ガトーショコラ」タグアーカイブ

ポール・サンセール;トゥマコ70%

たまたま通りがかって、11月6日にオープンしたばかりという港区のパティスリー、ポール・サンセール(Pâtisserie PORT SINCÈRE)に入りました。

トゥマコ70%(TUMACO)は、細みのチョコレートケーキです。断面をみると、しっとりとした薄いスポンジとガナッシュが幾重にも重ねられているのがわかります。一番上に光沢のあるグラサージュがあって、パティスリーのマークと名前が入った紙製のケーキピックが飾られています。トゥマコ70%というのは、カカオハンター(CACAO HUNTERS)製のコロンビアのトゥマコ地区産カカオを原料に、カカオ分70%のビーン・トゥー・バー・チョコレートを使ったものだから。
パティスリー、ポール・サンセール
口に入れてすぐ華やかな香りが広がります。甘味の中から芳醇なトロピカルフルーツを思わさえる香りと酸味があり、次いで上質で深みのある苦味を感じます。市中にオペラは多くありますが、チョコレートの美味しさがよく引き出されていると思いました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は500円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:めぐりあいに感謝

グーテ・ド・ママン;チョコレートケーキ

グーテ・ド・ママンは東京港区にある地元密着小さなパティスリー。白金から白金台、三田へ続くケーキの聖地巡礼をするなら、決して外してはいけない名店です。

チョコレートケーキは、グーテ・ド・ママンのロングセラー。1983年の開店当初から味も値段も変わっていないそうです。
グーテ・ド・ママン;チョコレートケーキ
甘すぎないと評価するチョコレートケーキは他にあるけれど、グーテ・ド・ママンのチョコレートケーキは、本当にそれほど甘くない。これほど軽い口当たりで食べられるチョコレートケーキは他にないんじゃないだろうか。しかも、おいしい(ここ非常に大切)。緑茶とでも合わせたくなるくらいの軽やかさなので、長年広く愛されるのがわかる気がします。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は410円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:和菓子と言われても違和感ありません
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレートケーキ
種類別名称:生洋菓子
販売元:グーテ・ド・ママン
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

パティシエ イナムラ ショウゾウ;ショコラ ドゥ ショコラ

パティシエ イナムラ ショウゾウ(PÂTISSIER INAMURA SHOZO)は、上野にブティックをおくパティスリーです。花見ついでに谷中にあるショコラトリーの方に立ち寄りましたが、カフェは行列ができていたので断念して、テイクアウトしました。

プチガトーのショコラ ドゥ ショコラ(CHOCOLAT DE CHOCOLAT)です。グラサージュが美しい半円形のガトーショコラです。商品説明によると「チョコレートのムース・コニャック入りのチョコガナッシュ・フォンダンショコラを層にしており、食べ進める毎に、より力強い濃厚な味わいが楽しめ」るそうです。
パティシエ イナムラショウゾウ;ショコラ ドゥ ショコラ
ショコラトリーのガトーショコラですから、当然のことながらチョコレートがおいしい。グラサージュはつややかで甘く、ムースはやわらかく、ふんわりと滑らかな口当たり。真ん中にガナッシュの層があって、そこにフォークが到達すると、チョコレート感がさらにアップ。生クリームのまろやかさとコニャックの華やかな香りが加わった濃厚なチョコレートを味わえます。大きめでお腹が膨れました。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は540円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコレートの四重奏

ブボ バルセロナ;シャビーナ

スペインのブボ バルセロナ(bubó BARCELONA)は、バルセロナのエルボルン地区に2005年に誕生するやいなや、繊細な味わいと美味しい仕上がり、個性溢れるパッケージでスペインを代表するパティスリーになりました。昨年、日本のサロン・デュ・ショコラにも登場し、大人気となったのは記憶に新しいところです。そして、今年2017年、表参道にブティックがオープンしました。

ブボバルセロナの看板メニュー、シャビーナ(Xabina)です。こちらは、パティシエの世界大会として知られるクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(Coupe du Monde de la Pâtisserie)、2005年のリヨン大会で世界一のチョコレートケーキ(Best Chocolate Cake)を受賞しました。
ブボ バルセロナ;シャビーナ
チョコレートのグラサージュがつややかに輝いています。一匙すくって口に運ぶと、チョコレートムースとバニラシロップを吸ってしっとりとなったスポンジケーキがなめらかに広がり、華やかな香りを放ちます。チョコレートがやけに濃厚なのですが、不思議とすっきりとした味わい。というのも、その下の層にはナッツやフィアンティーヌがあって、さらに、スパイスの清涼感が感じられるオリーブオイルを使ったケーキが仕込まれているという、なんとも手の込んだ構造だから。ケーキの天面には小さなマカロンとチョコレートプレートが飾られています。マカロンはサクサクとして口当たりが軽く、口休めに食べても、ケーキのなめらかな舌触りの印象をそのまま残します。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ