カカオサンパカ」タグアーカイブ

スウィーツコレクション2016 カカオサンパカ トークショー

スウィーツコレクション 2016 ~カカオ・ダイバーシティ~に行きました。休日の混雑を見越していましたが、案外空いてました。
スウィーツコレクション2016

カカオ研究所のチョコレートが延々と流れる蛇口。あぁ、ずっと眺めていたい。
スウィーツコレクション2016 カカオ研究所

一個ずつボンボンショコラを選べるコーナーもありました。
スウィーツコレクション2016 パッション・ショコラ

タイミングよくカカオサンパカのトークショー「カカオの歴史と Bean to Bar プロセス」が開催されていたので参加しました。参加費は無料です。

カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はカカオ豆の輸入、チョコレートの原料の製造会社ネダーランドの子会社として1999年スペインのバルセロナに創立しました。そのため、カカオ豆の選定から最終工程までを管理することができる強みを生かしカカオの本来の味を極めた商品を開発しています。さらに希少なカカオの品種の復活やカカオ豆生産者への支援等の活動も行っています。日本には2009年丸の内に初出店し、その後、青山、大阪、金沢と店舗を広げています。アルベルト・リウス(Albert Rius)氏はネダーランドグループの三代目オーナーで、カカオサンパカのCEOです。

内容は「アステカ帝国からヨーロッパへのカカオ伝道の歴史と豆の種類、テロワール、プロセスの違いについて」です。
スウィーツコレクション2016 カカオサンパカ トークショー
チョコレートのテンパリングにおけるカカオバターの再結晶化の話が、個人的には一番面白く聞きました。テンパリングがチョコレートに滑らかさと光沢を与える作業とは知っていましたが、金属でいうところの焼き戻しだったとは。英語じゃ同じなのに素材が違いすぎて考えが及びませんでした。食品物理学おもしろそうです。

そしてお土産にイスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り。すごい。なんて、太っ腹。
カカオサンパカ;イスパニョーラ<産地別カカオ>4個入り
残念ながら時間不足で官能評価の話も駆け足になってしまい、その場でテイスティングできる時間がありませんでした。なので、まっさらのまま持ち帰り。また、別の機会に紹介したいと思います。

かなり飛ばしていましたが、内容はサロン・デュ・ショコラのトークショーと似たようなものだったんじゃないかと想像しています。しかし、こちら、催事場の一部をパーティションもなしに区切ったスペースなので売り場と接近していて周りがざわざわしているし、音響トラブルが多く聞きづらい、画面に映し出されるプレゼン資料もスペイン語で図以外はよくわからない、通訳もかなりざっくりという有様。後半の内容がかなり面白かったのでなんとか居続けることができましたが、本音を言えば途中で退席したかった。無料って怖い。

カカオサンパカ;タルタショコヌスコ

東京丸の内ブリュックスクエアにブティックを構えるカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はスペインの王室御用達ショコラトリーです。
カカオサンパカと言えばショコヌスコ(XOCONUSCO)です。かつて王しか食べることのできなかった伝説のクリオロ種カカオ。中央アメリカで大帝国を築きあげ高度な文明を有したアステカ帝国の王モクテスマは、王宮から遠く離れた地ソコヌスコ(SOCONUSCO)で収穫されるこのカカオを取寄せ、愛飲していたと言われています。

タンタシオン(チョコレート菓子)のタルタショコヌスコ(TARTA XOCONUSCO)です。黒いシックな箱に入っています。
カカオサンパカ;タルタショコヌスコ

中身は5センチ×3センチの小さなサイズ。冷蔵庫から取り出して程よく溶けたところで頂きます。コーティングとセンターのガナッシュに伝説の王のカカオ、レアルクリオロ種カカオ「ショコヌスコ」を使用しているそうです。
カカオサンパカ;タルタショコヌスコ
滑らかな口溶けはまるでムースのよう。歯を使うまでもなく口の中で自然に溶けていきます。甘さがぎりぎりまで抑えてありこの素晴らしいカカオの優しい苦味とほのかな酸味を堪能することができます。フルーティーなカカオの香りが鼻に抜けて、カカオニブの意外に柔らかい歯応えがよいアクセントとなっています。この値段でホンモノのガトーショコラが手に入るなんて、丸の内店素敵です。
お値段は580円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:賞味期限は購入した翌日まで

カカオサンパカ;レアル ショコヌスコ

東京丸の内にブティックを構えるカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はスペインの王室御用達ショコラトリーです。

レアルショコヌスコ(CACAO REAL DE XOCONUSCO)は、伝説の王のカカオ、レアルクリオロ種カカオ「ショコヌスコ」を使用し、アルヴァポール(スチーム焼き)したチョコレートケーキです。

レアルというのはスペイン語で「王家のもの」という意味です。かつて中央アメリカで大帝国を築き上げたアステカ帝国の王モクステマは、産地であるソコヌスコ(SOCONUSCO)から、王宮のある首都テノチティトラン(現メキシコシティ)にカカオを取り寄せ、愛飲していたと言われています。非常に生産性の低いこの品種、レアルショコヌスコは、カカオの大規模生産の流れに乗れず、いつしか忘れ去られ、絶滅したとまで言われていました。
かつて有名なカカオの産地だったソコヌスコは、現在メキシコで最も貧困問題が深刻な地域とされています。住民の生活改善向上のプログラムの一環として、幻のカカオの品種レアルショコヌスコ復活の取り組みが行われました。

中身は5センチ角の小さなケーキです。冷凍庫から取り出して2時間、程よく溶けたところで頂きます。

全体がガナッシュのような滑らかさ。噛まなくても口の中の体温で溶けていきます。チョコレートの香りが濃厚で、余韻ももちろん長く続きます。上質なチョコレートが生み出すスッキリとした苦味。フルーティーな香り。洋酒を足さなくてもいい、十分な奥行きが見事です。贅沢な一時でした。
お値段は1560円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆
その他:冷凍品のお取り寄せができます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:レアル ショコヌスコ
種類別名称:チョコレートケーキ
原材料:チョコレート(カカオペースト、砂糖、カカオバター、レシチン(大豆由来)、香料)、バター、卵、トレハロース
内容量:1個
販売元:CSJ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

カカオサンパカ;トゥルファス カフェ

東京丸の内にブティックを構えるカカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)はスペインの王室御用達ショコラトリーです。

トゥルファス(Trufas Farradas Cacao Amargo)は「パウダーをまぶした表面のかすかな味と香り、歯ごたえのあるクーベルチュール、そしてたどりつくクリーミーな食感。一口噛んだその瞬間に、コントラストのある味を楽しめる、クラシックボンボンの現代版」です。
中には4種類のボンボンショコラが入っています。左上から時計回りに、カラメロロングランマルニエ、カフェです。

カフェ(Café)は、商品説明によると「エチオピアモカコーヒーを練りこんだココアガナッシュをダークチョコレートでコーティング。カカオパウダーがけ」だそうです。

表面のココアパウダーが苦い。センターからはコーヒーの温かい香り。チョコレートとコーヒーは、どちらも熱帯性のナッツです。相性が悪いはずがありません。小さく砕いたコーヒー豆のチップが食感にアクセントを添えます。コーティングのダークチョコレートはやや甘めに仕上がっていて、フローラルな風味が特徴です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:相性抜群の組み合わせです

お値段は4個入りで1520円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トゥルファス 4個入り
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオペースト、砂糖、カカオバター、生クリーム、脱脂粉乳、洋酒、小麦シロップ、全粉乳、植物油脂、オレンジ、乳脂肪、乳清、ブドウ糖、果糖液糖、転化糖、コーヒー、バニラ、塩、カカオパウダー、シナモン、グリセリン、ソルビトール、レシチン(大豆由来)、香料、クエン酸
内容量:4粒(60g)
原産国:スペイン
販売者:CSJ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ