スイスのチョコレート」タグアーカイブ

リンツ;リンドール4種

リンツ(Lindt)のチョコレートの歴史は1879年にスイスの菓子職人ロドルフ・リンツ(Rodolphe Lindt)がコンチングという工程を発明し、世界で初めて口溶けのよいチョコレートを生み出したことに始まります。

リンツ ショコラ カフェ 銀座店(残念なことに、今月閉店します)では「ピック&ミックス」といって、色とりどりのリンドールが山積みにされたコーナーで好みのチョコレートを自分で選ぶことができます。こちらで、リンドールを4種類買いました。小売りでもロゴ入りの袋に入れてもらえます。

リンツ;リンドール4種

リンドールは量り売りで100g当たり781円です。1個120円程度と見積もって買い物すれば良いということですね。

購入したのは以下の4種類。左上から時計回りにリンドール ファッジ スワール、リンドール スプリング、リンドール ダーク、リンドール オレンジです。

リンツ;リンドール4種
リンツ;リンドール4種

シャンパンゴールドの包み紙はリンドール ファッジ スワール(Lindor Fudge Swirl)です。商品説明によると「ミルクチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートとダークチョコレートのダブルフィリングが生み出すファッジのようなミルキー感」とのこと。

リンツ;リンドール ファッジ スワール
リンツ;リンドール ファッジ スワール

包み紙を開いた瞬間に香るどこか懐かしい香り。リンツチョコレート特有の甘く優美な香りが広がります。センターはリキッド状のクリーム。なんと、ホワイトチョコレートとダークチョコレートの二種類のクリームが入っています。シェルのミルクチョコレートとリキッドクリームが混ざり合って、柔らかな口溶け、甘い香り、そして、どこまでもまろやかな味わいを堪能できます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘い世界に溺れましょう

白と緑の包み紙は、リンドール スプリング(Lindor Spring)です。商品説明によると「ミルクチョコレートのシェルにホワイトチョコレートのフィリング、ホワイトデーからイースターにかけて期間限定で登場するリンドール」とのこと。

リンツ;リンドール スプリング
リンツ;リンドール スプリング

センターはミルクの香りが詰まったホワイトチョコレートのフィリング。リキッド状でとろとろです。あまりにまろやかなフィリングなので、シェルのミルクチョコレートの風味が引き立って、キャラメル香がよく味わえます。春爛漫の包み紙同様、ほっとする味でした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ダージリンと頂きたい

青の包み紙はリンドール ダーク(Lindor Dark)です。商品説明によると「60%カカオに比べてほどよくビターで、まろやかなカカオ感。ほろ苦さと甘さが絶妙なバランスの食べやすいダークチョコレート」とのこと。

リンツ;リンドール ダーク
リンツ;リンドール ダーク

ダークとはいいつつも、まろやかな味わいが特徴なリンツの中でのダーク。実情はカカオ分強めのミルクチョコレートで、濃い味わいの分だけ余計に甘さを感じました。フィリングに入っている塩がミネラル感を放って、すばらしく味にアクセントをもたらしています。なめらかな口溶けと、口いっぱいに広がるチョコレートの香りを楽しみましょう。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘いチョコレートに身を委ねましょう

オレンジ色の包み紙はリンドール オレンジ(Lindor Orange)です。商品説明によると「包みを開くとふわっとさわやかなオレンジの香りが広がる。まろやかなミルクチョコレートと、オレンジピールのビター感の余韻が好相性」とのこと。

リンツ;リンドール オレンジ
リンツ;リンドール オレンジ

センターはオレンジピールの香るミルクチョコレートのリキッドクリームです。シェルに使われているミルクチョコレートとの一体感があって、私には食べやすい味でした。爽やかなオレンジの香りが、リンツのフローラルな香りのするミルクチョコレートによく合っています。なめらかな口当たりで、余韻も長く続きます。先に食べたリンドールがホワイトチョコレート率高めのばかりだったので、余計濃厚に感じたかも。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:オレンジの苦味がやみつきになりそう

この価格帯でチョコレートならではの高揚感が得られ、しかも、確かなものを味わえるのだから、リンツってお得だなあ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

レダラッハ(Läderach)は1962年、スイスのチューリッヒ郊外の町エネンダに1962年に誕生しました。スイス産ミルクを使ったミルクチョコレートを量り売りで販売しています。日本には銀座三越にのみ常設店舗を持ち、スイスから鮮度を保ったまま日本に航空便で届けられています。

三越銀座店でフレッシュチョコレートを買いました。

レダラッハ三越銀座店の量り売り
レダラッハ三越銀座店の量り売り

店員さんに、お店が青山にあったころにはよく買っていたんですけどねーと言ったら、怪訝な顔をされました。ごめんなさい。私世代には「ほんの前」でも、若い方なら一昔前の話をしてしまいました。
レダラッハが自由が丘店と青山店を閉店したのが2012年、その後、2017年に片岡物産と提携して再上陸し、現在の三越銀座店ができたのです。

購入すると、様々な割れチョコレートの断面がプリントされた白い蝋引き袋に入れてもらえます。チョコレートの説明が書かれたリーフレットも貰えます。

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種
レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

パッケージの裏面には商品名、賞味期限等が記された品質表記のシールが貼られていました。購入した内容量も書かれていたので都度印刷したものだということがわかります。さすがは片岡物産の手がけるブランドです。品質管理の徹底ぶりには感心する他ありません。

どれも量り売りで100g当たり1,800円です。今回は 30g ずつと指定して三種類買いました。左からアーモンドミルク、オレンジ アーモンド、ブラックベリーです。どのチョコレートにも黄色で特徴を表すイラストが描かれています。

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種
レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

アーモンドミルク(Almond Milk)です。商品説明によると「ミルクチョコレートとキャラメリゼしたアーモンドを合わせた、王道の組み合わせ」とのこと。

レダラッハ;アーモンドミルク
レダラッハ;アーモンドミルク

私、どうもカカオ分高めのものばかり選んでしまう癖がありますが、スイス産チョコレートなら、まずはミルクでしょということでアーモンドミルクです。優美なバニラの香りにフレッシュなミルクのまろやかさと旨みが広がる極上のミルクチョコレート、それにキャラメリゼしたアーモンドがホールで入っています。チョコレートとナッツの比率としてはナッツの方が多いくらいな食べ心地。ナッツ自体の極上の旨さがあってのこの味。いやはや実に贅沢な味です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ボリボリと歯ごたえまでおいしい

オレンジ アーモンド(Orange Almond)です。商品説明によると「オレンジの爽やかな風味とダークチョコレートの相性抜群の組み合わせ」とのこと。オレンジ4.87%使用。

レダラッハ;オレンジ アーモンド
レダラッハ;オレンジ アーモンド

力強い味のダークチョコレートに細かく切ったオレンジピールとアーモンドチップが練り込まれています。これかなり好み。チョコレートの濃厚な味わいとオレンジピールの爽やかな苦味とナッツの乾いた旨みが合わさって、いくら食べても食べ飽きない味。いわゆるマンディアンと違って、ピールとナッツがチョコレートと程よく混ざり合う大きさにしてあるのもおいしさの秘訣なのでしょう。極上の素材で作ったバリバリ大口で食べたくなるチョコレートという、贅沢な望みを叶えてくれる一品。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:100g買えばよかった

ブラックベリー(Blackberry)です。商品説明によると「ブラックベリーの心地よい酸味の余韻が残る、上品な味わいのダークチョコレート」とのこと。ブラックベリー1.26%使用。

レダラッハ;ブラックベリー
レダラッハ;ブラックベリー

ナッツの香りが強いダークチョコレートに華やかな酸味のドライブラックベリーを合わせたもの。ブラックベリーはベリーの中では鋭い酸味を持ちますが、これが苦味のしっかりしたダークチョコレートによく合って、実においしくて食べやすい。こういうところ、さすが老舗。味のバランスが良いなあと感心せずにはいられません。余韻に長くベリーの酸味が残ります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ダークチョコレートもおいしいんです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

お値段は1,769円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:チョコホリックな方へ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:レダラッハフレッシュチョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、脱脂粉乳、カカオバター
内容量:91g
製造者:(株)三越伊勢丹
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


イディリオ・オリジン;イディリオ #7

スイスのBean to barブランド、イディリオ・オリジン(Idilio Origins)は、スペイン語で自然との調和を意味する「イディリオ」と、選び抜かれたヴェネズエラのシングルオリジンのカカオだけを取り扱う「オリジン」という精神を表して名付けられました。チョコレートはそれぞれのタブレットに番号が振られ、独自のフォントが使われています。

イディリオ #7、オクマーレ(Selección Cata Ocumare)です。白地に薄茶色のテキストが綴られたシックな包み紙。
フォントはAmericane Condensed Regularでしょうか。サンセリフ(ゴシック)の中では比較的キュートな印象です。

イディリオ・オリジン;イディリオ #7
イディリオ・オリジン;イディリオ #7

中には4×6のブロックのシンプルなデザインのチョコレートバーが入っています。商品説明によると「カカオ含有量:72%」「48時間トラディショナル・コンチ」「カカオ産地: オクマーレ・デ・ラ・コスタ(ヴェネズエラ)」「非常に多様な香り、濃縮されたローストの香り、エスプレッソ、ナッツ、ドライフルーツ、新鮮なスパイス」とのこと。

イディリオ・オリジン;イディリオ #7
イディリオ・オリジン;イディリオ #7

クリオロらしく口当たりはまろやかで優しく、まるでバニラが入っているかと錯覚するほどにフローラルです。酸味も控えめでやわらかい。ハイカカオのチョコレートがこんなにも食べやすいものだとは、コンビニチョコレートしかしらない人には信じられないでしょうね。
カカオニブが入っているのでサクサクした食感が楽しめます。バーの見た目でもわからなかったし、ニブ入りと知らずに買ったので食べた瞬間驚きました。そのわりに硬質な感じは大してなくて、噛みごたえも軽い。噛むと味により深みが感じられるのが面白い。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,512円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ニブ入りサクサク
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレート #7
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、きび砂糖、カカオバター、カカオニブ
内容量:80g
一箱あたりのカロリー:466kcal
原産国:スイス
輸入者:c7h8n4o2
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


イディリオ・オリジン;イディリオ #1

スイスのBean to barブランド、イディリオ・オリジン(Idilio Origins)は、スペイン語で自然との調和を意味する「イディリオ」と、選び抜かれたベネズエラのシングルオリジンのカカオだけを取り扱う「オリジン」という精神を表して名付けられました。チョコレートはそれぞれのタブレットに番号が振られ、独自のフォントが使われています。

イディリオ #1、ポルチェラーナ(Porcelana criollo puro)です。白地に茶色のテキストが綴られたシックな包み紙。
フォントはRabenau Pro Regular かと思いましたが、同定は困難です。セリフ体のフォーマル感に加えて幾分コケティッシュな印象。

イディリオ・オリジン;イディリオ #1
イディリオ・オリジン;イディリオ #1

中には4×6のブロックのシンプルなデザインのチョコレートバーが入っています。商品説明によると「〈第一のシグニチャー〉ヴェネズエラ産カカオ74%のタブレット。柑橘、ラズベリー、スパイス、ナッツなど複雑で多様なカカオの香りを感じられる一枚」だそうです。
ポルチェラーナ(Porcelana:ポルセラーナ)は陶器という意味で、カカオポッドが白く滑らかな肌をしていることから名付けられました。カカオビーンズも白っぽく、渋みや苦味が少ないことから浅い焙煎で風味よく作ることができるベネズエラ産の高品質なカカオとしてよく知られています。

イディリオ・オリジン;イディリオ #1
イディリオ・オリジン;イディリオ #1

とても苦味の穏やかなチョコレートです。まるでクリームが入っているかのような優美な口当たりにまず驚かされます。酸味は温州みかんのように柔らか。わずかにベリーのような刺激ある酸味も混ざりますが、カシューナッツのようなまろやかな脂質に包まれ、バニラのような甘い香りもあるので全体的にはとても食べやすい。ポルチェラーナがカカオの女王と呼ばれるのも納得の味です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:なんてクリーミー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレート #1
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、きび砂糖、カカオバター
内容量:80g
一箱あたりのカロリー:452kcal
原産国:スイス
輸入者:c7h8n4o2
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ