アメリカのチョコレート」タグアーカイブ

マストブラザーズ;ダーク

マストブラザーズ(Mast Brothers Chocolate)は、ニューヨークに工房とブティックを構え、兄弟であるリック・マスト(Rick Mast)氏とマイケル・マスト(Michael Mast)氏が、カカオ豆の選別から製品までを手掛けたチョコレートを作っています。二人がビーントゥバーを手がけ始めたのが2006年のこと。洗練されたデザインのパッケージに包まれたハイカカオチョコレートが話題になりました。今日本でブームになっているいわゆるクラフト・チョコレートの先駆けが、このブランドです。

ダークチョコレートです。厚みのあるクロフトペーパーで茶色をベースに黒の不定形な班が入った、犬等の毛色で言えばレッド・ブリンドル(赤虎毛)と呼ばれるものです。
マストブラザーズ;ダーク

中には、金色の包み紙の中に包まれて、シンプルな4×7のブロックのモールドで成形されたブラックチョコートが入っています。商品説明によると「マストブラザーズのシグニチャーダークチョコレート。果実味ある、深い甘みが特徴」だそうです。
マストブラザーズ;ダーク
爽やかな味です。フローラルな香りに続く明るいフルーティーな酸味がとても印象的。そこに上質な苦味が続きます。すっきりとした後味も魅力のひとつです。ダイエット中なんだけど、甘い物が欲しいなんて時の一欠片にちょうどよいかもしれません。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆
その他:果実感のあるクリアな酸味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ダーク
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、甘藷糖
内容量:70g
原産国:アメリカ
輸入者:(株)ウェルカム
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

ラーカ;バーボンカスクエイジド

ラーカ(Raaka Chocolate)はN.Y.ブルックリン生まれのBean to Barブランドです。カカオの焙煎温度を低温に抑えてカカオの美味しさを引き出すローチョコレートで注目されています。健康志向の方にはとくにおすすめしたいチョコレート。

バーボンカスクエイジド(Bourbon cask-aged)はグレーを基調に赤のアクセントカラーが効いた紙製のパッケージ。左上にGOOD FOOD awards受賞の印があります。
ラーカ;バーボンカスクエイジド
中には外紙と同じ複雑な模様が入ったビターチョコレートバーが入っています。商品説明によると「バーボンウイスキーを作る古い樽にカカオニブを入れ、約4週間香りづけして作ったタブレット。香りはバーボンですが、ノンアルコールという不思議さ。動物性原料も使用してい」ないということです。
ラーカ;バーボンカスクエイジド
甘さを極力抑えたチョコレートです。口の中でゆっくりと溶かすと、深い苦味と果実のような酸味に加え、バーボンのような燻製香が広がります。ややザラザラとした口溶けで、奥歯にカカオニブの噛みごたえを感じます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は1,501円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大人味
nღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:バーボンカスクエイジド
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、キビ糖、メイプル糖、カカオバター
内容量:51g
原産国:アメリカ
輸入者:ケイ エフ エス(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

マヤナ チョコレート;スパイスバー

アメリカ合衆国ウィスコンシン州にあるマヤナ チョコレート(mayana chocolate)は、ハースコービック夫妻(Daniel and Tamara Herskovic)によって設立されました。可能な限り地元の食材を使い、厳選された天然素材のみを使った手作りチョコレートを提供しています。

スパイスバー(Mayan Spice Bar)です。紙製のパッケージはポップな色調がおしゃれです。

中には美しい模様の入ったチョコレートバーが入っています。

断面です。底のほうにチップスが入っているので、とても切り分けしにくいです。上にダークチョコレートのガナッシュ、真ん中が塩キャラメル、下にトルティーヤクランチが入っています。

1センチほどの厚さに切ったものを食べました。トルティーヤのクランチの歯応えが強烈です。胡椒のハードな刺激も加わって、口の中がピリピリします。決して、嫌な刺激ではありません。むしろ病みつきになります。ダークチョコレートの上品な苦味、まろやかで後を引く甘いキャラメル、トルティーヤチップスの刺激それぞれが、絶妙なバランスで混ざり合います。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:組み合わせが絶妙
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:マヤナ チョコレート スパイスバー
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:ココアバター、カカオマス、砂糖、バター、蜂蜜、コーンシロップ、トルティーヤチップ(小麦を含む)、香辛料(チリペッパー、シナモン、カイエンペッパー)、ピーナッツバター、バニラビーンズ、塩、乳化剤(大豆由来)
内容量:100g
原産国:アメリカ合衆国
輸入者:(有)メルカート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ザ・ティールーム;ピニャ コラーダ ミルクチョコレート

ザ・ティールーム(The TeaRoom Chocolate & Tea Company)は非遺伝子組み換え、グルテンフリー、フェアトレードの食材&カシュルート(ユダヤ教の食物の清浄規定)を掲げているブランドです。

ピニャ コラーダ ミルクチョコレート(Pina Colada Milk Chocolate Bar)のパッケージは紙製で、黄色を基調にトロピカルなイメージのデザインです。中央にラム酒、パイナップルジュースココナッツミルクのカクテル、ピニャ・コラーダのイラストが描かれています。
ザ・ティールーム;ピニャコラーダ ミルクチョコレート

商品説明によると「カリフォルニアでUSDA有機認定を取得したオーガニックチョコレートです。1枚に約1杯分のティーを含んでいる新感覚ティーブレンドチョコレートです。オーガニックにこだわったパイナップルとココナッツを使用したカクテル『ピニャ・コラーダ』の風味が 南国リゾートを思わせる味わいのミルクチョコレート」だそうです。
2013年ベストショコラティエ賞を受賞とのことですが、どこの賞?調べてみると、SAN FRANCISCO INTERNATIONAL CHOCOLATE SALONというイベントらしい。
むむむ、ピニャコラーダってカクテルの名前ですよね?なのに、チョコレートに一杯分のティーが入っていて、しかも、原材料にお茶の気配ゼロ。謎だらけの商品説明です。
ザ・ティールーム;ピニャコラーダ ミルクチョコレート
アルコールの風味はありません。キャラメルのような焦がし香のあるミルクチョコレートで、食べはじめにパイナップルの香り、舌の上で溶け始めるとココナッツの香りが続きます。
食べてみても、ピニャコラーダの謎が解けなかったので、公式サイトを読んでみたら、どうやらピニャコラーダというフルーツティーを入れているみたい。
お値段は486円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:謎めいているというか何というか
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ピニャ コラーダ ミルクチョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:有機サトウキビ、有機全粉乳、有機カカオバター、有機カカオマス、有機バナナチップ、有機ローズヒップ、有機パイナップル、有機キャロブ、有機マンゴー、有機アップル、有機オレンジピール、香料、乳化剤(大豆由来)
内容量:51g
原産国:アメリカ合衆国
輸入者:日本緑茶センター(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ