ベルギーのチョコレート」タグアーカイブ

ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入) その3

ピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)は2015年に王室御用達の栄誉を授かったベルギーを代表するショコラティエ。Bean to Barの先駆けとしても知られ、数か月かけて世界のカカオ農園に通いつめるなど、カカオへの想いもひときわです。2016年のC.C.C.では最高位の金賞を獲得。手間ひまを惜しまない陰の努力が輝かしい賞で証明されました。

バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)の中には、色とりどりのボンボンショコラが入っています。中央のてんとう虫がパステルパッションフルーツ ショコラ レ、PIERRE MARCOLINIとプリントしてあるのがピエール マルコリーニ グラン クリュです。その後、時計回りに、クール ピスターシュ、エスカルゴ、クール フランボワーズ、アーモンドプラリネ グランク リュ、クール パッションフルーツ、アニモ キャラメル、クール シトロン ヴェールと並んでいます。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
前々回前回に引き続き、パッションフルーツ、アニモ キャラメル、クール シトロン ヴェールの3個を紹介します。

パッションフルーツ(Cœur Passionfruit)はオレンジ色をしたハート型のボンボンショコラです。商品説明によると「ホワイトチョコレートの中にパッションフルーツで香りづけしたミルクガナッシュ」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
パッションフルーツの鮮明な酸味をミルクの香りが包み込みます。パッションフルーツを使ったボンボンショコラの中では比較的まろやかな方。酸味が苦手な人でも大丈夫。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:フルーティーです

アニモ キャラメル(Animaux Caramel)はアヒルの形をしたボンボンシュコラ。商品説明によると「ミルクチョコレートの中にフルールドセル(塩の花)とキャラメルソース」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
濃厚なキャラメルの焦がし香がたまりません。それにチョコレートの苦味と塩が合わさって、とても深い味わいが得られます。この辺のひとつひとつの味の深さが、ピエール マルコリーニの魅力ですよね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ファンの期待を裏切らない味わい

クール シトロン ヴェール(Cœur Citron Vert)は黄色のハート型をしたボンボンショコラです。商品説明によると「ミルクチョコレートの中にライムで香りづけしたホワイトガナッシュ」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
ライムの冷たい酸味が強烈。その後すぐにミルクのまろやかな甘味が広がります。一瞬甘く思えたけど、その瞬間を越えると酸味とのバランスがうまく取れていて、絶妙に甘さがコントロールされているのが素晴らしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:甘酸っぱい
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は3,564円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:おいしさはもちろん見た目の楽しさも魅力です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セレクション 9個入
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、クリームパウダー(乳製品)、クリーム(乳製品)、アーモンド、パッションフルーツ、ピスタチオ、ラズベリー、バター、シュガーシロップ、ライチピューレ、水飴、乳糖、卵黄、レモン、ラズベリー酒、バニラビーンズ、蜂蜜、食塩、グリセリン、甘味料(ソルビトール)、レシチン(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン)、香料、着色料(赤40、ビートレッド、黄4、二酸化チタン、青1)
内容量:9個
原産国:ベルギー
販売者:(株)ザ クリーム オブ ザ クロップ アンド カンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【フレデリック・カッセル】ショコラアソート10個入り
価格:3456円(税込、送料別) (2017/5/17時点)

ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入) その2

ピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)は2015年に王室御用達の栄誉を授かったベルギーを代表するショコラティエ。Bean to Barの先駆けとしても知られ、数か月かけて世界のカカオ農園に通いつめるなど、カカオへの想いもひときわです。2016年のC.C.C.では最高位の金賞を獲得。手間ひまを惜しまない陰の努力が輝かしい賞で証明されました。

バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)の中には、色とりどりのボンボンショコラが入っています。中央のてんとう虫がパステルパッションフルーツ ショコラ レ、PIERRE MARCOLINIとプリントしてあるのがピエール マルコリーニ グラン クリュです。その後、時計回りに、クール ピスターシュ、エスカルゴ、クール フランボワーズ、アーモンドプラリネ グランク リュ、クール パッションフルーツ、アニモ キャラメル、クール シトロン ヴェールと並んでいます。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
前回に引き続き、エスカルゴ、クール フランボワーズ、カボス グランク リュの3個を紹介します。

エスカルゴ(Escargot)は巻貝の形をしたボンボンショコラ。商品説明によると「ホワイトチョコレートの中にキャラメルソース」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
甘いホワイトチョコレートの中から濃厚なキャラメルソースがとろり。喉にからみつく甘さに目が覚めます。余韻に甘い香りが続きます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ミルクの香りを堪能

クール フランボワーズ(Cœur Framboise)はバレンタインセレクションらしい赤いハート型のボンボンショコラです。商品説明によると「ホワイトチョコレートの中にラズベリーで香りづけしたビターガナッシュ」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
見た目の印象どおり。ラスべりーの赤く鮮烈な酸味とチョコレートの苦味。それを包み込むようにミルクの香りが続きます。ビターチョコレートの苦味が効いて、決して甘ったるくならないところが好みです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:華やかな味

アーモンドプラリネ グランク リュはシンプルな形のビターチョコレートのボンボンショコラ。商品説明によると「ピエール マルコリーニ グラン クリュとは、ひと味違った相性のブレンドが楽しめるビターガナッシュ」だそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
センターは甘さを抑え、ナッツ渋味をしっかり味わえるプラリネです。ビターチョコレートの上質な苦味とあわさって、これが実においしい。贅沢にもボンボンショコラを食べ続けている時期だからなおさら、こういうシンプルなボンボンショコラがホッとします。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーが飲みたくなる
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は3,564円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:おいしさはもちろん見た目の楽しさも魅力です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セレクション 9個入
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、クリームパウダー(乳製品)、クリーム(乳製品)、アーモンド、パッションフルーツ、ピスタチオ、ラズベリー、バター、シュガーシロップ、ライチピューレ、水飴、乳糖、卵黄、レモン、ラズベリー酒、バニラビーンズ、蜂蜜、食塩、グリセリン、甘味料(ソルビトール)、レシチン(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン)、香料、着色料(赤40、ビートレッド、黄4、二酸化チタン、青1)
内容量:9個
原産国:ベルギー
販売者:(株)ザ クリーム オブ ザ クロップ アンド カンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【チョコレート】プロポリスチョコレート
価格:1350円(税込、送料別) (2017/5/17時点)

ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入) その1

ピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)は2015年に王室御用達の栄誉を授かったベルギーを代表するショコラティエ。Bean to Barの先駆けとしても知られ、数か月かけて世界のカカオ農園に通いつめるなど、カカオへの想いもひときわです。2016年のC.C.C.では最高位の金賞を獲得。手間ひまを惜しまない陰の努力が輝かしい賞で証明されました。

バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)です。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)

黒い外箱を外すと鮮やかなオレンジ色のハート型の缶が出てきます。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
中央のてんとう虫がパステルパッションフルーツ ショコラ レ、PIERRE MARCOLINIとプリントしてあるのがピエール マルコリーニ グラン クリュです。その後、時計回りに、クール ピスターシュ、エスカルゴ、クール フランボワーズ、アーモンドプラリネ グランク リュ、クール パッションフルーツ、アニモ キャラメル、クール シトロン ヴェールと並んでいます。
箱の中に個々のボンボンショコラの説明はありませんが、Webサイトやその他の紹介サイトから情報を得ました。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
量が多いので3記事に分けて紹介します。今回はパステルパッションフルーツ ショコラ レ、ピエール マルコリーニ グラン クリュ、クール ピスターシュです。

パステルパッションフルーツ ショコラ レ(Pastel Passionfruits Chocolat Lait)はてんとう虫のイラストが入ったボンボンショコラです。商品説明によると「パッションフルーツ風味のキャラメルソースを、ミルクチョコレートでコーティング」してあるそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
コーティングのチョコレートを割ると、センターのソースがとろりと流れ出します。パッションフルーツの酸味がキャラメルの甘さで抑えられていて、とても食べやすい味になっています。ミルクチョコレートが濃厚でカカオの苦味がおいしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:パッションフルーツの香りが素敵

ピエール マルコリーニ グラン クリュ(Pierre Marcolini Grand Cru)はブランドロゴがプリントしてあるボンボンショコラ。商品説明によると「マルコリーニこだわりのカカオを最良のバランスでブレンドしたビターガナッシュ」だそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
苦味が鮮烈。フルーティーな酸味、鼻に抜けるナッツやタバコの葉の香り。余韻にブドウのような芳香。純粋にチョコレートのおいしさが味わえます。ビターチョコレートって本当においしいな。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:こだわりのカカオ

クール ピスターシュ(Cœur Pistache)は赤紫色のハート型をしたボンボンショコラ。商品説明によると「ビターチョコレートの中にピスタチオのプラリネ」が入っているそうです。
ピエール マルコリーニ;バレンタイン セレクション リミテッドエディション(9個入)
センターが緑色。ピスタチオの青い風味とプラリネのまろやかな苦味があわさります。ところどころに塩味が効いて、サクサクとした食感のあるチョコレートです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:一見毒々しい雰囲気
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
お値段は3,564円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:おいしさはもちろん見た目の楽しさも魅力です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セレクション 9個入
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、クリームパウダー(乳製品)、クリーム(乳製品)、アーモンド、パッションフルーツ、ピスタチオ、ラズベリー、バター、シュガーシロップ、ライチピューレ、水飴、乳糖、卵黄、レモン、ラズベリー酒、バニラビーンズ、蜂蜜、食塩、グリセリン、甘味料(ソルビトール)、レシチン(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン)、香料、着色料(赤40、ビートレッド、黄4、二酸化チタン、青1)
内容量:9個
原産国:ベルギー
販売者:(株)ザ クリーム オブ ザ クロップ アンド カンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【チョコレート】ゴールドセット(チョコレート/ギフト)
価格:5400円(税込、送料別) (2017/5/17時点)

サロン・デュ・ショコラ2017 ドゥバイヨル ロイック・ブランダン氏 トークショー

サロン・デュ・ショコラ2017の最終日も大いに賑わいました。東京国際フォーラムでは、地下一階の当初予定していたの行列スペースからさらに中継する始末。
サロン・デュ・ショコラ2017

行列の先頭をたどると展示会場のある地下二階まで続いています。
サロン・デュ・ショコラ2017

会場内はどこも満員電車のような状態。既に完売してしまっているブランドの前だけがやたら空いています。
サロン・デュ・ショコラ2017
泣いても笑っても、この日でサロン・デュ・ショコラ東京は終わり。連日チョコレート三昧で口の中が甘ったるくて仕方がないのに名残惜しいので、無駄に展示会場内をうろついてしまいました。

サロン・デュ・ショコラ2017で開催されたドゥバイヨル、ロイック・ブランダン氏のトークショーに参加しました。

ドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は繊細で気品ある味わいと、アーティスティックな感性が共存。伝説のM.O.F.職人マルク・ドゥバイヨル氏の精神と技術を受け継いだ職人たちが生み出す芸術的なショコラで、世界中の美食家たちを虜にしているメゾンです。

トークの前に今年のテーマ「ハイクレア ティータイム」のイメージビデオが流れました。中世ヨーロッパに多く存在したマナーハウス(貴族の邸宅)とキッチンからインスピレーションを受けたということで、優雅なティータイムが演出されていました。私、こういう世界感が大好きなのでこの時点で既に夢見心地。

うっとりしちゃうので、ここにも動画貼っておきます。

ドゥバイヨルは、現在はベルギー在住のロイック・ブランダン氏がショコラ部門の指揮を取っています。

ロイック・ブランダン氏はフランス、ノルマンディのご出身で、ノルウェー人の女性と知り合ったことをきっかけにベルギーに移住。創始者のマルク氏の下で修行を重ね、彼から品質の維持と全チーム総出で最上のものを作ることの大切さを教わったそうです。

そして、今年のテーマ「ハイクレア ティータイム」に合わせて、チョコレートとティーの組み合わせを試食します。チョコレートは、左からジュリエット、オランジェット、シャーロットで、どれも以前食べたことがあるものばかり。いわばドゥバイヨルの定番商品です。飲み物はトワイニングのラージ リーフ ティーバッグ トゥーシーズンズ ダージリンです。そういや、トワイニングもドゥバイヨルと同じ片岡物産の取り扱いブランドでしたね。

飲み物と食べ物を組み合わせて楽しむことをマリアージュとよく言いますが、その場合、ワインなどのアルコールとの組み合わせを楽しむ印象が強いので、ドゥバイヨルではアルコール以外の飲み物の時は「ハーモニー」と呼んでいるそうです。ちなみに、丸の内オアゾにあるドゥバイヨルのカフェではお酒とのマリアージュが楽しめます。

チョコレートはそれぞれ4分割されており、最初の一欠片はそのまま、次のは紅茶と組み合わせて、三つ目の欠片はこの後提供されたコーヒーと組み合わせて頂きました(残った一つの欠片は各自お好みで)。

ジュリエット(JULIETTE)です。商品説明によると「口溶けの良いキャラメルをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

シェフは、これとコーヒーの組み合わせをお勧めしていました。キャラメルとコーヒーが補完しあうとのこと。

オランジェット(ORANGETTE)です。商品説明によると「オレンジピールをビターチョコレートでコーティング」したものです。

シェフは、オレンジの苦味との相性が良いのでアルコールの組み合わせをお勧めしていました。

シャーロット(CHARLOTTE)です。商品説明によると「深煎りヘーゼルナッツのプラリネ入りビターチョコレート」です。

シェフはダージリンと最も組み合わせが良いのが、このシャーロットだとお勧めしていました。

このトークショーでは、バロタンに入ったお土産がついてきました。ちょっと覗いてみたらロシェでした。また別の機会に紹介します。

帰り、関係者の方にそろそろ引き出しを作ってくださいと無茶なお願いをしてみました。素敵なパッケージはとても捨てられなくて、毎年買い足していくうちにかなり溜まりました。これが引き出しにスタッキングできるようなラックが欲しいと思ったので。結構、そういうドゥバイヨルファン多そうな気がするんだけど、皆様どのような活用されているんでしょうか。