粕漬け

ジャンドゥーヤです。商品説明によると「ヨーロッパ産のヘーゼルナッツに、本みりんを加えたジャンドゥーヤガナッシュ。醤油を加えたチョコでコーティングし、香ばしさとコクを引き出し」たそうです。
タイチロウ モリナガ;アブリ
最初にヘーゼルナッツの渋み。ジョンドゥーヤの味に違和感を感じましたが、醤油が混ぜ込んであるせいでした。みりんと醤油が入っているので旨味が残ります。余韻にチョコレートとは異なるふくらみのある香りがあるのも、調味料の効果でしょう。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:調味料が良い方向に効いているかは微妙

餡です。商品説明によると「銀座空也五代目・山口氏監修の餡と厳選チョコレートをマリアージュさせホワイトでコーティング。ほうじ茶の香りで仕上げた贅沢な一品」だそうです。
タイチロウ モリナガ;アブリ
センターに餡が入っていますが、見た目ガナッシュなので視覚的に混乱し味がわからなくなりました。そこで、わざわざ部分的に餡だけ舐めてカカオの味がしないことを確認する始末。確かに餡です(笑)生クリームと酒粕の風味を加えると、餡もかなり深みのある味になるものですね。最初に食べればよかったな。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:餡でした

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,512円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:意外にお酒が入っています
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ABURI
種類別名称:①②準チョコレート菓子、③④菓子
原材料:①キャラメル:砂糖、カカオマス、キャラメルソース、植物油脂、ココアバター、みりん、還元パラチノース、生クリーム、全粉乳、脱脂粉乳、ココアパウダー、粉末しょうゆ(小麦、大豆を含む)、乳化剤、香料、②ジャンドゥーヤ:ヘーゼルナッツペースト、みりん、ヘーゼルナッツ加工品、砂糖、植物油脂、還元パラチノース、ココアバター、カカオマス、全粉乳、脱脂粉乳、生クリーム、ココアパウダー、粉末しょうゆ(小麦、大豆を含む)、乳化剤、香料、③酒粕:ココアバター、砂糖、みりん、酒粕パウダー、生クリーム、脱脂粉乳、植物油脂、全粉乳、還元パラチノース、乳化剤(大豆由来)、香料、④餡:砂糖、加糖あん、ココアバター、みりん、植物油脂、カカオマス、酒粕パウダー、還元パラチノース、全粉乳、脱脂粉乳、生クリーム、ほうじ茶パウダー、乳化剤(大豆由来)
内容量:4個
販売者:森永製菓(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森永 ベイクフォンダンショコラ 10粒入×10個[ボール販売]
価格:1782円(税込、送料別) (2017/2/14時点)

ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション

ル ショコラ ドゥ アッシュ(LE CHOCOLAT DE H)はショコラティエ辻口博啓のブランドです。2016年のC.C.C.で4年連続の金賞受賞という金字塔を打ち立て、ICA 2015年、2016年チョコレートバー部門でも、2年連続で金賞を受賞。しました。

2016年度C.C.C.で4年連続の最高位である金賞を受賞

C.C.C.出品作のコンセプトとして磨き上げたのは「発酵と発酵のマリアージュ」。長きにわたり発酵の研究をしているマルコメ株式会社の全面協力のもと、カカオパルプを糀とともに発酵させるという全く新しい試みをしました。今までになかった深みのある味わいのボンボンショコラを作り上げ、見事に自身のめざす「美味」、世界が納得する「美味」を完成させました。味噌や納豆、米糀。日本が誇る発酵食品が新たな命をショコラの中で芽吹かせているような革新的なショコラの数々

C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION 4個入は、緑色の皮革を模した豪華な化粧箱です。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション

中には、4種類のボンボンショコラが入っています。それぞれのボンボンショコラには番号が振られていてわかりやすい。この凛とした佇まいが素敵です。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション
それぞれのチョコレートの説明書も美しく丁寧に作られていて、食べる前から緊張と喜びでゾクゾクします。これだけ説明を書いてもらえると、たとえ味覚が鈍くても、辻口シェフの作る世界感だけは受け取れそうな気になります。親切ですよね。

No.1はエクアドルへのオマージュ。8個の点が円形に並んだ印の入ったビターチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「エクアドルの震災が私の心を大きく揺さぶった。 エクアドルの方々にささげるショコラとして全てエクアドルのカカオを使用し作製した。 カカオパルプを米糀で発酵させ、ふくよかで重厚な素材へと昇華させたのだ。 米糀発酵のカカオパルプを使いローストしていないエクアドルのカカオ分70%のガナッシュと、華やかなエスメラウダのカカオ分60%のガナッシュで2層のボンボンショコラを作」ったそうです。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション
ねっとりとした噛み応え。舌の上でゆっくりと溶け、口の中が上質な苦味で満たされます。フローラルな香りの後に続いて優雅な酸味が広がります。断面を見てみると二種類のガナッシュ。時間差で味の変化が楽しめる贅沢なボンボンショコラです。やや舌にざらつきが残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:二種類のガナッシュとはなんて贅沢

No.2は9年みそとシークワーサー。斜めにラインが入ったビターチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「日本の食にかかせない“みそ”を9年間熟成・発酵させた深みのある素材とし、カカオ分41%のショコラ オ レを合わせました。そしてもう一層は沖縄のシークワーサーとエクアドル産アリバ・ナシオナル種50%のショコラ オ レを合わせました。シークワーサーのもつレモンとカボスを合わせた独特の酸味が、発酵と発酵のマリアージュによって開花された、重厚な味噌ガナッシュの層との調和を表現」しているそうです。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション
味が次々に変化していく不思議なボンボンショコラです。柑橘の酸味、みその旨み、フローラルな香り、上質なカカオの香り、優雅で柔らかなひとつひとつの味の煌きが次々に現れて消えていくのを、ただ感じるだけしかできません。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:旨みが印象的

No.3は納豆と島とうがらし。片隅にピンク色の点がついたミルクチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「日本における発酵食品として、もっとも親しみのある素材“納豆”をショコラプラリネとして作り上げました。納豆の持つ口の中で広がる独特の食感を、自家製プラリネノワゼットと、マダガスカルのカカオクリオロの持つ深く華やかな味わいと酸味をもったカカオ分51%のショコラレを合わせ、 そこに沖縄産島とうがらしをアクセントに加えることで、作品の完成度をさらに高めることができました。唯一無二のオリジナルショコラプラリネ」だそうです。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション
サクサクとした小気味よい歯応えの後に、ねっとりとした食感。これはまさしく納豆の粘り気。ナッツやミルクの香りと混ざり合い、まろやかな旨みを楽しんでいると微かに唐辛子の刺激。ドライ納豆が長く大豆の香りを放つので、余韻の長さは当代髄一。納豆が実においしくて素晴らしいんだけど、それにしたって、これをC.C.C.に持って行くのがすごい。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:奥歯に詰まる

No.4は桜とライチ。ひし形でピンク色のパウダーが振り掛けられたビターチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「桜の香りを1粒のボンボンショコラにと思い、幾度となく繰り返した旅の中でライチと出会いました。 下の層にライチ果汁とカカオ分75%ペルー産ショコラ ノワールでガナッシュを作りました。 センター部分にライチのパートドフリュイをしのばせ、上の層には桜の葉のエキスと米糀で発酵させたカカオパルプを、 その素材に生クリームを加えピュレ状にしたものに、カカオ分39%のショコラ オ レを合わせたガナッシュをサンドしました。 3層がおりなす、オリエンタルな発酵の調和を楽しんでいただきたい」そうです。
ル ショコラ ドゥ アッシュ;C.C.C. ショコラ レボリューション
最初にかすかに塩が効いてチョコレートの優雅な苦味を強調します。桜の葉の香りとライチのフルーティーな香り。ジュレの食感が面白い。やさしく、可愛らしい印象。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ひなまつりにどうぞ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は1,910円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:食べるのに緊張したけれど、ともかく、おいしかった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、カカオバター、生クリーム、ヘーゼルナッツ、バター、全粉乳、転化糖、水飴、還元水飴、納豆、シークワサー、みぞ、ライチ、カカオピューレ、米、米糀、リキュール、桜の葉、果実酒、桜の花、島唐辛子、塩、バニラエッセンス、トレハロース、ゲル化剤(ペクチン)、クエン酸、香料、着色料(赤102、黄4)、乳化剤、(原材料の一部に大豆、リンゴ、小麦を含む)
内容量:4粒
販売者:(株)フォルテシモ アッシュ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

資生堂パーラー ガナシュ21個入東京銀座
価格:1782円(税込、送料別) (2017/8/9時点)