パフェ」タグアーカイブ

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

新年の一般参賀の後、ドゥバイヨル丸の内オアゾ店に行きました。丸の内オアゾ店はカフェが併設されていて、こちらだけで頂ける特別なデザートメニューが用意されています。

ショーケースに並んだ数々のケーキに心を乱しながら、パルフェ ショコラ(PARFAIT CHOCOLAT)を頂きました。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

パフェだからといって無理してアイテムを重ねてみたりすることはしていません。オーソドックスなアイテムを組み合わせてなおこれほどまでに華やかです。どこから撮っても、やっすいスマホのカメラでも美しいから凄い。

商品説明によると「グラス ショコラとソルベ ショコラ ノワールに、ココア クランブル、生クリーム、キャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピングしたショコラづくしのパフェ」だそうです。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

ベルギー直輸入のグラスショコラとソルベショコラノワールをダブルで楽しめる上、底にはたっぷりのココアクランブルが入っています。

大好きなドゥバイヨルでしかも大好きなチョコレートだらけのパフェです。おいしくないわけがない。満足しないわけがない。 
生クリームの優しさに触れながら二種類のソルベの食べ比べをして、カリカリのヘーゼルナッツの歯ごたえを楽しみつつ冷えた舌を休め、底の方にスプーンを伸ばして溶けたアイスと生クリームを吸ったクランブルをすくい取りましょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片岡物産 辻利 抹茶ミルク やわらか風味 200g
価格:498円(税込、送料別) (2019/2/25時点)


エクチュア;オリジナルパフェとダークホットチョコ

エクチュア(Ek Chuah)は大阪の代表的なショコラティエ。オーナーショコラティエの植松秀王氏は「ヨーロッパのものを再現するのではなく、日本の気候・風土の中で、日本人が食べておいしいチョコレートを作りたい」という信条でチョコレートを作っているそうです。
ブランド名の「エクチュア」はチョコレートの神様の名前です。「マヤ文明の古文書に、垂れ下がった厚い下唇、尖った鼻、黒く塗られた体をもつ奇怪な容姿の神が出てきます。カカオの農園主たちはエクチュアを崇め、祭りを行ないカカオの豊作を祈ったと記されています。」

ショコラトリーのある空堀地区は、大阪では珍しい戦災を逃れた歴史ある街並みが魅力の街です。大阪・心斎橋から東へ15分、地下鉄鶴見緑地線の松屋町駅から狭い階段を登ると、戦前までよくあったらしい町家が並び、路地には少ない光を頼りに育つ緑が光っています。
エクチュア(Ek Chuah)
周囲には、エクチュアと同じように古い造りの屋敷を改造したカフェやアクセサリー屋さんが並んでいて、この街並みをぶらぶらとお散歩しても楽しいです。こちらがエクチュアの玄関。訪れたのはクリスマスの頃なので、ポインセチアが置かれていました。
エクチュア(Ek Chuah)
玄関を入って正面にショーウインドウ、右手には厨房があります。エクチュアの丁寧に作られたボンボンショコラや生チョコレート、焼き菓子が並んでいます。
エクチュア(Ek Chuah)
1階の半分と2階はイートインスペースになっています。古い造りを生かした空間が、とても落ち着きます。
エクチュア(Ek Chuah)

■エクチュア からほり「蔵」本店
住所:〒542-0012 大阪市中央区谷町6-17-43 錬-LEN-
電話:06-4304-8077
営業時間: 平日11:00~22:00、ラストオーダー21:30(土・日・祝日は21:00までの営業)
定休日: 水曜日

古材を利用したテーブルにイートインで注文したオリジナルパフェの登場です。冷やされた銀色のカップがみるみるまに霜で濡れます。
エクチュアのオリジナルパフェ
アイスクリームの上にミルクチョコレートがかけられて、パステルカラーのトッピングがかわいらしい。
エクチュアのオリジナルパフェ
店員さんに早めに食べてと言われていたのに、ぐずぐずと写真を撮っていたら、アイスクリームにかけられたミルクチョコレートがカッチリ固まりました。パフェスプーンで叩いてもビクともしないし、突き刺して割るのも難しく、柔らかいうちにせめて2分しておくんだったと後悔。しばし途方にくれましたとも。カチカチのチョコレートは冷えすぎて食べにくいのもあって、イマイチでした。
アイスクリームの下にはリンゴ、バナナ、オレンジ等のフルーツとチョコレートババロアが入っています。いろんな味が楽しいのですが、チョコレートがメインって感じではありません。でも、甘くて、やさしい味。アイスクリームとミルクチョコレートをとっとと掻き混ぜていれば、もっとチョコレートを楽しめたのにね。
お値段は950円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆
その他:ブロガー泣かせ

こちらはショコラショーのダークホットチョコです。
エクチュアのダークホットチョコ
特注品だというチョコレートカップがかわいいです。カップを安定させるためのトランブルーズ(Trembleuse)という枠が付いています。フランス語で 「震え」という意味で、背の高い蓋付きのチョコレートカップが転倒しないようにしたものです。
そんな器も物珍しいショコラショーは、表面が見事に泡だって、キラキラしています。
エクチュアのダークホットチョコ
口当たりがやさしく、とても飲みやすくサラッとしています。甘さが控えめな分、チョコレートの香りが引き立ちます。パフェを食べて冷えた後に、とてもホッとする味でした。
お値段は600円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:カップの雰囲気と同じ、やさしい味

生チョコ ブルージュの石畳 ミルク 【 エクチュア 】

ル・ムラーン・ドゥ・ラギャレット;チョコバナナパフェ

横浜ルミネのル・ムラーン・ドゥ・ラギャレット(Le Moulin de la Galette )は、とってもかわいいお店。

入り口にかたまる人だかりは、ディスプレイされているケーキを眺めている人たち…かと思ったら、ショーウィンドウに並んでいたのはフェルトで出来たケーキでした。
ル・ムラーン・ドゥ・ラギャレット

ほら、食べられるんじゃないかと思うほど立派な出来でしょ。これが、また、おいしそうだし。
ル・ムラーン・ドゥ・ラギャレット フェルトのケーキ
でも、よーく見ると全部ポワンポワンしています。

ル・ムラーン・ドゥ・ラギャレットはフレンチトーストのお店で、お食事系フレンチトーストからスイーツ系フレンチトーストまで色んな種類のフレンチトーストメニューがあります。これは、ローストチキンとアボガドのフレンチトースト(チーズプラス)です。
ローストチキンとアボガドのフレンチトースト(チーズプラス)
オリーブオイルと3種類のドレッシング(マスタード、ワインビネガー、フランボワーズ)がついてきます。オリーブオイルをベースにたっぷりとかけて、あとはドレッシングを色々加えて楽しみました。チキンと合うのか、ワインビネガーのドレッシングがお気に入りでした。結構ドレッシングはさっぱりしていて、たっぷりかけて味わうのが良いらしい。

さて、お食事系のフレンチトーストを食べたのでデザートはケーキをと思ったら、アイスクリーム系ばかりでチョコレートケーキは一切なし。入り口のフェルトのケーキのせいで食べる気満々だったため、気持ちが収まらない。せめてチョコレートが入っているものということで、チョコバナナパフェ。
ル・ムラーン・ドゥ・ラギャレット チョコバナナパフェ

チョコレートが光っている。
ただそれだけ。
ルムラーンドゥラギャレット チョコバナナパフェ
アイスクリームと生クリームとシュークリームに網々にかけられたチョコレートソースで私の気持ちは収まらなかったのはいうまでもありません。甘さと冷たさで胃袋は満たされましたが、お値段650円は涙。帰りに振り返って見たショーケースのフェルトのケーキがフェイクであることが、なんとも恨めしいお店でした。

次は、スイーツ系フレンチトーストを食べたい。

総合点:☆☆
外観:☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆
風味:☆☆
値段:☆☆
その他:フェルトアートに負けました

にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへブログ王

最大ポイント16倍!10/20(月)9:59まで!詳しくはコチラ【□】ル・パティシエ ケーキタオル

ワイアードカフェ;フランボワーズティラミス

またまたWIRED CAFE。
今回はフランボワーズティラミスを食べました。

WIRED CAFE フランボワーズティラミス

ほら、ココアパウダーのふわふわ感。素敵でしょ。
WIRED CAFE フランボワーズティラミス
アイスクリームに生クリームが添えられてココアパウダーがたっぷり。そしてキイチゴ(霜降ってます)をトッピング。アイスクリームの下にココアスポンジ、フランボワーズソース、コーンフレーク、さらに底にチョコレートソースが溜まっています。

さすが、WIRED CAFEのパフェ、中身が充実しています。アイスクリームとココアパウダーの組み合わせが強いパフェでした。

妥当な値段650円。

総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ティラミスというより、チョコ&ベリーパフェです。

にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへブログ王

大人気!3種類のムースセット