テオブロマ」タグアーカイブ

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB メキシコ70%

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ(MUSÉE DU CHOCOLAT THÉOBROMA)はいわずと知れた日本屈指のショコラティエ、土屋公二シェフのブランド。1999年、渋谷区富ヶ谷に数少ない手作りチョコレートの専門店としてオープンしました。 C.C.C.では2014年から連続で金賞受賞。

富ヶ谷本店でBTB メキシコ70%を買いました。パッケージは樋上公実子氏描きおろしのジャガー。

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB メキシコ70%
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB メキシコ70%

中にはチョコレートバーが入っています。凝った形のモールドです。このくらいのブロックが割りやすいし一番食べやすくて好きです。商品説明によると「世界でも稀少なクリオロ種のホワイトカカオを使用したカカオ分70%のビターチョコレートです。 苦みが少なく、品の良いほのかな酸味と長く続く余韻が特徴」とのこと。

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB メキシコ70%
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB メキシコ70%

とても明るい色をしたタブレットでまるでミルクチョコレートのよう。カカオ分70%には見えません。味も明るくて華やか。ジャスミンのような香りにグレープフルーツやマスカットのような白い酸味が弾けます。とてもジューシーな印象。水分量3%以下のタブレットなのに不思議です。苦味は穏やかでカシューナッツのような柔らかい渋みを伴うナッツ香があります。口溶けは軽く、余韻に干しぶどうにも似た甘い香りが長く続きます。
お値段は1,400円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:上質なカカオのポテンシャルを感じます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:BTB メキシコ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、カカオバター
内容量:50g
製造者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB ペルー70%

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマはいわずと知れた、日本屈指のショコラティエ土屋公二シェフのブランドです。ミュゼ ドゥ ショコラとはチョコレートの博物館という意味。1999年、渋谷区富ヶ谷に数少ない手作りチョコレートの専門店としてオープンしました。

BTB ペルー70%今年のサロン・デュ・ショコラで買ったものです。このパッケージを見てください。樋上公実子氏が描いたアルパカのかわいらしいこと。
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB ペルー70%

中にはチョコレートバーが入っています。モールド(チョコレート整形用の型)が変わっていますが、このくらいのブロックのサイズが一番食べやすいんですよね。商品説明によると「〈アルパカが目印〉土屋氏自ら選び抜いた世界のカカオ農園から、ホワイトカカオの豆を使用したペルー産カカオ70%のタブレット。口溶けの良さはさすが土屋氏の作」だそうです。
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;BTB ペルー70%
口に入れると真っ先に飛び込んでくるのがフルーティーな香りです。チョコレートの原料であるカカオが、熱帯の果実であることを思い出させてくれます。やわらかい酸味、バナナやナッツのようなクリーミーな香り、タバコの葉のような渋い香り、口溶けは実に滑らかで余韻は長く続きます。
お値段は1,620円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:買っといてよかった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:BTB ペルー70%
名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、カカオバター、乳化剤(大豆由来)
内容量:50g
製造者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■送料無料■テオブロマのトリュフ【楽ギフ_のし】
価格:4428円(税込、送料無料) (2016/10/13時点)

サロン・デュ・ショコラ2016 イートイン その1

今年も新宿NSビルで開催されたサロン・デュ・ショコラへ行ってきました。

お目当ての買い物がすんだ後にイートインを楽しみました。
まずは、ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマのショコフルです。チョコレートクリームを挟んだチョコレートゴーフルで、今年のチョコレートクリームにはあんこが入っているそうです。お値段は325円。
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ;ショコフル
今年のショコフルは生地が温かくで柔らかでした。2013年のショコフルは生地がパリッとしていたけれど、今年はあんこ入りだから食感を変えたのかもしれません。そのせいでゴーフルというよりクレープみたいな食べ応えでした。冷えたらパリッとなったのかな?

毎年サロン・デュ・ショコラのイートインを賑わせてくれるパティスリー・サダハル・アオキ・パリのブースですが、今年はなんとたこ焼きです。TAKOYAKI ショック ショコラはフォンダンショコラをもっちりとした生地で包み、たこ焼き器で焼き上げたものです。4個入りでお値段は432円です。

たこ焼きを作ってるようにしか見えません。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

ソースはチョコレートで、紅しょうがと青のりに見えるのはマカロンの皮。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

竹皮の舟皿に乗せられて爪楊枝を添えられたら、どこからどう見てもたこ焼きにしか見えません。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ

アップにすると、ピンク色のマカロンがまるで桜田麩のよう。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ;TAKOYAKI ショック ショコラ
焼きたてでも舌を火傷するような熱々ではありません。あたりまえだけど。ホットケーキのような甘めのふわふわの生地の中にはやわらかく溶けたチョコレートが入っています。表面にもチョコレートソースがたっぷりかかっているので、一口で食べるとどこからがセンターのチョコレートなのかさっぱりでしたが、楽しいからいいんじゃないでしょうか。お祭りに屋台のたこ焼きは付き物ですもんね。

テオブロマ;パンブリオッシュ オ フォアグラ

サロン・デュ・ショコラのイートインの紹介が続きます。

テオブロマのパンブリオッシュ オ フォアグラ(Pain Brioché au Foie gras Sauce Chocolat au Balsamique)です。昨年も頂きましたが、こちらは2013年版でまた別物。
商品説明によると「毎回人気のフォアグラバーガー2013年版。今年はチョコレートのブリオッシュにフォアグラとトマトとイチジクを挟み込みました。チョコソースのアクセントが効いてい」るそうです。

チョコレートのブリオッシュはかなり軽い食べ心地。食べてる側からポロポロと崩れるくらいの危うさ。大口で頬張ると、トマトの酸味とフォアグラの脂分とブリオッシュの塩加減が絶妙です。イチジクのプチプチとした食感とフルーティーな香り、チョコレートソースの甘さが舌を休ませてくれます。
お値段は1050円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:イチジクとフォアグラのコンビが最強