ジャン=ポール・エヴァン」タグアーカイブ

サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1

2017年、サロン・デュ・ショコラ東京は15周年を迎えました。それを記念して会場ではセレクションボックスが発売されました。ショコラな人々(LES GENS DU CHOCOLAT)です。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1

中には世界のトップショコラティエたちの似顔絵をプリントした新作や自信作15粒が入っています。各ショコラティエが「コレが私だ!!」と言えるマイNo.1ショコラを集めたスペシャルBOXです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
量が多いので3記事に分けて5個ずつ紹介したいと思います。

今回は、レ ジャン デュ ショコラ〈ジャン=ポール・エヴァン〉、ベトナム〈フィリップ・ベル〉、15th anniversaire〈クリスティーヌ・フェルベール〉、ユズ・バジリック〈アンリ・ルルー〉、イヴレス〈フランク・ケストナー〉です。

レ ジャン デュ ショコラ〈ジャン=ポール・エヴァン〉です。商品説明によると「ヘーゼルナッツ風味のショコラ レのガナッシュと柚子のコンポートを2層にしてショコラ ノワールでコーティング」したものだそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
柚子の酸味がとても爽やかに先行し、ヘーゼルナッツのまろやかな苦味が添えられ、続いて、上質なビターチョコレートの酸味と苦味が立ち上がります。
このアソートの最初の一個なので、やや緊張して食べてしまいました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:柚子の酸味が鮮やかです

ベトナム〈フィリップ・ベル〉です。商品説明によると「昨今ベルさんが凝っているというベトナム産のカカオを使ったガナッシュナチュール。プレーンでとってもストレート」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
大きなボンボンショコラです。上質な苦味、酸味も穏やか。フルーティーな香り。生クリームの香りに包まれて食べやすくまとまっています。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:他のと比べて一回り大きい

15th anniversaire〈クリスティーヌ・フェルベール〉です。商品説明によると「キルシュを効かせたグリオットのコンフィとマンジャリガナッシュを合わせてノワールで包みました。新作」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
グリオットの香りのつまったガナッシュは実に華やかな雰囲気。ビターチョコレートの硬質な苦味がそのコントラストで強調するように、包み込みます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:とてもフルーティーな一品

ユズ・バジリック〈アンリ・ルルー〉です。商品説明によると「バジルの青い苦みと香り、ユズの酸味が楽しめるインパクトガナッシュ。アンリ・ルルーのショコラの中で一番薄い6ミリに仕上げてい」るそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
板のように薄く作られたボンボンショコラ。柚子の酸味は幾分抑え目で、その分、バジルの青さとチョコレートの苦味と酸味がクリアに感じられます。滑らかな口当たり。最初に食べたレ ジャン デュ ショコラ〈ジャン=ポール・エヴァン〉がフルーツとしての柚子の使い方とすると、こちらは薬味的な使い方。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:今期三個のユズ・バジリック

イヴレス〈フランク・ケストナー〉です。商品説明によると「バナナのパートドフリュイと、個性的なグァテマラ産カカオのクーベルチュールで作ったガナッシュを2層。とってもバナナ!」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
完熟したバナナの芳香がとても華やか。ジュレのとろりと舌にからみつく食感が舌の上で溶けたチョコレートと馴染みがよく、チョコレートとバナナの香りがほぼ同時に立ち上がるのが素晴らしい。この辺ケストナー氏の、まさに魔術師的なセンスを感じます。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:「とってもバナナ」と言いたくなりますね。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は9,180円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆
その他:食べるのに緊張します
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:LES GENS DU CHOCOLAT ショコラな人々
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ、生クリーム、バター、転化糖、ぶどう糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、フルーツピューレ(バナナ、洋梨、グリオットチェリー、ゆず、砂糖)、牛乳、脱脂粉乳、セイヨウイラクサ、レモン果汁、マンダリンオレンジ果汁、オリーブ油、米、スピリッツ、ブランデー、セシュアンペッパー、食塩、とうもろこし、小麦粉、大豆麦芽エキス、こぶみかんの葉、ナツメグ、水あめ、ゆずパウダー、バジル、金木犀、寒天、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、香料、ゲル化剤(ペクチン、りんご由来)、酸味料、酸化防止剤(アスコルビン酸)、増粘剤(キサンタン)、安定剤(カラギーナン)、着色料(酸化チタン、赤40、青2、赤102、黄4)、(原材料の一部に卵を含む)
内容量:15個
原産国:フランス、日本
販売者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

サロン・デュ・ショコラでイートイン ジャン=ポール・エヴァン

サロン・デュ・ショコラでは、ボンボンショコラ等の商品購入の他に、会場で食べられるデザートがたくさんあります。お買い物で消耗した分をこちらでエネルギー補給するのもサロン・デュ・ショコラの楽しみです。

ジャン=ポール・エヴァンのプロフィットロールオショコラは一日限定250品。これは朝イチで並ばないと、たどり着けないかもしれません。容器いっぱいのプロフィットロールが次々となくなっていきます。
ジャン=ポール・エヴァン
生クリームのはタヒチ産バニラ、チョコレートはブラジル産グランクリュカカオを使っています。お値段は864円です。
ジャン=ポール・エヴァン

アーモンドをトッピングした三つのプチシューの下には、チョコレートソースとふわふわのクリームが入っています。
ジャン=ポール・エヴァン
鉄壁のジャン=ポール・エヴァンのチョコレートがおいしいことは、この期にあえていう必要のないことですが、このチョコレートソースのフルーティーな酸味に、形を保っているのが信じられないくらい柔らかくて軽い口溶けのクリームが溶け合うのが最高。この食べている時間が、もっと長く続けば良いのにと思わずにはいられません。

こちはクッサン ダムール。愛のクッションという意味だそうです。ジャン=ポール・エヴァンのショコラクレープにクリスティーヌ・フェルベール監修のコンフィチュール(ジャム)とタヒチ産バニラのクリームを包んであるという、実に贅沢なクレープ。一日限定400個で、お値段は864円です。
ジャン=ポール・エヴァン

きれいに切れずにつぶしてしまいましたが、オレンジ&パッションフルーツの断面です。
ジャン=ポール・エヴァン
オレンジとパッションフルーツのおいしいところだけを濃縮したコンフィチュールの甘酸っぱさ、チョコレートの奥行きのある濃厚な味、そしてバニラの甘い香りたっぷりの生クリームが口の中で一体となり極上の味わいが体験できます。カタログに三位一体と書いてありましたが、まさに神とキリストと精霊の愛に包まれて天に昇るような幸福感です。死にはしませんが、気が遠くなりました。

伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ その1

サロン・ドゥ・ショコラでセレクションボックスを買いました。テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ(TERRES DE CACAO / CRUS DE CHOCOLAT)です。

ショコラティエにもふたつの顔があります。アーティストとしての顔と職人としての顔。それと同じように、ひとつのカカオもボンボンショコラと、タブレットになったとき、ふたつの顔があります。彼らとカカオの二面性を知ることのできる貴重なひと箱です。

セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラのパッケージは白を基調にした紙箱で様々なカカオの産地をイメージしてカカオの木に寄り添う動物が描かれています。おや、ハイチはエスカルゴですね。面白い。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ

中には6種類のボンボンショコラと6種類のタブレットが入っています。それぞれが対になっている仕組みで、左端一列目上段のボンボンショコラと左から三列目の上段がオリヴィエ・ヴィダルのクリオロ、一列目中段と三列目中段がジャン=ポール・エヴァンのアイティ、一列目下段と三列目下段がクリスチャン・カンプリニのタンザニア、二列目上段と四列目上段がフレデリック・アヴェッカーのベトナム、二列目中段と四列目中段がジャン=シャルル・ロシューのマダガスカル、二列目下段と四列目下段がフィリップ・ベルのヴェップ(VEP)です。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ

量があるので、ボンボンショコラとタブレットを対で食べ比べしながら記事を三つに分けて紹介します。

クリオロはオリヴィエ・ヴィダルの商品です。オリヴィエ・ヴィダル(Olivier Vidal)氏は2007年にM.O.F.取得。2012年にオクセールにショップを開いています。エスカルゴの形をしたチョコレートが人気です。2015年に初来日して、サロン・ドゥ・ショコラ東京には今年で2回目の参加です。

クリオロのボンボンショコラはカカオニブがトッピングされたビターチョコレート。商品説明によると「クリオロ種、ブエルトフィーノのガナッシュ。柔らかでまろやかでフルーティー。カカオ感はあえて全面に出さないようにしている」そうです。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ クリオロ
トロピカルフルーツのような優雅で華やかな香り。溶け心地は滑らかで、舌先に冷たく感じる。鼻にぬけるナッツやバナナのような香りは実に軽やか。ガナッシュの甘味も心地よい。噛みしめてすぐに広がるカカオニブの苦さが味を引き締めます。後味もすっきりしています。

クリオロのタブレットです。商品説明によると「フローラルな香りとビターな風味が絶妙にマッチ」しているそうです。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ クリオロ
ボンボンショコラの優雅で華やかな味わいの後に食べるタブレットは全く異なる印象です。溶けた後に広がるトロピカルフルーツのような香り。甘さが控えめで酸味、苦味ともに穏やかです。余韻も心地よい香り。

アイティはジャン=ポール・エヴァンの製品です。
アイティのボンボンショコラは表面にさざなみのような模様の入ったビターチョコレート。商品説明によると「カカオの味を愉しむために、厚みにもこだわるエヴァン氏。ナッツやスパイスを感じるフレーバーとシャープな苦味と酸味」だそうです。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ クリオロ アイティ
やや薄めに成形されたボンボンショコラです。最初鼻に抜けるのはフローラルな香り。舌の上で溶けてすぐトロピカルフルーツを思わせる酸味、その後、ナッツのような香りがします。最初ピーナッツキャラメルを連想しました。なるほど、溶け心地の軽さはこのボンボンショコラの薄さが関係してそう。甘さは控えめです。

アイティのタブレットです。商品説明によると「ハイチ産クリオロ種とトリニタリオ種をブレンドしたカカオ分75%のタブレット。野生的で力強いカカオの味わい」だそうです。
伊勢丹;セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ クリオロ アイティ
食べ始めの鼻に抜ける野性的な香りが特徴的です。積もった枯葉のような香り。スモーキーでタバコの葉のような香りもあります。苦味も強く、荒々しい印象を与えるチョコレートです。珍しいタイプです。あまりにボンボンショコラと印象が違いすぎて驚きます。

お値段は6480円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:比較しながら食べるのって楽しい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セレクションボックス テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、生クリーム、バター、転化糖、バニラビーンズ、ショ糖、ぶどう糖、食塩、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)
内容量:12個
原産国:フランス
販売元:(株)センチュリートレーディングカンパニーKC
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

サロン・デュ・ショコラ2016 イートイン その2

サロン・デュ・ショコラ開催から4日目となりましたが、人の多さは相変わらず。去年から会場が広くなって少しは混雑が緩和されるかと思いきや、集客の効果が想像以上だったのか、さらに混乱しているような。
サロン・デュ・ショコラ2016
平日を凌ぐ混雑で15分早く開場したにも関らず、11時には入場待ち3時間のアナウンス。マツコ効果すごい。

ジャン・ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)のイートインコーナーに寄りました。

ジャン・ポール・エヴァンと言えば、あえて紹介するまでもないくらい有名なショコラティエですよね。1986年にMOFを取得し1988年に独立。日本出店は2002年なので今年で13年ですか。ショコラ界の重鎮として、今後も世界を驚かすビジョンを見せてくれることでしょう。

行列に並び始めた時にはわざわざ冷たいアイスクリームを食べるつもりはなかったのですが、エクスキ モモを作っているのを間近にしたら我慢できなくなりました。チョコレートの誘惑に弱いのは自覚しています。
サロン・デュ・ショコラ2016 ジャン・ポール・エヴァン イートインコーナー

エクスキ モモ(2 Exquis momo)の2個セットは一日300セットの数量限定で1,080円です。こちらはサロン・デュ・ショコラで日本初登場の商品。棒付きのバニラアイスクリームをチョコレートソースでコーティングしたもので、キャラメリゼしたアーモンドがトッピングされています。注文時にチョコレートの種類を産地の異なる三種類(マダガスカル、ヴェネズエラ、サオトメ)から選びます。私はマダガスカルとサオトメにしました。

マダガスカル(Madagascar)です。商品説明によると「柑橘に似た爽やかな酸味」が特徴とのこと。
ジャン・ポール・エヴァン;エクスキ モモ マダガスカル

サオトメ(Sao Tomé)です。商品説明によると「程よい酸味とスモーキーな香り」が特徴とのこと。
ジャン・ポール・エヴァン;エクスキ モモ サオトメ
とてもフォトジェニックなアイスバーです。でも、残念ながらあまり楽しめませんでした。実は寒かったんです。案内された席がスタンディング席で足元から冷たい風が上がってくる場所でした。そもそも体が暖まっていなかった上に冷たい風に煽られてアイスクリームをゆっくりと味わうことができませんでした。サイズ的に2本くらいならまったく抵抗なく食べられる量だったんですけど、とにかく体が冷えちゃって。ざっくり食べた結果、表面のアーモンドの風味が強くてチョコレートの違いをじっくり味わうまでに至りませんでした。もったいない。

そして、もうひとつ。ムニュ SDC 2016(Menu SDC 2016)です。イートインコーナーには、そもそもこちらを食べるつもりで行ったんです。

ムニュ SDC 2016はショコラ・ショ パリジャンとサロン・デュ・ショコラ限定のボンボンショコラのセットです。一日数量限定50セットでお値段は1,566円です。
ジャン・ポール・エヴァン;ムニュ SDC 2016
冷えた体にショコラ・ショ パリジャン(Chocolat Chaud Parisien)。とてもおいしかった。何か特別飛び出た味があるわけではないのですが、チョコレートの風味とミルクとがよく合っていて飲みやすく、カシューナッツのようなやさしくて丸みのある香りがします。口当たりが軽く広く愛される味だと思います。

ボンボンショコラMOFは、商品説明によると「スランボワーズ風味のパートダマンド」だそうです。
ジャン・ポール・エヴァン;ムニュ SDC 2016 MOF
コーティングはフローラルな香りのあるビターチョコレートです。センターは二層になっていてビターチョコレートガナッシュとフランボワーズのマジパンが入っています。フランボワーズの赤い風味が舌を刺激しつつも決して甘すぎず上質な苦味が堪能できる仕組みです。舌の奥に胡椒のような風味。鼻にアーモンドの香りが残ります。

クール レ ローズ(Cœur lait rose)は、商品説明によると「シソと塩が入ったプラリネ」だそうです。
ジャン・ポール・エヴァン;ムニュ SDC 2016 クール レ ローズ
名前のとおりピンクに色づけされたハート型でコーティングはミルクチョコレートです。一口食べるとヘーゼルナッツの渋みと甘い脂の香りが口いっぱいに広がります。ナッツのザクザクとした歯応えの中に塩の旨みが弾ける気配。その存在は控えめでかすかに舌を刺激する程度。チョコレートがすっかり口の中から消えた後、余韻を感じている時に舌の奥にシソの爽快な香りがありました。

イノヴァシオン(Innovation)は、商品説明によると「白トリュフの魅惑的な香り」だそうです。
ジャン・ポール・エヴァン;ムニュ SDC 2016 イノヴァンシオン
コーティングはビターチョコレートでセンターにフルーティーな香りのビターチョコレートガナッシュ。食べはじめ、鼻にトリュフの清涼感にふと気づきますがそれは軽く過ぎ去って、甘さを感じると同時に上質なカカオの甘い香りが爆発したかのように広がります。マンゴーのようなオレンジに熟した香りです。長く長くトロピカルな香りが続き、終わったなと気を抜いた時に奥歯のあたりに野生的な香りがあってハッとしました。カカオの魔術師はいつも驚きを与えてくれます。