ビーントゥバ―」タグアーカイブ

ママノ;純アリバ70%

ママノ(MAMANO)は、東京の赤坂見附にブティックを構えるアリバ・カカオ豆だけを使ったチョコレート店です。

カカオ発祥の国エクアドルで、今でも大切に育てられているアリバカカオ。このカカオに偶然会っていなければ、僕は別の道を歩んでいました。
南米エクアドルの固有種であるアリバカカオは、カカオの原生種。他の国では栽培が不可能とされるため、たいへん希少なカカオでした。大自然の中、古来から伝わる自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオに魅了され、僕はショコラティエになり、東京・赤坂の世界一小さな工房でチョコレートを作ることを決めました。
カカオの原種=“カカオのお母さん(MAMA)”であるアリバカカオ。そして、現地で我が子のようにカカオを育てる“お母さんの手”に由来した「MAMANO」。保存料や添加物を一切使わず、一つ一つ心を込めて手づくりで生産するママノのオリジナルチョコレート。アリバカカオだけがもつフルーティで華やかな香りを、是非お楽しみください。そしてまた、お店にも遊びにいらしてください。ママノのチョコレートで、あなたの笑顔が花咲きますように!
ママノ代表ショコラティエ 江澤孝太朗
MAMANOの目指す”チョコレートの世界”

赤坂見附のブティックで、純アリバ70%を買いました。透明のフィルムに密閉されています。

袋の中には、薄い正方形のチョコレートバーが入っています。商品説明によると「南米エクアドルの固有種である“アリバカカオ”は、他の国では栽培が困難とされているため、たいへん希少なカカオです。さらにママノでは、自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオのみを使用し、赤坂の工房で1つ1つ丁寧にお作りしています。アリバカカオがもつ、フルーティーで華やかな香りをお楽しみください」とのこと。

マスカットを思わせる爽やかな酸味とジャスミンのような香り、苦味はごく控えめで明るいトーンの味です。程よい甘さと柔らかい口当たりに心が震えます。私はこれで、アリバ種がいかにおいしいかを知りました。今まで食べていたエクアドル産チョコレートは一体何だったのでしょう?

ワンシーズンにチョコレートバーだけで100種以上食べていますが、私が一番好んで食べているのはこのチョコレート。しかしいかんせん、この薄さと少なさ。このサイズのためにもう一押しできないのが残念です(※この春から大きなサイズのタブレットが発売されました)。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は120円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大きさがほしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:純アリバ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:スイートダークチョコレート(エクアドル産カカオマス、砂糖、エクアドル産カカオバター)
内容量:1枚
製造者:MAMANO(株式会社コータロー)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート;ボリビア

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(green bean to bar CHOCOLATE)は、東京、中目黒にブティック、ラボ、カフェを備えています。店内では製品ができるまでの工程を見学することができ、主軸商品のテイスティングも行えます。グリーン ビーン トゥ バー
チョコレートの原材料は、カカオ豆と砂糖のたった二つ。純粋な素材を使うことで、感覚に訴えるチョコレートを目指しています。

ボリビア(Bolivia 70%)はベーシュ色をベースにした紙製のパッケージ。模様もよいですが、和紙のような質感があり、クラフト感が得られます。
グリーン ビーン トゥ バー チョコレート;ボリビア

金色の包み紙の中には、一枚のチョコレートバーが入っています。モールドは至ってシンプルなもの。使用されているカカオは、ボリビアの都市ベリース産。野生のフォラステロ種に分類されるベニアノ種で、優れたカカオの原種を保護する団体HCPの認証を受けています。
グリーン ビーン トゥ バー チョコレート;ボリビア
割った感触に粘りがあるのが好感触。スモーキーで新鮮なタバコの葉の香り、ベリーのような酸味、ヘーゼルナッツようにクリーミー。力強さと華やかさを備え、非常に濃厚な味わいをもたらします。口溶けにややざらつき。余韻はとても長く響きます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1620円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:力強さと華やかさが魅力です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:グリーン ビーン トゥ バー チョコレート ボリビア
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、オーガニックシュガー
内容量:55g
製造者:(株)ロイヤル・アーツ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

カカオハンター;シエラネバダ 64%

誰も知らないジャングルの中にひっそりと息づく野生のカカオから栽培されているカカオまで、全てのカカオの可能性を見出し、チョコレートの香味へと繋げているカカオハンター(CACAO HUNTERS)。チョコレートの香味を土から作る事が出来、それをカカオ農家の人々とともに共有し、多くの笑顔と未来に繋げるため南米コロンビア ポパヤンのチョコレート工房で生産しています。

田町駅からほど近い、芝浦にあるパティスリー、ポール・サンセール(Port Sincère)でカカオハンター シエラネバダ 64%(CACAO HUNTERS SIERRA NEVADA 64%)を買いました。
カカオハンター;シエラネバダ 64%

箱を開けると個別包装されたチョコレートが二枚入っています。

中にはとても薄い正方形のチョコレートバー。真ん中にカカオハンターのロゴが刻印されています。商品説明によると「カカオ含有率64%。2016年インターナショナルチョコレートアワード国際大会 銀賞。コロンビア北部マグダレナ県シエラネバダ地域のカカオを使用した『カカオは熱帯のフルーツ』であることを表現した甘くフルーティな香り」だそうです。
カカオハンター;シエラネバダ 64%
ワイン、レーズンを連想させる芳醇さに黒糖のような甘さ、そして、新鮮なタバコの葉の香り。クリーミーでかつ柑橘のような酸味もある。口溶けは滑らかで、余韻も長く続きます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1188円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:新年にふさわしく華やかな味でした
チョコレート官能チャート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオハンター シエラネバダ64%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、レシチン(大豆由来)
内容量:56g(28g×2枚)
原産国:コロンビア
製造者:CACAO DE COLOMBIA S.A.S.
輸入者:CACAO HUNTERS JAPAN(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロンビア シエラネバダ
価格:1400円(税込、送料別) (2017/12/1時点)

ボナ;タブレット セルヴァ・マヤ

ボナ(BONNAT)は1884年にフランスの南東、アルプス山脈の麓にある街ヴォアロンで創業。現在のステファン・ボナ氏で6代目。1984年に、Bean to Barによるシングルオリジンのチョコレートを発売。2017年のサロン・デュ・ショコラのテーマであった「ビーン トゥ バー」のパイオニアとして、誰もが認める存在です。現在、カカオの栽培、現地生産者とのコミュニケーションからチョコレートを創造する、いわば「ツリー トゥ バー」「ヒューマン トゥ バー」のブランドとなり、そのチョコレートは、産地別にワインの特級産地になぞらえた呼称を充て「グランクリュ・シリーズ」として、現在25種類を販売しています。

タブレット セルヴァ・マヤ(SELVA MAYA Mexique)のパッケージは黄色です。基本的にボナのタブレットは色が違うだけで、フランス、ヴォアロンのシンボルである聖ブルーノ教会が描かれているのですが、サロン・デュ・ショコラ日本2017で発売された当初、パッケージはマヤ式ピラミッド、チチェン・イッツァが描かれた限定品でした(現在販売されているのは、他のチョコレートと同じ聖ブルーノ教会のイラストです)。右上にI.C.A金賞のマークが入っています。本品は、I.C.A 2016(インターナショナル・チョコレート・アワード2016)で金賞ならびに全部門での最優秀賞を受賞しています。
ボナ;タブレット セルヴァ・マヤ

中身は小さなブロックで刻まれたチョコレートバーが入っています。中央にブランド名があります。商品説明によると「カカオ分75%。メキシコのチアパス州産のカカオを使用」とのこと。

フローラルなフレーバーのチョコレートです。バナナやヘーゼルナッツを思わせる柔らかく酸味のない芳香、ともすれば唐辛子を連想させる旨味、ねっとりと絡みつく官能的な溶け方で口当たりが非常に滑らかです。ミルクは一切含まれていないにも関わらず、クリーミーな味わいが得られるのがすごい。他のどのチョコレートとも違う。カカオの底力を引き出すことにかけては、ボナは実に見事な仕事をします。

ボナのこの手の希少なカカオを使ったチョコレートを食べる時にいつも思うのですが、どれも芳香が素晴らしく酸味が控えめでクリーミーな傾向があり、正直、その差を表現するのに困っています。経験値が足りない。今まで食べた分も含め、そろそろシリーズの気になっているのを並べて食べ比べをしたいところ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2160円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:クリーミーな口当たり
チョコレート官能チャート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット セルヴァ・マヤ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、カカオバター、砂糖
内容量:100g
一箱あたりのカロリー:603kcal
原産国:フランス
輸入者:美麗インターナショナル(有)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ