タグ別アーカイブ: ベルギーのチョコレート

サロン・デュ・ショコラ2017 ドゥバイヨル ロイック・ブランダン氏 トークショー

サロン・デュ・ショコラ2017の最終日も大いに賑わいました。東京国際フォーラムでは、地下一階の当初予定していたの行列スペースからさらに中継する始末。
サロン・デュ・ショコラ2017

行列の先頭をたどると展示会場のある地下二階まで続いています。
サロン・デュ・ショコラ2017

会場内はどこも満員電車のような状態。既に完売してしまっているブランドの前だけがやたら空いています。
サロン・デュ・ショコラ2017
泣いても笑っても、この日でサロン・デュ・ショコラ東京は終わり。連日チョコレート三昧で口の中が甘ったるくて仕方がないのに名残惜しいので、無駄に展示会場内をうろついてしまいました。

サロン・デュ・ショコラ2017で開催されたドゥバイヨル、ロイック・ブランダン氏のトークショーに参加しました。

ドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は繊細で気品ある味わいと、アーティスティックな感性が共存。伝説のM.O.F.職人マルク・ドゥバイヨル氏の精神と技術を受け継いだ職人たちが生み出す芸術的なショコラで、世界中の美食家たちを虜にしているメゾンです。

トークの前に今年のテーマ「ハイクレア ティータイム」のイメージビデオが流れました。中世ヨーロッパに多く存在したマナーハウス(貴族の邸宅)とキッチンからインスピレーションを受けたということで、優雅なティータイムが演出されていました。私、こういう世界感が大好きなのでこの時点で既に夢見心地。

うっとりしちゃうので、ここにも動画貼っておきます。

ドゥバイヨルは、現在はベルギー在住のロイック・ブランダン氏がショコラ部門の指揮を取っています。

ロイック・ブランダン氏はフランス、ノルマンディのご出身で、ノルウェー人の女性と知り合ったことをきっかけにベルギーに移住。創始者のマルク氏の下で修行を重ね、彼から品質の維持と全チーム総出で最上のものを作ることの大切さを教わったそうです。

そして、今年のテーマ「ハイクレア ティータイム」に合わせて、チョコレートとティーの組み合わせを試食します。チョコレートは、左からジュリエット、オランジェット、シャーロットで、どれも以前食べたことがあるものばかり。いわばドゥバイヨルの定番商品です。飲み物はトワイニングのラージ リーフ ティーバッグ トゥーシーズンズ ダージリンです。そういや、トワイニングもドゥバイヨルと同じ片岡物産の取り扱いブランドでしたね。

飲み物と食べ物を組み合わせて楽しむことをマリアージュとよく言いますが、その場合、ワインなどのアルコールとの組み合わせを楽しむ印象が強いので、ドゥバイヨルではアルコール以外の飲み物の時は「ハーモニー」と呼んでいるそうです。ちなみに、丸の内オアゾにあるドゥバイヨルのカフェではお酒とのマリアージュが楽しめます。

チョコレートはそれぞれ4分割されており、最初の一欠片はそのまま、次のは紅茶と組み合わせて、三つ目の欠片はこの後提供されたコーヒーと組み合わせて頂きました(残った一つの欠片は各自お好みで)。

ジュリエット(JULIETTE)です。商品説明によると「口溶けの良いキャラメルをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

シェフは、これとコーヒーの組み合わせをお勧めしていました。キャラメルとコーヒーが補完しあうとのこと。

オランジェット(ORANGETTE)です。商品説明によると「オレンジピールをビターチョコレートでコーティング」したものです。

シェフは、オレンジの苦味との相性が良いのでアルコールの組み合わせをお勧めしていました。

シャーロット(CHARLOTTE)です。商品説明によると「深煎りヘーゼルナッツのプラリネ入りビターチョコレート」です。

シェフはダージリンと最も組み合わせが良いのが、このシャーロットだとお勧めしていました。

このトークショーでは、バロタンに入ったお土産がついてきました。ちょっと覗いてみたらロシェでした。また別の機会に紹介します。

帰り、関係者の方にそろそろ引き出しを作ってくださいと無茶なお願いをしてみました。素敵なパッケージはとても捨てられなくて、毎年買い足していくうちにかなり溜まりました。これが引き出しにスタッキングできるようなラックが欲しいと思ったので。結構、そういうドゥバイヨルファン多そうな気がするんだけど、皆様どのような活用されているんでしょうか。

 

ゴディバ;ボンボンショコラ4種

ゴディバ(GODIVA)と言えば、誰でも知っている国際的な高級チョコレートブランドです。1926年ベルギーのブリュッセルに創立し、1972年に日本に初出店して以来日本国内に300近い店舗を構え、今や気軽に手に入れられるチョコレートブランドになりました。

ゴディバの名前の由来については以前にも取り上げましたが、英国のゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)に由来します。伝説によると、領主である夫は領民への重税の免除と引き換えに、彼女に裸のままで馬で町を駆けることを命じ、ゴダイヴァ夫人は領民のために本当にそれを実行したというのです。「ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠しました」。そして、ゴディバのトレードマークには、馬に乗ったゴディバ夫人の姿が描かれているのです。

トリュフを4個買ったので、バロタンに入れてもらえました。金色の紙製です。
ゴディバ;ボンボンショコラ4種

4種類のトリュフです。左からトリュフ トラディッショナル、トリュフ ムース バニーユ ミエル、トリュフ ムース ドゥレ、トリュフ アメールです。お値段は一個367円です。
ゴディバ;ボンボンショコラ4種

トリュフ トラディッショナル(Truffe Traditionnelle)です。商品説明によると「甘美なミルクチョコレートムースをダークチョコレートで包み、細かなココアパウダーでコーティング」しているそうです。
ゴディバ;トリュフ トラディッショナル
ベルギーチョコレートらしい、この大きな一粒がうれしい。たっぷりと覆ってあるココアパウダーはやわらかくふくよかな甘さ。センターのミルクチョコレートムースが滑らかな口当りを演出し、コーティングのダークチョコレートによって味に奥行きが生まれます。新鮮なミルクの香りがおいしい。実に贅沢な一粒です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:濃厚なカカオの香り

トリュフ ムース バニーユ ミエル(Truffe Mousse Vanille Miel)です。商品説明によると「はちみつの味わいのガナッシュと軽やかなバニラムースをダークチョコレートで包み、ホワイトチョコレートフレークで飾り付け」たそうです。
ゴディバ;トリュフ ムース バニーユ ミエル
センターのバニラムースのなめらかな口当り。はちみつのフローラルな香りが鼻をくすぐり、ホワイトチョコレートのミルクの香りがまろやかに広がります。この中では比較的甘め。ダークチョコレートが深いローストの苦味と香りをもたらします。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:比較的甘め

トリュフ ムース ドゥレ(Truffe Mousse de Lait)です。商品説明によると「ナッツのような香りのベネズエラ産カカオを使用した43%ミルクチョコレートムースをミルクチョコレートで包み、細かなココアパウダーでコーティング」したそうです。
ゴディバ; トリュフ ムース ドゥレ
ココアパウダーのまろやかでやさしい甘さを感じるとすぐに、センターのミルクチョコレートムースの滑らかでこちらも口当たりのよい甘さが広がります。癖のないミルクの香りが心地よい。ベネズエラ産のカカオが食べ始めにアーモンドに似た香りをもたらします。大きな一粒によって口いっぱいに広がる上質なカカオの香り。余韻も長く続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:口当たりが良い

トリュフ アメール(Truffe Amére)です。商品説明によると「クリーミィなダークチョコレートガナッシュをダークチョコレートで包み、繊細な72%ダークチョコレートフレークで飾」ったそうです。
ゴディバ;トリュフ アメール
ナッツのような渋みと深くローストされたカカオの香りが奥行きのある味を作ります。滑らかなガナッシュの香りが口いっぱいにひろがります。好みの味ではありませんが、表面がチョコレートフレークで覆われていて、その口当たりがおもしろい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:もう少し暖かい部屋で食べればよかった

久しぶりにゴディバのブティックでチョコレートを買いました。というのも知人がゴディバのチョコレートを幾分軽視したような発言をしたのが気になって。たしかに日本でゴディバは全国に店舗を広げていて、多くの海外ブランドが手に入るようになった昨今、大して珍しい存在ではありません。でも、レアでないからといって評価に値しないかというとそれは違います。おいしいものを安定して大量に作れる会社だからこそ大きく展開できるのだなと、今回改めて思いました。

ラ・ヌーバ;ダークバナナ

ラ・ヌーバ(LA NOUBA)はベルギーで1999年に設立したチョコレートメーカーで、低炭水化物、シュガーレスといった特徴のある商品を多く手がけています。

二種類の商品を買いました。上がダークバナナ、下がダークチョコレートです。
LA NOUBA
ダークバナナ(Dark with Banana cream filling)は黄色をベースにしたパッケージでチョコレートとバナナのイラストが目を惹きます。

中身はスティック型のダークチョコレートバーです。カカオ分41%でカレボー社の原料を使用しています。低炭水化物、砂糖不使用、グルテンフリーです。
ラ・ヌーバ;ダークバナナ
ビターチョコレートの中にバナナクリームが入っています。甘さ控えめのチョコレートにバナナのトロピカルな香りが加わって、やさしい口当たりになりました。口溶けもなめらかで、食べやすいおいしさです。
お値段は280円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ダイエット中の方におすすめ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ラ・ヌーバ チョコレートバー(砂糖不使用)ダークバナナ
種類別名称:チョコレート
原材料:マルチトール、カカオマス、植物油脂、ココアバター、全乳粉、イヌリン、乳化剤(大豆由来)、香料、(原料の一部にバナナを含む)
内容量:35g
一袋あたりのカロリー:187.9kcal
原産国:ベルギー
輸入者:東京ヨーロッパ貿易(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ラ・ヌーバ;ダーク

ラ・ヌーバ(LA NOUBA)はベルギーで1999年に設立したチョコレートメーカーで、低炭水化物、シュガーレスといった特徴のある商品を多く手がけています。

二種類の商品を買いました。上がダークバナナ、下がダークチョコレートです。
LA NOUBA
ダーク(Dark)は茶色をベースにしたパッケージでカカオポッドに入ったカカオビーンズのイラストが目を惹きます。

中身はスティック型のダークチョコレートバーです。カカオ分59%でカレボー社の原料を使用していまです。低炭水化物、砂糖不使用、グルテンフリーです。
ラ・ヌーバ;ダーク
甘味料がマルチトールということでやや不安を抱きながら食べてみましたが、上質なカカオの風味はそのままで変な雑味もありません。口溶けも早く、食べ終わりに粒子がやや奥歯に当るのが気になる程度。余韻も長くて満足です。
お値段は280円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ダイエットのお供にいいですね
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ラ・ヌーバ チョコレートバー(砂糖不使用)ダーク
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、マルチトール、ココアバター、イヌリン、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:35g
一袋あたりのカロリー:164.5kcal
原産国:ベルギー
輸入者:東京ヨーロッパ貿易(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

r>