アルノー・ラエール」タグアーカイブ

伊勢丹;セレクション ショコラ レ その3

伊勢丹サロン・デュ・ショコラのセレクション ショコラ レ(Sélection chocolat Lait)は、世界的な職人が作ったミルクチョコレートベースのボンボンショコラのセレクションボックスです。

ベージュ色のやさしいトーンの外箱で、白の皮のリボンが掛けられています。

その1その2に引き続き、本日は残りの4種類、ユーゴ&ヴィクトールのプラリネアマンド、フィレデリック・カッセルはセザム、アルノー・ラエールのフォリー、アンリ・ルルーのジャヌーを紹介します。

ユーゴ&ヴィクトールのプラリネアマンドは「ミルクチョコレートのアーモンドプラリネ」です。

ザクザクと粗く砕いたアーモンドの食感があるプラリネです。大き目のチョコレートなので食べ応えも充分。まろやかなアーモンドの香りとややナッツの香りのあるミルクチョコレートの組み合わせ。アーモンドのクランチはキャラメリゼしてあるようで、ややロースト香があって歯応えもあり、それが良いアクセントになっています。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:平たい形がザクザクした食感をより楽しませてくれます

フィレデリック・カッセルのセザムは「炒ったゴマの香ばしさとナッツの食感がアクセントになったプラリネショコラ」です。

表面にゴマがトッピングされているので分かりやすい。プラリネにゴマの風味が加わり、香ばしさが増しました。アーモンドの深くローストされた濃い香りにゴマの軽さが調和しています。ゴマをトッピングに使っているので、後味にゴマの風味が残っておいしいです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:トッピングが効いています

アルノー・ラエールのフォリーは「キャラメル入りのヘーゼルナッツプラリネ」です。

ヘーゼルナッツのプラリネで、塩味たっぷりなキャラメルのクランチが混ぜ込んであります。これが一番ガリガリとした食感。しかも塩っぱいのに驚く。歯応えと後味に残る塩味がとても印象的。塩っておいしいね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:食べ終わって唇を舐めたら塩味がしました

アンリ・ルルーのジャヌーは「ミルクチョコレートにキャラメリゼしたアーモンドとヘーゼルナッツを加えたプラリネ」です。

とてもベーシックなプラリネ。キャラメリゼしたナッツを細かく砕いたのが入っていて、サクサクとした軽い食感をもたらします。ナッツのまろやかな風味が詰っています。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:最後に食べたのは失敗

セレクションボックスは、色々なブランドのチョコレートをいっぺんに食べられるのが、やはりうれしい。同じプラリネのミルクチョコレートでも、作り手が変わるとそれぞれなのも面白いです。
お値段は3990円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:正直、プラリネが続いて飽きました
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セレクション ショコラ レ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオペースト、カカオマス、砂糖、バター、全粉乳、カカオ豆、ココアバター、クリーム、脱脂粉乳、全脂粉乳、バナナピューレ、パッションフルーツピュ-レ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、水あめ、オレンジ、いちじく、納豆、はちみつ、白ごま、転化糖、ショ糖、ぶどう糖、デキストリン、麦芽エキス、バニラエキス、食塩、バニラ、香料、乳化剤(レシチン:大豆由来)、酸化防止剤(アスコルビン酸)、酸味料、香料、着色料(黄4、赤3、赤色40号、青1、青2、赤色102号、酸化チタン、金粉)
内容量:10個
原産国:フランス、日本
販売元:(株)センチュリートレーディングカンパニーKC
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

サロン・デュ・ショコラ2011 アルノー・ラエール トークショー&デモンストレーション

1月28日、アルノー・ラエール(Arnaud Larher)のトークショー&デモンストレーションがありました。タイトルは「棒つきマシュマロ ~おいしいおやつを召し上がれ~」です。

アルノー・ラエールは1997年にパリのモンマルトルにショップをオープン。パティスリー部門のM.O.F.受賞者です。

とにかく陽気なラエール氏。トークの間中、笑い声が絶えません。BGMをリクエストし、音量まで細かく指定。「日本じゃ何でもできるって聞いてたからさぁ」と、ノリノリでギモーブ作りをデモンストレーション。「何だかテレビの番組みたいでしょ」「これで観客の笑い声とか入ると、もっとテレビっぽいよね」と。

仕舞いには、カメラの前でポーズ。

デモンストレーションではドーム型のギモーブを作り、へーゼルナッツのチップが入ったチョコレートでコーティングしていました。おいしそうでしたけど、そちらは試食に回されず、別に用意されていたギモーブが出てきました。あまりの大きさに、会場がざわめきました。

ギモーブは卵白を使わずに作っているため、とてもしっかりとした歯応えがあります。食べると、滑らかな舌触りでもちもちと弾力があります。表面をコーティングしているミルクチョコレートとの相性も良かったです。棒はついていないけど。

それにしても、デモで作ったヘーゼルナッツ入りのギモーブも食べてみたかったなあ。