イタリアのチョコレート」タグアーカイブ

ドモーリ;アッリーバ

イタリアのドモーリ社(DOMORI)は、1994年にジャンルーカ・フランゾーニ氏が創業しました。カカオの栽培から発酵、焙煎、製造まですべて行い、希少品種の豆を使った香り豊かな高品質のチョコレートを提供しています。

バレンタインシーズンに渋谷ヒカリエで開催されたショコラZakkaフェスティバルに出店していたカカオ・ストアで、アッリーバ(Arriba)を買いました。
ドモーリ;アッリーバ

酷いブルームが出ています。商品説明によると「カカオ含有率70%、エクアドル産カカオを使用。ナショナル種のカカオ。白い花を思わせる香りが持続」するとのこと。
ドモーリ;アッリーバ
フローラルな香りを伴って、バナナのような軽い酸味と甘味に、カシューナッツのようなまろやかさ。ローストはやや強めで穏やかな苦味とエクアドル産カカオらしい特徴的な渋みが楽しめます。余韻に長くジャスミンのような香りが漂うのがたまらない。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は594円。
総合点:☆☆☆
外観:☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:白い花と赤ワインの渋み
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドモーリ アッリーバ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、きび砂糖
内容量:25g
原産国:イタリア
輸入者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? →会員について

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ディ・ジェルソミーノ

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート(Antica Dolceria Bonajuto)は1880年にフランチェスコ・ボナイユート氏が創業しました。モディカの老舗チョコレートショップとして昔からの味を守り、チョコレート好きな世界中の人々に愛されています。

サロン・デュ・ショコラでプロフーモ・ディ・ジェルソミーノ(CIOCCOLATO BONAJUTO AL PROFUMO DI GELSOMINO)を買いました。木箱に紫色の細いリボンが掛けられています。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ

箱の中にはリボンと同じ色の薄紫色の敷き紙に包まれたオーガンジー生地の巾着袋。透けて中のチョコレートが見えます。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ディ・ジェルソミーノ
チョコレートの他に、ジャスミンの花とブランドマークが描かれたラベルに、商品紹介が書かれたカードが入っています。

こちらは、店頭にあった写真を直に撮影したものです。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ

商品説明によると「ジャスミンの花をカカオニブの横に置いて24時間ごとに花を交換。これを10日間繰り返してカカオに花の香りを移すという作業から生まれるショコラ。たくさん花びらを使い、手間ひまをかけて丁寧に作りました」とのこと。
チョコレートにジャスミンの香りを移すこの手法は、1600年にフランチェスコ・レーディがフィレンツェのメディチ家のコジモ3世のために作り出したレシピです。カカオ10キロにつき24,000と大量のジャスミンの花を使うために生産できる量が限られており、生産にかかるコストもとても高くなるため、現在このレシピで販売しているのはボナイユートだけ。

Youtubeに製法を紹介した動画がありました。

カカオニブの上で花開くジャスミンの可憐なこと。

オーガンジーの内袋の中には、一粒0.7gの小さな粒チョコレートが入っています。本当に少なくて大さじ3杯程度のボリュームなので、箱を開けて拍子抜けしないでくださいね。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ
ボナイユートのチョコレートは古いレシピによる低温製法なため、砂糖の結晶が溶け切らずに粒状の独特の食感があります。そのため、口当たりは悪いのですが、砂糖菓子を食べているかのようなシャリシャリとした舌触りを伴って砂糖の粒がダイレクトに甘味を伝えてくるのが魅力です。
それにしても、この香りは感動もの。購入の際に製法を理解していましたが、期待を越えていました。原材料を確認してもらえばわかるとおり、カカオマスと砂糖だけ。にもかかわらず、この華やかさ。確かに、保管の際などにチョコレートは香りが移りやすいのでジップロックやアルミホイルに包んで密閉するようにとはよく言われますが、まさかこんなにも吸着するとは。チョコレートは食品科学の分野でも大変おもしろい素材だと、つくづく思い知らされます。

賞味期限が長いのもうれしいところ。たまに思い出しては口に含み、感動を何度も楽しんでいます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

入っているチョコレートは20gと少ないけれど、この一箱に詰め込まれた作手の想いはとてつもない量だと思いました。

お値段は3,240円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコレートは香りが移りやすい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:プロフーモ・ジェルソミーノ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(65%)、きび砂糖
内容量:20g
原産国:イタリア
輸入者:(有)ポルコパッチョ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティールーム 有機ジャスミンチョコレート
価格:486円(税込、送料別) (2018/8/26時点)

ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ

バレンタインシーズンに渋谷ヒカリエで開催されていたショコラZAKKAフェスティバルの「森へのチケットチョコレート展」に出店していたヴィアザビオ(VIA THE BIO)で、カカオニブ・ハート・オレンジを買いました。小さな四角いクリアケースに入っています。
ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ

中にはカカオニブがトッピングされたハート型のチーズが入っています。商品説明によると「フランス、ブルゴーニュ産白カビチーズBioをベースに、エクアドル産カカオニブ、オレンジピール、有機ホワイトペッパー、有機シナモンのマリアージュ」だそうです。
ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ
白カビチーズはクリーミーで塩分の少ないもの。爽やかなオレンジの香りとスパイスのフローラルな香りが広がって、まるでデザート系のクリームチーズのような優雅な味わい。チーズの表面をたっぷり覆ったカカオニブがシャキシャキとした繊維質な歯応えをもたらし、口の中をサッパリとさせてくれます。

お値段は640円
その他:ほんのり甘い
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオニブ・ハート・オレンジ
種類別名称:ナチュラルチーズ
原材料:生乳、食塩、カカオニブ、オレンジピール、有機スパイス
内容量:90g
原産国:イタリア
輸入者:(株)ヴィアザビオ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ヴィアザビオ;エルボリナート・カカオ・エ・ラム

バレンタインシーズンに渋谷ヒカリエで開催されていたショコラZAKKAフェスティバルの「森へのチケットチョコレート展」に出店していたヴィアザビオ(VIA THE BIO)で、エルボリナート・アル・カカオ・エ・ラム(Erborinato al cacao e rhum)を買いました。
ヴィアザビオ;エルボリナート・カカオ・エ・ラム

こちらはイタリアのロンバルディア州産で、ベネズエラ産の最高級カカオ豆で覆われたブルーチーズです。商品説明によると「良質なブルーチーズに8年物ラム酒を染み込ませ、表面にはベネズエラ産カカオニブがまぶされている」そうです。
ヴィアザビオ;エルボリナート・カカオ・エ・ラム
エルボリナートはピエモンテ州の方言でパセリのこと。なるほど、青カビの入り方がパセリのようにも見えます。青カビチーズの中では比較的塩分も穏やかでクリーミーです。表面を覆ったカカオニブはチーズの水分でしっとりと馴染んでいます。その硬質な味わいが青カビの刺激的な味を幾分まろやかにしてくれるので、青カビ系チーズを食べ慣れない初心者にもお薦めできそう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,440円(1600円/100g)
その他:チョコの口休めに
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:エルボリナート・カカオ・エ・ラム
種類別名称:ナチュラルチーズ
原材料:生乳、食塩、カカオ、ラム酒
内容量:90g
原産国:イタリア
輸入者:(株)ヴィアザビオ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ