フランスのチョコレート」タグアーカイブ

ボナ;チュアオ ビレッジ

ボナ(BONNAT)は、1884年創業の老舗ショコラトリー。1984年に「Bean to Bar」によるシングルオリジンチョコレートを発売。単一品種タブレットの先駆者として尊敬を集め、世界的なアワードでも高い評価を得ています。カカオの栽培、現地生産者とのコミュニケーションからチョコレートを創造する、いわば「ツリー トゥ バー」「ヒューマン トゥ バー」のブランドです。そのチョコレートは、産地別にワインの特級産地になぞらえた呼称を充て「グランクリュ・シリーズ」として、現在25種類を販売しています。

2018年のバレンタインーシーズン、銀座松屋のGINZA バレンタイン アベニューでチュアオ ビレッジ(Chuao Village)を買いました。薄桃色のパッケージにはフランス、ヴォアロンのシンボルである聖ブルーノ教会が描かれています。クラシックな雰囲気が漂います。
ボナ;チュアオ ビレッジ

中身は小さなブロックで刻まれたビターチョコレートバーが入っています。中央にブランド名があります。商品説明によると「ベネズエラの狭い地域でしかとれない最高品質のカカオ豆、チュアオ。ナッツの香りとミルクのようなクリーミーさがあり、軽やかな酸味が特徴」だそうです。
ボナ;チュアオ ビレッジ
硬くて小さめのブロックなので、割るのに少し苦労します。ナッツ感のあるなめらかな口当たりでレーズンのような芳香、ビーチのような柔らかい酸味と甘味がメインですが、わずかにベリーのような鋭い酸味が混ざります。赤ワインを思わせる渋みが味に奥行きをもたらしています。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆
値段:☆☆☆
その他:優しい食べ心地

以前食べたときの感想はこちら。

ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ボナ チュアオ ビレッジ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、カカオバター、砂糖
内容量:100g
一箱あたりのカロリー:603kcal
原産国:フランス
輸入者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

続きを読む

リリアン・ボンヌフォア;タブレット フィグコンフィ

リリアン・ボンヌフォア(LILIAN BONNEFOI)は、南フランスのリゾートホテル〈オテル・デュ・ キャップ エデン=ロック〉で腕を振るうショコ ラティエ。2015 年10月、フランスのアンティーブに自身のブティックをオープンしました。フルーツを使ったボンボンショコラやタブレットが評判です。

バレンタインシーズンに銀座三越ギンザ・スイーツ・コレクションでタブレット フィグコンフィを買いました。グレーの紙製で、両側面を糸で綴じた封筒型のパッケージで、銀色でブランド名が入っています。透明な窓から内容物が覗いているので、豪華な中身が伺えます。
リリアン・ボンヌフォア;タブレット フィグコンフィ

内袋の透明フィルムの中に、薄切りのドライイチジクが敷き詰められた、大きなミルクチョコレートバーが一枚入っています。
リリアン・ボンヌフォア;タブレット フィグコンフィ

斜めにラインが入ったモールドです。商品説明によると「ドライフィグをコンフィにしたタブレット。いちじくをチョコレートの上に大胆にトッピングした、食べ応えのあるショコラ」だそうです。
リリアン・ボンヌフォア;タブレット フィグコンフィ
モールドには斜めに溝が切ってあり、一応ブロックになっていますが、チョコレートの裏面にドライイチジクがあるので、手で割るとイチジクが剥がれてチョコレートとの配分が悪くなります。ナイフで切り分けましょう。上質ですっきりとしたミルクの香り、しかも、カカオを濃厚に感じるミルクチョコレートです。そこにイチジクのほんのり優しい甘味とプチプチとした歯応えが加わります。イチジク好きにはたまらない美味しさです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,484円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:甘美です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット フィグコンフィ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:チョコレート(ココアバター、全粉乳、砂糖、カカオ豆、キビ砂糖、麦芽エキス)、乾燥いちじく、乳化剤(大豆由来)、香
内容量:110g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

カンタン・バイィ;タブレット レ プラリネ ローズ

カンタン・バイィ(Quentin Bailly)は、フランス北部のリール出身。16歳から地元の菓子学校で学び、21歳からパリでMOFのパン職人の店や3つ星ホテルで修業。2013年にクープ・デュ・モンドで華やかに優勝を飾り、2017年3月にお店をオープン。しかも、同年のサロン・デュ・ショコラ パリで新人賞、C.C.C.で金賞を受賞するなど大躍進中。

タブレット レ プラリネ ローズ(TABLETTE CHOCOLAT LAIT PRALINES ROSES)です。パッケージは透明のシール袋です。
カンタン・バイィ;タブレット レ プラリネ ローズ

包装を外すと、ピンク色のナッツの入ったミルクチョコレートが現れます。商品説明によると「ローズ風味の自家製プラリーヌをローズ・レのタブレットにたっぷりとまとわせました。あまり聞きなれない言葉「プラリーヌ」は、赤く色付けした砂糖をかけたアーモンドのことで、地元では好まれているそう」です。
カンタン・バイィ;タブレット レ プラリネ ローズ
ビーツで色付けされたアーモンドがたっぷりはいったミルクチョコレートです。チョコレートの甘さとアーモンドのまろやかさが合わさって、いつまでもカリカリ食べてしまいます。中毒性高し。
名前にローズとあるし、説明文にも「ローズ風味」とありましたが、実際にはバラの風味はありません。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,268円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ローズは色だけ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット レ プラリネ ローズ
種類別名称:チョコレート
原材料:ミルクチョコレート(カカオペースト、ココアバター、砂糖、全粉乳)、砂糖、アーモンド、ぶどう糖、ビーツ、乳化剤(大豆由来)
内容量:100g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

キャラメル パリ;カラックロック ノワール

キャラメル パリ(Karamel PARIS)は、ノルマンディー地方カーン街出身。11歳から叔父の元でパン職人の修業をはじめ、その後パティスリー&ショコラトリーの勉強を開始。11年間パリの「ラデュレ」に在籍し2016年自身の店をパリ7区にオープン。キャラメルをすべての商品に使うというコンセプトで人気を博している。

サロン・デュ・ショコラでカラックロック ノワール(MENDIANTS KARAMEL NOIR #KARADDICT)を買いました。パッケージは紙製の帯がついた透明のプラスチック製ケースで、至って素朴なもの。
キャラメル パリ;カラックロック ノワール

中には平らで不定形のチョコレートが入っています。商品説明によると「カリカリの薄いキャラメルをノワールでコーティング。カリッ&パリッを楽しむキャラメル界のニューウェーヴ。不揃いなカタチにすることで食べるたびに新鮮な食感を得られ」るそうです。
キャラメル パリ;カラックロック ノワール
キャラメルとチョコレートという鉄板の組み合わせで、失敗することなんてありえないわけで、世の中には、この組み合わせのお菓子は多く出回っています。しかし、この食感は珍しい。大抵はトフィになったり、キャラメルソースになってチョコレートと組み合わされますが、これは、薄板に固めたキャラメルをビターチョコレートでコーティングしたもの。不揃いで大きさも様々ですが、前歯で割れるほどの噛みごたえなので、食べやすい。大きめなものを丸ごと口に運んでも大丈夫です。塩味の効いたキャラメルがチョコレートの苦味とよく合います。上品な甘さが心地よく、コーヒーとも紅茶とも食べ合わせがよい。どんなシーンにも幅広く使えるお菓子です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

パッケージ的に現地では安そうだなと思って調べたら、9ユーロでした。日本円換算で約1200円。うん、そんなもんですよね。

お値段は3,024円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆
その他:紅茶とセットにしてプレゼントしたい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カラックロック ノワール
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、チョコレート(カカオペースト、砂糖、ココアバター)、バター、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:150g
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ