カカオサンパカ」タグアーカイブ

カカオサンパカ;クゥワシィリクリオロ ニブス

カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)は、バルセロナに本店を構えるスペイン王室御用達のショコラテリア。「世界で一番予約が取れない」と言われた伝説的レストラン「エル・ブリ」のパティシエやクリエイターたちとともに1999年にブランドを創設しました。古代アステカ王国の国王に愛された「ショコヌスコ®」など、希少なカカオの再生や、カカオ農園を支援する活動も行っています。

クゥワシィリクリオロ ニブスです。丸く平たい缶はスペインの大航海時代を思わせる帆船が緻密に描かれています。

中身は砕かれたカカオ豆。商品説明によると「豊かな香ばしさ。コンゴ産のカカオ豆のカカオニブをゴールド缶に入れました。年間生産量が1tにも満たない大変希少なカカオ」だそうです。

冷たく硬質な食味。噛むとカカオの香りとやわらかい苦味、そして、強い酸味。カカオ豆そのものなので、当然甘くはありません。だからこそ食べ方はいろいろ。私はアイスクリームやバナナとの組み合わせにはまっています。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は540円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:こういうの欲しかった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:クゥワシィリクリオロ ニブス
種類別名称:カカオニブ
原材料:カカオ豆
内容量:20g
原産国:スペイン
輸入者:CSJ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り

スウィーツコレクション 2016 ~カカオ・ダイバーシティ~カカオサンパカのトークショーでイスパニョーラ<産地別カカオ>4個入りをお土産として頂きました。

カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はカカオ豆の輸入、チョコレートの原料の製造会社ネダーランドの子会社として1999年スペインのバルセロナに創立しました。そのため、カカオ豆の選定から最終工程までを管理することができる強みを生かしカカオの本来の味を極めた商品を開発しています。さらに希少なカカオの品種の復活やカカオ豆生産者への支援等の活動も行っています。日本には2009年丸の内に初出店し、その後、青山、大阪、金沢と店舗を広げています。

イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入りです。パッケージは黒いシックな紙箱で白いリボンで飾られています。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り

中にはボンボンショコラが入っています。左上から時計回りに、エクアドル、ベネズエラ、マダガスカル、グレナダです。商品説明によると「世界4カ国の単一原産地カカオを使用したダークチョコレートです。産地によって異なるカカオの味わいをお楽しみください。カカオ豆の輸入から手がけるカカオサンパカが、各産地のカカオの個性を見極め、その特長を最大限に活かしたプロセスで作り上げました。カカオそのものの味わいをしっかりとご堪能いただけるよう、乳成分等を入れないダークチョコレートのガナッシュを同じ産地のダークチョコレートクーベルチュールでその香りと味わいを逃さないよう厚めにコーティングして」いるのだそうです。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り

エクアドル(ECUADOR)です。商品説明によると「エクアドル産アリバ種カカオを使用しております。力強いカカオ感、フルーツのような香りとぴりっとした苦みが男性的な味わい」だそうです。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り エクアドル
ややフローラルな香りを伴って深い苦味が先行し、次いで、新鮮なタバコの葉、カシューナッツの香りが鼻に上がります。後味にフルーティーな酸味。エッジの効いたハードな味です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:力強いカカオの香り

ベネスエラ(VENEZUELA)です。商品説明によると「ベネズエラ産クリオロ種カカオを使用しております。芳醇なカカオの香りとまろやかさはダークチョコレートとは思えないスマートな味わい」だそうです。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り ベネスエラ
総合点:☆☆☆
エクアドルが男性的と表現するならこちらは女性的な味。フローラルな華やかでまろみのある苦味はまるでキャラメルのようです。すっきりとした苦味とやさしい酸味。
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:まろやかさが魅力

マダガスカル(MADAGASSCAR)です。商品説明によると「マダガスカル産カカオを使用しております。柑橘類を思わせるフルーティーなカカオの薫りが秀逸です。苦みは少なく、軽やかな甘みに心地よく包まれる」そうです。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り マダガスカル
口いっぱいにフルーティーな香りが広がります。トロピカルフルーツを思わせる酸味とナッツのようなまろやかな脂の香り、こちらも女性的な味わい。口当たりのよいやさしい苦味です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:フルーツのような酸味

グレナダ(GRENADA)です。商品説明によると「グレナダ産トリニタリオ種カカオを使用しております。深いコクがあり、甘みと酸味のバランスの理想形。まず最初に試して頂きたいお味」だそうです。
カカオサン パカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り グレナダ
しっかりとエッジの効いた苦味とフルーティーな酸味があります。香りも実に華やか。程良い甘さの中からキャラメルのような香りがあります。上の三つを食べた後では、甘味、苦味、酸味共に良いところを集めた印象です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:バランスのよい味

総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:産地別カカオの特徴がよくわかります
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、植物油脂、全粉乳、バターオイル、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:48g
一箱あたりのカロリー:404kcal
一箱あたりのポリフェノール:1200mg
原産国:
輸入者:(株)
販売元:(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

スウィーツコレクション2016 カカオサンパカ トークショー

スウィーツコレクション 2016 ~カカオ・ダイバーシティ~に行きました。休日の混雑を見越していましたが、案外空いてました。
スウィーツコレクション2016

カカオ研究所のチョコレートが延々と流れる蛇口。あぁ、ずっと眺めていたい。
スウィーツコレクション2016 カカオ研究所

一個ずつボンボンショコラを選べるコーナーもありました。
スウィーツコレクション2016 パッション・ショコラ

タイミングよくカカオサンパカのトークショー「カカオの歴史と Bean to Bar プロセス」が開催されていたので参加しました。参加費は無料です。

カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はカカオ豆の輸入、チョコレートの原料の製造会社ネダーランドの子会社として1999年スペインのバルセロナに創立しました。そのため、カカオ豆の選定から最終工程までを管理することができる強みを生かしカカオの本来の味を極めた商品を開発しています。さらに希少なカカオの品種の復活やカカオ豆生産者への支援等の活動も行っています。日本には2009年丸の内に初出店し、その後、青山、大阪、金沢と店舗を広げています。アルベルト・リウス(Albert Rius)氏はネダーランドグループの三代目オーナーで、カカオサンパカのCEOです。

内容は「アステカ帝国からヨーロッパへのカカオ伝道の歴史と豆の種類、テロワール、プロセスの違いについて」です。
スウィーツコレクション2016 カカオサンパカ トークショー
チョコレートのテンパリングにおけるカカオバターの再結晶化の話が、個人的には一番面白く聞きました。テンパリングがチョコレートに滑らかさと光沢を与える作業とは知っていましたが、金属でいうところの焼き戻しだったとは。英語じゃ同じなのに素材が違いすぎて考えが及びませんでした。食品物理学おもしろそうです。

そしてお土産にイスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り。すごい。なんて、太っ腹。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り
残念ながら時間不足で官能評価の話も駆け足になってしまい、その場でテイスティングできる時間がありませんでした。なので、まっさらのまま持ち帰り。また、別の機会に紹介したいと思います。

かなり飛ばしていましたが、内容はサロン・デュ・ショコラのトークショーと似たようなものだったんじゃないかと想像しています。しかし、こちら、催事場の一部をパーティションもなしに区切ったスペースなので売り場と接近していて周りがざわざわしているし、音響トラブルが多く聞きづらい、画面に映し出されるプレゼン資料もスペイン語で図以外はよくわからない、通訳もかなりざっくりという有様。後半の内容がかなり面白かったのでなんとか居続けることができましたが、本音を言えば途中で退席したかった。無料って怖い。

カカオサンパカ;タルタショコヌスコ

東京丸の内ブリュックスクエアにブティックを構えるカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はスペインの王室御用達ショコラトリーです。
カカオサンパカと言えばショコヌスコ(XOCONUSCO)です。かつて王しか食べることのできなかった伝説のクリオロ種カカオ。中央アメリカで大帝国を築きあげ高度な文明を有したアステカ帝国の王モクテスマは、王宮から遠く離れた地ソコヌスコ(SOCONUSCO)で収穫されるこのカカオを取寄せ、愛飲していたと言われています。

タンタシオン(チョコレート菓子)のタルタショコヌスコ(TARTA XOCONUSCO)です。黒いシックな箱に入っています。
カカオサンパカ;タルタショコヌスコ

中身は5センチ×3センチの小さなサイズ。冷蔵庫から取り出して程よく溶けたところで頂きます。コーティングとセンターのガナッシュに伝説の王のカカオ、レアルクリオロ種カカオ「ショコヌスコ」を使用しているそうです。
カカオサンパカ;タルタショコヌスコ
滑らかな口溶けはまるでムースのよう。歯を使うまでもなく口の中で自然に溶けていきます。甘さがぎりぎりまで抑えてありこの素晴らしいカカオの優しい苦味とほのかな酸味を堪能することができます。フルーティーなカカオの香りが鼻に抜けて、カカオニブの意外に柔らかい歯応えがよいアクセントとなっています。この値段でホンモノのガトーショコラが手に入るなんて、丸の内店素敵です。
お値段は580円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:賞味期限は購入した翌日まで