タグ別アーカイブ: パティシエ エス コヤマ

パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016

パティシエ エス コヤマ(PÂTISSIER eS KOYAMA)は小山進シェフのブランド。小山進氏は、1964年京都市生まれで、2003年兵庫県三田市にブティックをオープン。C.C.C.では2011年から2016年まで6年連続で最高位を獲得し、「味覚の錬金術師」と評される世界的なパティシエ&ショコラティエです。

ススムコヤマズ ショコロジー2016(SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2016)は茶色の化粧箱です。蓋の閉まり具合が絶妙で、そんなところから感激してしまいました。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016

中はプラスチックのカバーでボンボンショコラが抑えられていて、輸送にも安心なつくりです。個々にラベリングしてあるのもわかりやすい。細部にまで拘り完璧を目指す、作り手の気合が伝わってきます。ボンボンショコラは、No.1 醤油ヌーヴォー、No.2 鳳凰単叢蜜桃香&マンゴー、No.3 コーヒーチェリー(ゲイシャ)&ライチ、No.4 奈良漬プラリネです。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016

No.1 醤油ヌーヴォーです。商品説明によると「『ペドロヒメネス種』の干しブドウのみから生み出されるシェリー酒『ペドロヒメネス』。その深い甘みとブドウ感に合わせたのが『熟成』によって生まれる日本の伝統的な調味料『醤油』。醤油は、煮切ることで角が取れ、味に丸みが出ます。和をベースにしたフランス料理のようなイメージで、もっと新しい醤油使いが出来るのではないかと思い生み出したマリアージュです。そして、この組み合わせの味わいを最大限に引き出したのは、レーズンやベリーのような酸味と熟成感を持ったコロンビア産カカオの『シエラネバダ・オレ52%』。和の醤油と洋のペドロヒメネス、そこへ南米コロンビアのシングルオリジンのショコラ・オレという新たな要素が加わり、味の『奥行き』や『深み』を、一粒のショコラとして、存分に表現することができました。デコールは、醤油がタラリと垂れている様子をイメージしてい」るのだそうです。商品の説明文からも気合が感じられます。情報を食べさせるというのは、こういうことを言うのでしょう。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016
口に運ぶ瞬間にふわりと漂うチョコレートの香りが既においしい。口の中の体温で噛む必要もなく勝手に溶けていきます。なめらかで優雅なミルクチョコレートのガナッシュ。醤油の旨みとフルーティーな香りに、ミルクのまろやかさが加わり、とても優雅な雰囲気です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:食べている間、極上の時間が流れます

No.2 鳳凰単叢蜜桃香&マンゴーです。商品説明によると「中国・広東省潮州にある鳳凰山の樹齢数百年というお茶の樹から取れる単叢(シングルオリジン)の烏龍茶『鳳凰単叢蜜桃香』。樹齢の長い樹は長い年月をかけ、土中からミネラルをたくさん吸収しています。そんな高いポテンシャルを持つ茶葉は、自然の力を利用した発酵と、熟練の職人の手による火入れの作業によって、桃のようなフルーティで甘い香りをまといます。『この素晴らしい香りを持つ烏龍茶には、マンゴーが合う』と直感し、ボトムはマンゴーのガナッシュの二層構造に。ひと口含めばお茶の甘い香りが静かに広がり、下層のマンゴーの酸味がフルーティな桃の香りを際立たせます。アフターはフルーティな余韻が印象的。力強くも繊細な桃の香りを活かすため、シンプルにプレーンなショコラ・オレ(カカオ分40%)を選びました。デコールは、桃のような甘い香りが特長の烏龍茶に、太陽の光を燦々と浴びたマンゴーが漂う感じを、風を吹かせて表現し」たそうです。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016
これは文句なし、いや説明いらないくらいおいしくて、感激しました。お茶の香りとマンゴーの香りが連続して漂うのが、何ともいえません。素晴らしいです。ミルク、桃、マンゴーと甘く芳醇な香りが次々と現れては消えていくのが、マッチ売りの少女が目にする幻のよう。口溶けもよく、全てが一体となっています。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:感激しました

No.3 コーヒーチェリー(ゲイシャ)&ライチです。商品説明によると「『ゲイシャチェリー』は、『ゲイシャ』のコーヒー豆の製造過程で外された、赤紫色に熟した大粒の果肉を約2週間かけて天日干し乾燥したものです。いちじくのような濃厚な甘味、プラムやベリーを思わせる深い酸味、花のような香りなどを持ち合わせた素晴らしい素材です。それをフローラルでドライプラムを思わせる酸味を持つペルー・チャンチャマイヨ産のショコラ・オレ48%に合わせました。その立体的な特長を生かために、ボトムにはライチのガナッシュを配しました。上層だけを味わえば黒糖のようなコクのある甘みを感じられますが、ライチのフルーティーさが加わると味に分厚みが出てきます。さらに、作品としての完成度を上げるため、微粉砕した『パナマ・ゲイシャ・ナチュラル』の豆を、コーティングとガナッシュの間に薄く敷き、パンチの効いた酸味とほのかなコーヒーの余韻漂うショコラが完成しました。デコールは、深みのある赤で完熟したゲイシャチェリー(果実)に見立て、さらに風を当てて少しくぼませる事で果肉が種から剥がれた様を表現し」たそうです。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016
プラムのような香り。黒糖を連想させるコクのある甘さにライチの清涼感が加わります。コーヒー豆が入っているとあったので口当たりを気にしましたが、微粉砕しただけあって口溶けは実になめらかです。さすが。コーティングの一部に厚みがありました。どうやら、表面に風を当てて窪ませた分が厚みになったようです。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:コーヒーチェリーに興味がわきます

No.4 奈良漬プラリネです。商品説明によると「辛口な一般的な物に比べてまろやかな香味を持つ『味淋(みりん)漬』という名が付けられた京都生まれの奈良漬。『発酵』『熟成』を経て素晴らしい味わいが生まれるこの素材を200度以上の高温で1~3秒間プレスするという、日本の最先端の技術である『瞬間高温高圧プレス』にかけ、フレーク状に変身させました。メインはザクッとした食感を残したピエモンテ産ヘーゼルナッツの自家製プラリネとコスタリカ産シングルオリジンのショコラ・オレ40%としながらも、隠し味としてこのために特別に創ったマンゴーのフリーズドライを混ぜ込み、さらに、コーティングの間に発酵後のカカオにパッションフルーツのピューレを加えて二次発酵させて創り出されたショコラを上下に薄く配してエキゾチックなアクセントを加え、その酸味で、より立体的な味わいをデリケートに表現しました。デコールは、土から抜き取られた大根がチョコレートへ溶け込んでいくようなイメージのデザイン」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;ススムコヤマズ ショコロジー2016
奈良漬けをフレークにしたと聞いただけで、ゾクゾクしました。口に運ぶ瞬間からナッツの香りが漂います。サクッと軽い歯応え。滑らかな口溶け、ザリザリと小気味良い歯応えが楽しい。ナッツやチョコレートの馴染みある味の中から、ちらりと顔を出した奈良漬けの味に思わず顔が緩みました。フレークにしていため、他の香りが消えた後にも余韻に残るため、否が応でも奈良漬の存在感を感じます。で、これが、また美味しいの。ここまでおいしいと、ずるいとか意味なく思いますね。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:この白い色は大根のイメージだったとは。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は1,728円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:感動する
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2016
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、カカオバター、全粉乳、ヘーゼルナッツ、生クリーム、バター、転化糖、ライチ、ブランシュガー、奈良漬け、マンゴー、パッションフルーツ、醤油(小麦を含む)、コーヒー豆、バニラエキス、洋酒、蜜桃香茶葉、米粉、レモン、バニラビーンズ、麦芽エキス、乳化剤(大豆由来)、バニラ香料、着色料(二酸化チタン、黄4、赤102、青2)、香料
内容量:4個
製造者:(株)パティシエ エス コヤマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3

2017年、サロン・デュ・ショコラ東京は15周年を迎えました。それを記念して会場ではセレクションボックスが発売されました。ショコラな人々(LES GENS DU CHOCOLAT)です。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1

中には世界のトップショコラティエたちの似顔絵をプリントした新作や自信作15粒が入っています。各ショコラティエが「コレが私だ!!」と言えるマイNo.1ショコラを集めたスペシャルBOXです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
前々回前回に引き続き、残りの5個を紹介したいと思います。

今回は、金木犀 × チャンチャマイヨ63%〈パティシエ エス コヤマ〉、オルティ〈ジャン=シャルル・ロシュー〉、クンバワ〈オリヴィエ・ヴィダル〉、クリオロ〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉、シシュアン〈ダヴィド・カピィ〉です。

金木犀 × チャンチャマイヨ63%〈パティシエ エス コヤマ〉です。商品説明によると「金木犀の花の香りを生クリームに移し、チャンチャマイヨ63%と合わせました。味わいの立体感はまさに料理的な複雑さ」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
薄く平べったい形のボンボンショコラで口溶けがなめらかです。チャンチャマイヨのフルーティーな酸味がおいしい。生クリームのふくらみのある香りの中に、微かですが金木犀のあのフローラルな香りが鼻に抜けます。以前食べた、フランク・ケストナーのトーキョーも金木犀のチョコレートでしたが、それも微かだった印象。香りが飛びやすいのかもしれませんが、それよりも、今の私が花粉症で鼻の調子が万全じゃないのがいけなかったような。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:金木犀は微か

オルティ〈ジャン=シャルル・ロシュー〉です。商品説明によると「青々しいハーブ『セイヨウイラクサ』を使った新作ガナッシュ。ロシュー氏の別荘の庭で春に収穫し、オリーブオイルにつけて保存している」そうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
ちょっと大きめのボンボンショコラ。コーティングのチョコレートはクリアな苦さとナッツの香り。セイヨウイラクサは別名ネトルとも呼ばれるミネラル分が豊富なハーブで、私は普段からブレンドハーブティーのベースとしてよく使っています。そんなことで、とても興味を持って頂きましたが、あまり青い香りを感じませんでした。これも、私の鼻の調子が悪くて感じ取れなかった可能性あり。それくらい微かなものということでもありますが。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:香り微か

クンバワ〈オリヴィエ・ヴィダル〉です。商品説明によると「別名『コブミカン』と呼ばれる柑橘類のクンバワの葉を入れ、食感を楽しめるようヘーゼルナッツのプラリネにライスパフを加えたノワール」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
コブミカンの爽やかな香りとヘーゼルナッツのまろやかな苦味の見事な組み合わせ。おいしい。プラリネに加えたライスパフの効果は抜群で、食感がサクサクとしています。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:食感最高

クリオロ〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉です。商品説明によると「葉巻のような香りと優しい酸味。アオキ氏が惚れたカカオ、クリオ口種のガナッシュ。素材の美味しさをそのまま楽しんで」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
なめらかな口溶け。甘味の後にタバコのような力強い香りと柑橘を思わせる甘酸っぱさが続きます。すっきりとした苦味もおいしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:香りの力強さ、酸味の爽やかさ

シシュアン〈ダヴィド・カピィ〉です。商品説明によると「シシュアン風味&カカオ感強めのショコラ レのガナッシュ。後味がとっても爽やかなボンボンショコラ」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その3
抜群になめらかな口溶け。リキッドキャラメルのよう。バターのような芳香が広がり、後味に花山椒の清涼感。舌の奥にヒリヒリと刺激が残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:華やかで刺激的

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は9,180円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆
その他:一個一個にショコラティエの顔がプリントされているだけあって、それぞれにこだわりを感じるアソートでした。作り手の意図をどれだけ受けとめられたか疑問ですが、食べていて楽しかったです。
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:LES GENS DU CHOCOLAT ショコラな人々
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ、生クリーム、バター、転化糖、ぶどう糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、フルーツピューレ(バナナ、洋梨、グリオットチェリー、ゆず、砂糖)、牛乳、脱脂粉乳、セイヨウイラクサ、レモン果汁、マンダリンオレンジ果汁、オリーブ油、米、スピリッツ、ブランデー、セシュアンペッパー、食塩、とうもろこし、小麦粉、大豆麦芽エキス、こぶみかんの葉、ナツメグ、水あめ、ゆずパウダー、バジル、金木犀、寒天、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、香料、ゲル化剤(ペクチン、りんご由来)、酸味料、酸化防止剤(アスコルビン酸)、増粘剤(キサンタン)、安定剤(カラギーナン)、着色料(酸化チタン、赤40、青2、赤102、黄4)、(原材料の一部に卵を含む)
内容量:15個
原産国:フランス、日本
販売者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴディバ(GODIVA)グランプラス30粒
価格:8208円(税込、送料別) (2017/5/17時点)

パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don’t lose it! ~

パティシエ エス コヤマ(PATISSIER eS KOYAMA)は兵庫県の三田にあるパティスリーです。C.C.C.で2014年、外国人部門優秀賞(Award étranger de l’Excellence)を受賞されたり、ここ数年出品作が「金のタブレット」を獲得し続けています。さらに、I.C.A.の世界大会でも数々の商品が金賞を獲る等して、海外でも高い評価を得ています。

またフェアトレードに取り組む姿勢も真摯で、エクアドル生産者との繋がりを守り続ける取り組みをしています。

フランスのオーガニックチョコレート専門メーカー「カオカ社」が取り扱うエクアドル産のフェアトレードのカカオと出会って以来、エスコヤマではその継続的な利用を目的とした商品を作り続けてきました。たとえば、大量にカカオを消費するボンボンショコラのコーティング用には、すべてエクアドル産のアリバナシオナルを使用。他にもチョコレートの消費量が減る夏季にも販売できる商品「ダニエルズカカオバウム」や、ホワイトチョコレートを用いた「幸せのボタン」など、1年を通じて多彩な展開を行っています。今回、この「幸せのボタン」のリニューアルを行った大きな理由のひとつは、時代の流れや人々の趣向の変化に商品を適応させ、長く存続させるためです。フェアトレード・ビジネス本来の意義に立ち戻るならば、大切なのはそのカカオや産地との関係性を継続させること。エスコヤマでは、これからも貴重なカカオを供給してくださるエクアドルの生産者の方々に対して、継続的なバックアップを行っていく考えです。

コヤマ氏にとっての大切なもの、なくしてはいけないものをボタンとして表現されたのが、この幸せのボタンシリーズです。

幸せのボタン~ Don’t lose it! ~です。パッケージは裁縫箱を模したような美しいデザインで大きなボタンが目を引きます。カカオポッドやホワイトチョコレート、南国の動植物、白と緑の波しぶきの素敵なイラストが描かれています。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~

一番外側の半透明のケースを外して箱を開いてみると、内側にもチョコレートとお茶にまつわるイラストが描かれています。こちらのパッケージのデザインは倉橋潤意匠室が担当されたそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~

中には5種類のボタン型のチョコレート、上から順にほうじ茶、玉露、京番茶、玄米茶、抹茶です。そして、ケース左側には黄色いポケットの中にこれもボタン型の小冊子が入っています。商品説明によると「ホワイトチョコレートというピュアなフィルターを通すことで、5種類の日本のお茶の個性を描き出したチョコレート。今、世界で注目を集めるホワイトチョコレートを媒体として素材の味わいをより鮮明に表現する手法を用いて、日本独自のお茶の文化を表現しました。茶葉の色味をそのまま映した美しい緑のグラデーションを描くボタンには、それぞれのお茶が持つ馥郁とした香り、ほのかな苦味、深い旨みがたっぷり。1枚ずつゆっくりとお口の中で溶かしながら、それぞれのお茶の風味とホワイトチョコレートのミルキーな甘さの共演を堪能することができます。ベースとなるホワイトチョコレートの素材には、エクアドル産アリバナシオナルのカカオバター100%を用いたフェアトレード・アイテム」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~

ほうじ茶はカーキ色のボタン型チョコレートです。商品説明によると「初秋の木の葉を思わせる淡い琥珀色が魅力的。深焙りの鹿児島産ほうじ茶が醸し出す馥郁とした香りと味わい」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~ ほうじ茶
香ばしい香りが広がります。ホワイトチョコレートは口当りがなめらかで、舌の上ですぐ溶けます。お茶の苦味とほうじ茶特有の乾いた香りが甘いホワイトチョコレートと合わさって、実に優雅です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:香りがとてもいい

玉露は濃い緑色をしたボタン型のチョコレートです。深緑色の粉が不均質に混ざっています。商品説明によると「京都・奈良・滋賀・三重の4つの産地で育まれた極上の玉露をブレンド。その深い緑の色のごとく、濃厚な旨みと苦味」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~ 玉露
口に含むとすぐに玉露の青く乾いた香り。お茶のとても清々しい香りが素晴らしい。ほうじ茶ほどには甘さを感じません。奥歯にわずかに歯応え。抹茶の上品な渋みが口に長く残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:抹茶の苦味がおいしい

京番茶はグレージュ色のボタン型チョコレートです。商品説明によると「京都老舗茶舗の銘茶の香りと味わいをそのまま表現。ミルキーな味わいの中から、深く個性的な燻香と渋み、キレの良い後味」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~ 京番茶
なんて渋い味。京番茶の乾いた燻製の香りが口いっぱいに広がります。とても甘い。チョコレートが口の中になくなった後でも甘さが喉に残ります。余韻の香りまでもおいしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:京番茶の香りを堪能

玄米茶は若草色のボタン型チョコレートです。商品説明によると「ホワイトチョコレートのミルキーな風味に、ほっこりと心なごむやさしい玄米茶の香り、玄米香煎の香ばしさが重なる癒しの味わい」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~ 玄米茶
玄米のやわらかい香りを伴ってお茶の苦味がまろやかなホワイトチョコレートの甘味と一緒に広がります。奥歯に僅かに玄米の歯応えがあります。玄米の香ばしさとお茶の苦味のバランスが好ましい一品です。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:味わいは、和菓子です

抹茶は薄緑色のボタン型チョコレートです。商品説明によると「お口の中で溶けてふわりと香る抹茶は、初摘みの茶葉の風味を損なわぬよう石臼引きで丁寧に仕上げた本場・京都の宇治産。美しい新緑の色味のごとく、清々しい味わいが広がる一品」だそうです。
パティシエ エス コヤマ;幸せのボタン~ Don't lose it! ~ 抹茶
やさしく青いお茶の香りが爽やかです。さっぱりとしたお茶の渋みはホワイトチョコレートで包まれて、うまみとなって楽しむことができます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘いのに慣れてきたかも

お値段は1,728円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:お裁縫道具入れにしよう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:幸せのボタン~ Don’t lose it! ~
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、カカオバター、緑茶(玉露、抹茶、京番茶、ほうじ茶)、玄米、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:67.5g(15個)
販売者:(株)パティシエ エス コヤマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

パティシエ エス コヤマ;DNA京都2011 その2

前回に引き続き、パティシエ エス コヤマのDNA京都2011を紹介します。

DNA京都2011のパッケージは、うるしのような光沢のある黒。それの上に巻かれた紙に、工芸品のような切り絵が細工されています。中には8粒のやはりとても綺麗で、そして個性的なボンボンショコラが並んでいます。上段左から、黒大豆醤油、京番茶、一休、黒七味です。下段に移って左から、抹茶、米こうじ味噌、金胡麻のプラリネ、柚子です。京都ならでは素材を使っているのが、名前からわかります。

今回は下段の4種類、抹茶、米こうじ味噌、金胡麻のプラリネ、柚子を紹介します。

抹茶は、日本有数の茶処・京都 宇治で栽培された初摘みの茶葉と純白で無垢なホワイト・チョコレートを使っています。商品説明によると「本物の抹茶だけが醸し出すことのできる鮮やかな若草色、旨味成分であるアミノ酸が凝縮された、コクのある味わい」が楽しめるそうです。

本当は表面に抹茶パウダーがまぶされているのですが、輸送で剥げてしまったようです。口に入れると途端に広がる抹茶の青くて、それでいて温かな香り。舌先に広がる渋みもチョコレートのまろやかさにつつまれて心地良いものに仕上がっています。ガナッシュは美しいお抹茶そのままの色です。痺れるほどに渋いのが、これまた旨い。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:渋いんですけど、それが旨い

米こうじ味噌には、キャラメルのように深い味わいのコスタリカ産トリニタリオ種のミルクチョコレート(38%)が使われています。商品説明によると「やさしい甘さのミルクチョコレートと、クリーミーな味噌が溶け合う、なめらかで塩キャラメルにも似た濃厚な味わい」だそうです。

キャラメルのような深い味わいのミルクチョコレートに、お味噌のクリーミーな風味が溶け合います。塩のミネラル感が甘さを引き出し、その奥行きがとてもいい感じ。チョコレートのまろやかさと余韻をいつまでも楽しめます。この旨味は癖になります。お酒が好きな方にも気に入ってもらえそう。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:お酒のつまみにもどうぞ

金胡麻のプラリネには、まろやかで豊かな風味を持つマダガスカル産クリオロ種カカオ豆のミルクチョコレート(38%)が使われています。商品説明によると「このショコラによって、金胡麻の奥深さとコクをより明確に表現する事が可能にな」ったのだそうです。キャラメリゼされた金胡麻も入っています。

胡麻のプラリネが実においしい。これ、金胡麻だから?って言いたくなるくらいおいしい。鼻に抜ける胡麻の炒った香り、まろやかな油分、歯に響くきしみまでおいしい。ミルクチョコレートとの相性が抜群で、鼻に抜けるフルーティーな香りが忘れ難い。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:胡麻の渋みもなかなか

柚子には、日本最後の清流といわれる四国の四万十川で育った柚子の果汁と無垢な味わいのホワイトチョコレートが使われています。商品説明によると「清涼感あふれる香りとほとばしる酸味を、この小さな1 粒のショコラで」楽しめるそうです。

目が覚める。柚子の香りが一瞬で広がります。まるで新鮮な柚子そのものを目の前で絞ったような。ホワイトチョコレートに練りこまれた純粋な柚子の香りが口一杯に広がります。これはまるでジェラードです。後味にコーティングのビターチョコレートが残るのが、これまた大人っぽい。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:目が覚めた

お値段は2286円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:日本人も和を楽しめるアソートです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:DNA京都2011
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、カカオバター、全粉乳、生クリーム、バター、転化糖、金胡麻、蜂蜜、柚子果汁、リンゴジュース、醤油(原材料の一部に小麦を含む)、洋酒、白胡麻ペースト、味噌、大徳寺納豆、抹茶、京番茶、黒七味とうがらし、乳化剤(大豆由来)
内容量:8個
製造者:(株)パティシエ エス コヤマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ