サロン・デュ・ショコラ」タグアーカイブ

フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル

フランク・ケストナー(Franck KESTENER) はお気に入りのブランドの一つなのですが、日本に店舗を構えていない上に通販がなく安定的に買えないことから、毎年バレンタインデーシーズンに集中的に買っています。サロン・デュ・ショコラ東京には古くから出店しているので、その構えがベテランの域に達しているところにも好感が持てます。

サロン・デュ・ショコラ東京2020(SDC)でフランク・ケストナー(Franck KESTENER)のレジェルテ・ミラベル(Légèreté mirabelle)を買いました。商品説明によると「ショコラをまとったタルト生地の中にクレームダマンドとミラベルのコンフィ。その上にムースを乗せました。仕上げのヌガティーヌでアーモンドとカカオニブの香ばしさを楽しめます」とのこと。

フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル
フランク・ケストナー;レジェルテ・ミラベル

土台は表面にはアーモンドクランチの入ったチョコレートがコーティングのあるサクサクな食感のタルト。バターが香るタルトを食べ進めると中にはふっくらとした甘さのアーモンドクリーム、そしてミラベル(西洋スモモ)のコンポート。バターの味のふくらみ、アーモンドのフローラルな香り、ミラベルの軽やかな酸味、そして、チョコレートの味の奥行き、口の中の感覚が全方向に広がる贅沢な体験です。この土台だけでも十分な食べごたえ。
さらにさらに、タルトの上にはチョコレートのシブースト。タルトを食べた時のキャラメル香の正体はこちらです。きめ細やかなフォームがゼラチンの力でキープされています。
そして、最上段にはアーモンドとカカオニブのヌガティーヌがトッピングされています。本来ヌガティーヌだけでも主役になれそうな存在感です。カリカリとした歯ごたえが、口をさっぱりとさせてくれました。
リッチな味の積み重ねながら、様々な食感を楽しめるケーキです。

箱がかさばるので会場で食べてしまおうかと一瞬思ったけど、持ち帰って落ち着いたところで食べて正解でした。

お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:持ち帰りはくれぐれも慎重に
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名: レジェルテ・ミラベル
種類別名称:洋菓子
原材料:ミラベル、砂糖、バター、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、小麦粉、全卵、アーモンド、片栗粉、卵白、脱脂粉乳、カカオマス、カカオニブ、グレープシードオイル、グルコースシロップ、生クリーム、ゼラチン(豚由来)、香料
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

サロン・デュ・ショコラ東京2020開幕

今年もサロン・デュ・ショコラ東京が始まりました。会場は昨年と同じく新宿NSビルです。さっそく昨日、MIカード会員限定のプレオープンに行ってきましたので、その様子を紹介します。

サロン・デュ・ショコラ東京の入場はチケット制。にもかかわらず、毎年たくさんの人が朝早くから並びます。かく言う私も例にもれず、早起きしていそいそと。

会場に入ってからも購入するのに並ぶことには変わりありません。実質、会場外で待つか内で待つかの違いでしかないのですが、一年に一度の祭りなんだから、斜に構えるよりは全力で踊る方が楽しかろうってことで毎年朝から参加します。

私はSDCの予習不足でカタログを開いたのが一昨日というお粗末な具合だったので、行列の中でページを繰って付箋を貼ってと必死。待機時間はあっという間に過ぎていきました。回りはというと、スマホで最後の情報収集をしている人々が大勢。グループで来られている方々はロッカーや分配スペースの確保やブランド別に購入担当を決めたりと綿密な作戦会議が行われているし、電話で代行購入の最終確認をする人もいるし、床で横になって寝ている人もいたり(え?)と様々です。

いよいよ開場。会場に一気になだれ込みます。お目当てのブランドの最後尾札を探し当てたら、ここでまたひと休憩。すぐ前に並んでいるお姉さんがキョロキョロする度にポニーテールが私の顔をヒットしそうになるのに忍耐力を試されつつ、中継地点札を通過します。

シェフにご来日の感謝を申し上げつつ、一つ目のブランドの購入まで開場から25分でした。そして、次のブランドの最後尾札を探してまた並んでを繰り返し、昼前には両手が荷物でふさがって身動きとれなくなるのでした。

イートインスペースも11時を過ぎたら空きはありません。この時、奥ではタレントがフロリレージュの黒トリュフ入りかき氷をレビューしていました。

それにしても、今年はプレオープンが日曜日だったこともあって、今までになく混雑していました。プレがプレでなくなっているのは今に始まったことではありませんが、それにしても混んでいました。今回は一般開催日初日と変わらないか、もしくはプレ日がピークになりそうな雰囲気で13時以降はチケット制にもかかわらず、入場規制してもおかしくない状況でした。

恐々とした混雑状況だけでなく、会場の癒やしスポットも紹介しておきます。
こちらニコラ・ベルナルデ(Nicolas Bernardé)、200キロのホワイトチョコレートでできた巨大シロクマくん。

そのすぐ側に黄色いポッドをたわわにつけたカカオツリー。

壁にはカカオがたっぷり詰まったカカオポッド。

イートインスペースの天井にはかわいらしいオブジェが下がっています。かわいい。

そして今年もボナ(BONNAT)のブースでイチゴを食べます。

コルネ・ドゥ・フレイズ・エ・ギモーヴ・ア・ショコラ(Cornet du fraise en guimauve au chocolat)です。お値段は550円。

ボナで恒例となりつつあるイチゴのチョコレートフォンデュが進化して、今年はマシュマロ入りのコルネになりました。
食べると口の回りがチョコレートまみれになります。食後には必ず鏡を見ましょう。念入りにティッシュでオフしたつもりでも、私は顎にチョコレートをつけたまま小一時間過ごしてしまいました。

パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%

パティシエ エス コヤマ(PATISSIER eS KOYAMA)は小山進シェフのブランド。兵庫県の三田市にブティックと工房を構えるパティスリーです。C.C.C.で2011年の初出品以来、8年連続で最高位を獲得し続けている、日本のチョコレート界を牽引している一人です。

サロン・デュ・ショコラ東京でチャンチャマイヨ63%を買いました。紙製のブック型パッケージです。白地に黄色く色づいたカカオポッドのイラストが描かれています。

パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%
パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%

パッケージはスリーブになっていて、背表紙部分を引き出すと金色の包が現れます。

パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%
パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%

背表紙部分には商品説明が書かれています。チョコレートは金色のアルミ袋で完全密閉されています。

パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%
パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%

内装の中にはL型が組み合わさったようなデザインのチョコレートバーが入っています。曇り一つない大変美しいタブレットです。商品説明によると「ペルーのチャンチャマイヨ産カカオは、ドライプラムやプルーンのコンポートを思わせる芳しい香りと酸味が特徴。どこかキャラメルにも似た深いコクと後味のキレの良さが印象的」とのこと。

パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%
パティシエ エス コヤマ;チャンチャマイヨ63%

小さな一欠片を口に含むと優美な花の香りがしてほんのりと甘い。軽く噛んで口の中に染み渡らせると、チャンチャマイヨの特徴であるプルーンやバナナを思わせるフルーティーな酸味が広がります。なんてジューシー。苦味はとても穏やかで、カシューナッツのようにまろやか。余韻はいつまでも甘く優美です。
お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:紫の光が降り注ぐ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:SPIRIT OF CACAO チャンチャマイヨ63%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、カカオバター、乳化剤(大豆由来)、(原材料の一部に乳製品を含む)
内容量:50g
製造者:(株)パティシエ エス コヤマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

ル ショコラ ドゥ アッシュ(LE CHOCOLAT DE H)は、世界的に知られる日本人パティシエ・ショコラティエである辻口 博啓氏のブランド。C.C.C.では2013年から6年連続ゴールドタブレット(金賞)、2013年には外国人部門最優秀ショコラティエ賞、2017年に外国人部門最優秀賞受賞。インターナショナル・チョコレート・アワードでは2015~2017年3年連続金・銀・銅賞受賞と輝かしい実績を誇ります。今年はドキュメンタリー映画も話題になりました。

サロン・デュ・ショコラでノザワナ ワサビ(NOZAWANA WASABI)を買いました。サイン入りのパッケージはグレイッシュな缶ケースで、紙の帯が付いています。パッケージの帯に使われている写真はフォトグラファー石川寛氏によるもの。味を視覚で訴えるアートワークです。ショコラティエのプロダクトアート、ここ数年特に目立ってきています。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

缶の中には茶色のブランドロゴ入りの密閉袋に入ったチョコレートと商品説明が書かれたリーフレットが入っています。黒いポリ製のトレイがあるので輸送にも強そう。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

密閉袋の中には、7段のブロックでできたチョコレートバーが入っています。商品説明によると「〈独創的です菜〉フリーズドライした野沢菜のチップ、ワサビをまぶしたグリーンピース、サクサクのあられを混ぜ込んだダークタブレット。日本の昔ながらの素材とチョコレートの意外な組み合わせの妙が楽しめる一枚」とのこと。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

裏面です。蕎麦のクリスプが入っているので、ゴツゴツとしています。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

緑が鮮やかだったので、断面写真も。

ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ
ル ショコラ ドゥ アッシュ;ノザワナ ワサビ

クリスプの入ったビターチョコレートはザクザクとした歯ごたえがあり、口当たりが軽くて食べやすい。深いローストのチョコレートの苦味に青野菜の香り。塩のミネラル感で味にアクセントが生まれます。てっきりワサビが効いているんだろうと思っていたのにすっかり肩透かし。野沢菜もそれほど。どちらかというとグリーンピースと梅の存在感の方がわかりやすかった。
お値段は1,951円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ワサビはそれほど
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:NOZAWANA WASABI
種類別名称:タブレットショコラ
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター、グリーンピース、もち米、うるち米、野沢菜、澱粉、食用油脂、小麦粉、水あめ、食塩、醤油、寒梅粉ミックス、生姜、わさび粉末、バニラエキス、調味料(アミノ酸等)、香料、環状オリゴ糖、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、着色料(黄4、青1)、L-グルタミン酸Na
内容量:70g
製造者:(株)フォルテシモ アッシュ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ