タグ別アーカイブ: ダヴィド・カピィ

サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3

2017年、サロン・デュ・ショコラ東京は15周年を迎えました。それを記念して会場ではセレクションボックスが発売されました。ショコラな人々(LES GENS DU CHOCOLAT)です。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1

中には世界のトップショコラティエたちの似顔絵をプリントした新作や自信作15粒が入っています。各ショコラティエが「コレが私だ!!」と言えるマイNo.1ショコラを集めたスペシャルBOXです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
前々回前回に引き続き、残りの5個を紹介したいと思います。

今回は、金木犀 × チャンチャマイヨ63%〈パティシエ エス コヤマ〉、オルティ〈ジャン=シャルル・ロシュー〉、クンバワ〈オリヴィエ・ヴィダル〉、クリオロ〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉、シシュアン〈ダヴィド・カピィ〉です。

金木犀 × チャンチャマイヨ63%〈パティシエ エス コヤマ〉です。商品説明によると「金木犀の花の香りを生クリームに移し、チャンチャマイヨ63%と合わせました。味わいの立体感はまさに料理的な複雑さ」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
薄く平べったい形のボンボンショコラで口溶けがなめらかです。チャンチャマイヨのフルーティーな酸味がおいしい。生クリームのふくらみのある香りの中に、微かですが金木犀のあのフローラルな香りが鼻に抜けます。以前食べた、フランク・ケストナーのトーキョーも金木犀のチョコレートでしたが、それも微かだった印象。香りが飛びやすいのかもしれませんが、それよりも、今の私が花粉症で鼻の調子が万全じゃないのがいけなかったような。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:金木犀は微か

オルティ〈ジャン=シャルル・ロシュー〉です。商品説明によると「青々しいハーブ『セイヨウイラクサ』を使った新作ガナッシュ。ロシュー氏の別荘の庭で春に収穫し、オリーブオイルにつけて保存している」そうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
ちょっと大きめのボンボンショコラ。コーティングのチョコレートはクリアな苦さとナッツの香り。セイヨウイラクサは別名ネトルとも呼ばれるミネラル分が豊富なハーブで、私は普段からブレンドハーブティーのベースとしてよく使っています。そんなことで、とても興味を持って頂きましたが、あまり青い香りを感じませんでした。これも、私の鼻の調子が悪くて感じ取れなかった可能性あり。それくらい微かなものということでもありますが。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:香り微か

クンバワ〈オリヴィエ・ヴィダル〉です。商品説明によると「別名『コブミカン』と呼ばれる柑橘類のクンバワの葉を入れ、食感を楽しめるようヘーゼルナッツのプラリネにライスパフを加えたノワール」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
コブミカンの爽やかな香りとヘーゼルナッツのまろやかな苦味の見事な組み合わせ。おいしい。プラリネに加えたライスパフの効果は抜群で、食感がサクサクとしています。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:食感最高

クリオロ〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉です。商品説明によると「葉巻のような香りと優しい酸味。アオキ氏が惚れたカカオ、クリオ口種のガナッシュ。素材の美味しさをそのまま楽しんで」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
なめらかな口溶け。甘味の後にタバコのような力強い香りと柑橘を思わせる甘酸っぱさが続きます。すっきりとした苦味もおいしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:香りの力強さ、酸味の爽やかさ

シシュアン〈ダヴィド・カピィ〉です。商品説明によると「シシュアン風味&カカオ感強めのショコラ レのガナッシュ。後味がとっても爽やかなボンボンショコラ」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
抜群になめらかな口溶け。リキッドキャラメルのよう。バターのような芳香が広がり、後味に花山椒の清涼感。舌の奥にヒリヒリと刺激が残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:華やかで刺激的

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は9,180円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆
その他:一個一個にショコラティエの顔がプリントされているだけあって、それぞれにこだわりを感じるアソートでした。作り手の意図をどれだけ受けとめられたか疑問ですが、食べていて楽しかったです。
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:LES GENS DU CHOCOLAT ショコラな人々
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ、生クリーム、バター、転化糖、ぶどう糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、フルーツピューレ(バナナ、洋梨、グリオットチェリー、ゆず、砂糖)、牛乳、脱脂粉乳、セイヨウイラクサ、レモン果汁、マンダリンオレンジ果汁、オリーブ油、米、スピリッツ、ブランデー、セシュアンペッパー、食塩、とうもろこし、小麦粉、大豆麦芽エキス、こぶみかんの葉、ナツメグ、水あめ、ゆずパウダー、バジル、金木犀、寒天、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、香料、ゲル化剤(ペクチン、りんご由来)、酸味料、酸化防止剤(アスコルビン酸)、増粘剤(キサンタン)、安定剤(カラギーナン)、着色料(酸化チタン、赤40、青2、赤102、黄4)、(原材料の一部に卵を含む)
内容量:15個
原産国:フランス、日本
販売者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴディバ(GODIVA)グランプラス30粒
価格:8208円(税込、送料別) (2017/5/17時点)

サロン・デュ・ショコラ2017 ダヴィド・カピィ氏 デモンストレーション

サロン・デュ・ショコラ2017で開催されたダヴィド・カピィ氏のデモンストレーションに参加しました。

ダヴィド・カピィ(David Capy)は2007年にM.O.F.を取得。2005年から2012年までヴァローナで指導員を務め、2012年にボルドーに1号店、2016年春に2号店をオープン。パティシエ、ショコラティエとして世界的な評価を得ています。サロン・デュ・ショコラ東京へは今年で4回目。ブロンズチョコレートの生みの親でもあります。
サロン・デュ・ショコラ2017 ダヴィド・カピィ氏 デモンストレーション
このデモンストレーションでは、タパス・クレオールという西インド諸島のフルーツを使ったショットグラスサイズのデザートを作りました。有料セミナーなのでレシピの詳細は省きます。

ショートブレッドを切り分けているところ。
サロン・デュ・ショコラ2017 ダヴィド・カピィ氏 デモンストレーション
バターをたっぷり使ったサブレは、見るからにおいしそう。この他に、パイナップルのポアレ、ブロンズチョコレートソース、ココナッツソースを作りました。

本来はショットグラスを使いますが、デモでは見やすいようにワイングラスに盛り付けました。
サロン・デュ・ショコラ2017 ダヴィド・カピィ氏 デモンストレーション
ショートブレッド、パイナップルのポアレ、ブロンズチョコレートソース、ココナッツソースを入れた後、ワイングラスの飲み口の部分にグルコースを塗ってココナッツパウダーをまぶしてあります。

最後にタパス・クレオールの試食がありました。
サロン・デュ・ショコラ2017 ダヴィド・カピィ氏 デモンストレーション
口当たりのよいブロンズチョコレートとココナッツやパイナップルの爽やかな風味が混ざり合い、さらにバターの濃厚な香りが広がるトロピカルで気品のあるスイーツでした。一口ごとに笑ちゃうくらいおいしかったです。