インドネシアのチョコレート」タグアーカイブ

チョコラ・デ・パプア;チョコラ・デ・パプア ビター

銀座のソニープラザでチョコラ・デ・パプアのチョコラ・デ・パプア ビターを買いました。茶色地に熱帯性の観葉植物とカカオの実が描かれた密封型のパッケージです。

中には平行にラインが入った、小さなチョコレートバーが入っています。商品説明によると「インドネシア・パプア州の豊かな森で、自然と共生しているパプア先住民族が大切に育てているカカオを原料としたチョコレートです。顔の見えるパプア州産カカオ豆が原料のカカオマス、ココアバター仕用。カカオ64%。程よいビター感が感じられる食べやすいタイプのチョコレートです。カカオを通じて森と暮らしを守りたい、パプアの人びとの未来に向けた挑戦を応援してください」とのこと。

香りは薄く、コーヒーのような苦味とバナナのようなまろやかさが感じられるチョコレートです。フローラルでハチミツのような甘味が響きます。微かにサクサクとした歯応え。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は205円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:コーヒーっぽい香り
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコラ・デ・パプア ビター
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(インドネシア・パプア州産カカオ豆使用)、砂糖、ココアバター(インドネシア・パプア州産カカオ豆使用)、全粉乳、レシチン(大豆(遺伝子組み換えでない)由来)、香料
内容量:25g
原産国:インドネシア
販売元:(株)オルター・トレード・ジャパン
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

モンゴチョコレート;セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ボロブドゥール

インドネシアのお土産でモンゴチョコレート(Monggo chocolate)を頂きました。

セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス(Central Java Souvenir Box)は板チョコレートが3種類入ったお土産用の商品です。左から、ベチャペトルック、ボロブドゥールです。100gのチョコレートバーが3枚ですから、それなりの重量感。パッケージも雰囲気があっておしゃれです。

ベチャペトルックに引き続き、今回はボロブドゥールを紹介します。
ボロブドゥール(Borobudur)はインドネシアのジャワ島にある仏教遺跡で、世界最大の仏教寺院として有名な世界遺産登録の観光地です。パッケージには温かみのあるイラストで仏塔(ストゥーパ)が描かれています。

中身は58%カカオのジンジャー入りダークチョコレートです。100gの重量感がうれしいです。ブロックは小さめですが厚みがあるので割るのに苦労します。

まろやかな味のダークチョコレートにショウガの砂糖漬けが入っています。ベースのチョコレートはナッツ系で、酸味のないとてもまろやかな味です。ショウガの清涼感と辛味はかなり刺激的ですが、これくらい強い味の組み合わせでも何の問題もない。鼻にショウガの香りが強く抜けます。余韻もピリピリと刺激が残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ベースがまろやかな分、これくらい刺激的な方がおいしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:モセントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ボロブドゥール
種類別名称:チョコレート
原材料:ダークチョコレートクーベルチュール(58%カカオ:砂糖、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆レシチン)、バニラ)、ショウガ、砂糖
内容量:100g
原産国:インドネシア
製造元:モンゴチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

モンゴチョコレート;セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ペトルック

インドネシアのお土産でモンゴチョコレート(Monggo chocolate)を頂きました。

セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス(Central Java Souvenir Box)は板チョコレートが3種類入ったお土産用の商品です。左から、ベチャ、ペトルック、ボロブドゥールです。100gのチョコレートバーが3枚ですから、それなりの重量感。パッケージも雰囲気があっておしゃれです。

前回のベチャに引き続き、今回はペトルックを紹介します。
ペトルック(Petruk)はインドネシアの人形を用いた伝統的な影絵芝居ワヤンで使われる道化役の操り人形のことです。パッケージに温かみのあるイラストで描かれています。

中身は58%カカオのダークチョコレートです。100gの重量感がうれしいです。ブロックは小さめですが厚みがあるので割るのに苦労します。

一ブロックを口に含みました。厚みがある分溶けにくく、舌の上で長い時間かけて味が広がっていきます。鼻に抜けるフローラルな芳香、カシューナッツのようなまろやかな香り、レーズンに似た芳醇な香りがあります。酸味はなく、まろやかでナッツ系の香りが目立ちます。余韻はナッツやバナナに似た香りが長く続きます。溶け心地も申し分ありません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:一粒で長く楽しめます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:モセントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ペトルック
種類別名称:チョコレート
原材料:ダークチョコレートクーベルチュール(58%カカオ:砂糖、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆レシチン)、バニラ)
内容量:100g
原産国:インドネシア
製造元:モンゴチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

モンゴチョコレート;セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ベチャ

インドネシアのお土産でモンゴチョコレート(Monggo chocolate)を頂きました。

インドネシアのジョグジャカルタに拠点をかまえるモンゴチョコレートは、ベルギー出身のティエリ(Thierry)を含む3人が2005年に始めたショコラトリーです。ブランド名のモンガ(Mongga)とはジャバ語で、英語で言うところのプリーズ(Pleasae)に相当する言葉です。

モンゴチョコレートはジャバ島の自然を守るため環境保存のための取り組みにも熱心です。節電はもちろん、出来る限り手作業で行い、無駄な資源を使いません。パッケージにもプラスティックを可能な限り使わず、利用する場合は生分解性プラスチックを採用し、包装紙はエコロジーペーパー(FSC認証紙)を使っています。

セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス(Central Java Souvenir Box)は板チョコレートが3種類入ったお土産用の商品です。左から、ベチャ、ペトルック、ボロブドゥールです。100gのチョコレートバーが3枚ですから、それなりの重量感。パッケージも雰囲気があっておしゃれです。

3種類のうち、今回はベチャを紹介します。
ベチャ(Becak)とはインドネシアでよくみかける人力車のこと自転車の前カゴの位置にリアカーのような乗り物がついています。パッケージに温かみのあるイラストで描かれています。

中身はカシューナッツ入り58%カカオのダークチョコレートです。100gの重量感がうれしいです。ブロックは小さめですが厚みがあるので割るのに苦労します。

ダークチョコレートは程よい甘み。酸味はなく、チョコレートそのものがナッツ系のテイスト。そのため、違和感なくカシューナッツの風味を閉じこめています。カシューナッツのまろやかな甘みと香ばしさが楽しい。コーヒーとの相性が良さそうです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:まろやかさを追求したような
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ベチャ
種類別名称:チョコレート
原材料:ダークチョコレートクーベルチュール(58%カカオ:砂糖、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆レシチン)、バニラ)、カシューナッツ
内容量:100g
原産国:インドネシア
製造元:モンゴチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ